人工功徳を解明するブログ

創価学会員ではない人が、地道にソースを調べて書くとこうなる、みたいなブログです。

日本航空学園


日本航空学園の相関図












森友学園とよく似ている
といわれていて、


さいきんよく
この話のコピペを見るんですが、


チャンネル桜との関係から、
総理とも近いみたいなことですが、
付き合いのある政治家でいうと、
新進党の人が多いですね。


それもそのはずで、
この防衛利権というのは、
田中派、とくに金丸-小沢ライン
なんですね。↓


日本戦略研究センターの相関図











まあ、アメリカ企業と
防衛庁との間に入って、
ふっかけてリベートを取っていたのが、
この人たちだったみたいなんですが、


  → 詳しい解説はこちら

 → 人脈の源流は「金丸―小沢」ライン (「社会新報」2007.11.7号)
 → 金丸信ー長田久代ー秋山直紀 (日経BP)
 →「思いやり予算」を始めたのは金丸防衛庁長官

 → 金丸信ー熊取谷稔ーイトマンー住友銀行
 → 押尾学ー熊取谷稔ー真藤恒

自民党の防衛庁制服組を含む防衛問題のエキスパートは小沢氏に付いて行き、
最大のシンクタンク「日本戦略研究センター」も新生党系の組織となった。

このへんのことは、
前にも少し書いているんですが、


田母神さんの一件については、
ハメられたという説があるみたいですね。↓


どうして島本順光は、田母神俊雄容疑者に
「報酬を払わなければいけない」と言ったのか?!
しかも、「報酬リスト」を作成すれば、
それが決定的な証拠となることは火を見るよりも明らかだ!
https://ameblo.jp/neko-10-inu/entry-12150479183.html

島本順光の経歴





まあこのセンターは解散して、
いまは「日本戦略研究フォーラム」という
別の団体になっているんですが、


会長が屋山太郎で、
副会長が小田村四郎(故人)と、
いまリニア問題で話題になっている
JR東海の葛西敬之ですね。


 → 役員リストはこちら
 → 小沢一郎が会長だった頃の役員リスト
 → 2000年ごろの役員リスト (1)
 → 2000年ごろの役員リスト (2)
 → 永野理事長は2006年に辞任

 → 三橋くんの火消し記事はこちら

長野俊郎 ◆常務理事
1986~1994年、参議院議員永野茂門(母の従兄弟)秘書

  → 石川裕一についてはこちら

金丸-小沢ラインと親密な西松建設と
石川さんのぷらうとの間に、
関西検察のドンがいますね。


霍見さんのご本によると、
有識者を多数引き入れることで、
水を薄めたということみたいですね。



あとこんな話もありますね。↓


三井住友銀行・西川善文頭取の自宅に重大疑惑?
自宅の前所有者は、金丸系企業

この土地取引が行われたのは、
登記簿によると1988年1月20日で、


リクルート事件の端緒になった情報が
川崎支局に持ち込まれた頃で、


登記の受付を済ませたのが、
江副さんが入院した直後あたりですね。


ちょうどバブルの最盛期の頃で、
この会社も、住友グループも、リクルートも、山田グループも、
不動産開発にのめり込んでいた頃ですね。


そして、中曽根内閣の閣僚として、
地価の高騰を仕掛けたのが
他ならぬ金丸さんでした。


ちなみに、金丸さんは、山梨県の人で、
この日本航空学園も、山梨県なんですよ。


それから、有名?な
山田洋行事件について、
まずこの会社の成り立ちなんですが、↓


GEとの代理店契約をめぐる相関図















それで、山田洋行事件は、
内紛があって出てきた話で、


専務をしていた宮崎さんという人が
オーナーと対立して、独立したんですが、
引き抜きのことで会社から訴えられて、


そんなこともあって、
むかし、秋山さんにお金を渡したことだとか、
話しちゃったんですね。



山田洋行事件の相関図











 →「安全保障議員協議会」の役員リスト (しんぶん赤旗)
 →「(社) 日米平和・文化交流協会」の理事名簿
 → 同会設立時の顔ぶれ
 → 有名なペンタゴンでのお写真


「-文化交流協会」は、
元は「日米文化振興会」という名前で、
終戦間もない1947年に設立されたものです。


 → 旧称号“日米文化振興会”の設立経緯


2005年の名簿を見ると、
秋山直紀の名前と共に
安倍晋三の名前もあって、↓


日米文化振興会の役員名簿










 →「日米文化振興会」の理事名簿 (外務省)

しかし、何だかおかしいんですね。


防衛だとか、安保系の人がほとんどいなくて、
メンバー構成がぜんぜん違う感じなんですよね。


この外務省のwebサイトのログだと、
次に残ってるのが平成18年の3月のログで、
ここでガラッと変わってますね。


日米平和・文化交流協会の理事名簿


























安倍晋三がいなくなっていて、
「-議員協議会」側の人たちに
入ってもらったみたいですね。


 協会を古くから知る関係者らによると、
協会はかつては文化活動が中心だったが、
秋山氏が取り仕切るようになったここ数年で
「防衛色」が一気に強まったという。
協会の公式サイトを見ても、
2007年のログが一番前のなんですが、


2006年に、団体名が変わっていますが、
これは秋山さんが変えさせたみたいですね。


安倍晋三は、2005年11月に退任。↓


安倍晋三官房長官は昨年11月、ここの理事の辞任届けを出している

あと、それから、
両方の団体で共催していたという
「日米安保戦略会議」なんですが、
「-振興会」側のメンバーがいませんね。↓


 → 日米安全保障フォーラム2003


すべての回のページを確認したんですが、
安倍晋三の名前がなかったですね。


それと、海部さんの団体についてはこちら。↓


 → (社) 中央政策研究所 役員一覧
 → 三木国際交流センタービルに創価学会徳島文化会館

少し前までは、三木さんの奥さんも
役員をされていたようなんですが、
海部さんが離党前から仲良かったということも
関係していそうですね。


海部さんは、湾岸戦争の時の総理総裁で、
官房長官は小沢一郎でした。


この時に話題になったのが
巡航ミサイルと、ステルス戦闘機でした。↓


 → First Strike Gulf War Air Campaign 1991 (Youtube)


こうした精密誘導兵器は、
人工衛星を利用した通信ネットワークを利用していて、
レーガン政権の頃に大変なお金をつぎ込んだ
「スターウォーズ構想」(SDI)とも結びついているみたいですね。↓


 → 軍事兵器の50年史を再検証!(週プレNEWS)


それと、事件についてなんですが、↓


アドバック・インターナショナルの相関図











 → アドバック社への送金を供述 (朝日新聞)
  → 「秋山理事を通さないと仕事ができない」(朝日新聞)
 → 遺棄化学兵器処理事業受注などの見返り 神戸製鋼 (FACTA)

あとは近況とか。↓


ストラテジックキャピタルの相関図









 → 物言う株主の丸木氏、年間収益20%-今年4社提案、麻生銘柄注目 (Bloomberg)
 → ストラテジックキャピタルが極東貿易の株式を買い増し (有報)


それと、三橋くんについては、
一番仲がいいのが麻生太郎で、


それでいくと、
総理と副総理との不仲説を
裏付けるようなことに
なってしまいそうなんですが、


防衛利権についても、
そもそもの話が、
自衛隊を作ったのが
吉田茂なんですね。


それから、三橋くんが好きな
高橋是清は、
日露戦争の戦費の調達で有名なんですが、


2.26事件で殺される直前は、
緊縮・軍縮派に転向していたんですね。


ちなみに、戦費の返済は、
1985年頃まで続いていたみたいですね。


それから、三橋くんのブログタイトルにある
「ビックブラザー」というのは、
「1984」というディストピア小説に登場する
独裁者の名前で、この作品の権利は、
セッカ-&ウォーバーグという出版社が持ってるんですが、
UBSと合併したS.G.ウォーバーグとは
別の家みたいですね。


 → ウォーバーグさんといえば


これは、吉田茂の側近の白洲次郎が
S.G.ウォーバーグ証券の顧問をしていた
という関係からでしょうかね。


この作品も、スペイン内戦
下敷きになって生まれた
といわれている作品です。


「動物牧場」の方は
スターリンへの批判ですね。


別れたとかいう若い嫁も、
中庸(中道)がベストみたいなことを書いていて、
いわゆる右というわけではないみたいですね。


右か左に振り切れると、
北朝鮮みたいになりますから、
真ん中ぐらいがいいということですね。
 

麻生太郎は財務大臣として、
消費税率を上げるように
何度となく発破をかけてきた人で、


ところが総理はというと、
景気への影響などを理由に
何度か延期をして来ていて、


三橋くんも、同じような理由から
慎重な立場を取って来ました。


そんなこともあって、
この人たちの間では、
隙間風が吹いていたのかも
知れませんね。


まあ景気対策ということなら、
減税のほうが公平な感じが
するんですけどねぇ。


金丸さんが金塊で
隠し持っていたというのも、
円の価値が落ちることを
考えてのことでしょうね。
 

あとは関連記事とか。↓


 →【防衛省OBの再就職年表】
 →【防衛大臣の年表】

 →【総務大臣の年表】


それと、リトアニアに絡めて
この動画は面白かったですね。↓


 → 戦後70周年 奇跡の将軍・樋口季一郎  (Youtube)


戦後の右翼についてはこちら。↓


 → 笹川良一と児玉誉士夫 (Youtube)
 →「黒幕たちの戦後史」を語りつくす (週刊現代)


扇子を持って踊ってるのは、
池田先生でしょうかね。


「私的な賭博運営を
 政府から許可された唯一の人物だ」(9:47)


ちなみに、賭博については、
かなり前から禁止だったみたいですね。↓


 → 「とばく禁止は持統天皇以来、689年のすごろく禁止令に始まる。」


「児玉機関」の任務は、
戦闘機を購入する資金集めで、


上海で中国人から略奪した貴金属を
海軍航空本部に納めていたようです。


笹川さんは、これからの戦争では、
空中戦が主流になるとみていたそうですが、
大本営に掛け合っても予算が出なかったので、
独自に調達するようになっていったようです。

楽しい人々の名前その4

まだ調査中なんですが、


企業部門
英名和名
Bansei Yamamaru Securities Co., Ltd.ばんせい山丸証券 (現 ばんせい証券)
Chuo Shinko Audit Corporation中央新光監査法人 (旧 中央青山) PwCと提携。
Sumitomo Mitsui Banking Corporation三井住友銀行
The Master Trust Bank of Japan, Ltd. 
as trustee for Fujitsu Pension Fund
日本マスタートラスト信託銀行
富士通企業年金基金
Japan Trustee Services Bank Limited 
as a Trustee of Fund No. 834-08332-4001
日本トラスティ・サービス信託銀行
Japan Trustee Services Bank Limited 
as a capacity of KDDI Pension Trustee
KDDI年金基金の受託者である
日本トラスティ・サービス信託銀行
The Nomura Trust and Banking Co., Ltd. 
as Trustee for Daiwa House Industry Pension Fund Class A
大和ハウス工業年金基金Aクラスの
受託会社である野村信託銀行
Fukoku Mutual Life Insurance Company富国生命保険
Nomura Secondary Private Equity Company I野村第二プライベート・エクイティーカンパニー1
Japan Asia Investment Company Limited日本アジア投資株式会社
California Healthcare Foundationカリフォルニア州ヘルスケア財団
Sumitomo Corporation住友商事
Sumitomo Marine Investment 
& Management (Bermuda) Ltd.
住友海上?
Sony Life Insurance Co., Ltd.ソニー生命保険
Japan Asia Investment Company Limited日本アジア投資
NIPPON YUSEN KABUSHIKI KAISHA日本郵船
Mitsubishi Corporation三菱商事
Mitsui Sumitomo Insurance Company, Limited三井住友海上火災保険
SPAC Insurance (Bermuda) Limited三井住友海上の関連企業。
Credit Saison Co., Ltdクレディセゾン
Daito Trust Construction Co., Ltd.大東建託
Daihyaku Mutual Life Insurance Company第百生命保険
Hitachi Insurance Services, Ltd.日立保険サービス
Honda Kaihatsu Co., Ltd.ホンダ開発
Honda Motor Co., Ltd.本田技研
Nissan Mangement (Bermuda) Limited日産?
Hotel Popolo Tokyo Co. Ltd.株式会社ホテルポポロ東京?
Housecom Corpハウスコム?
Sawada Holdings Co., Ltd.澤田ホールディングス (H.I.Sの持株会社)
Invesco Asset Management (Japan) Limitedインベスコ・アセット・マネジメント株式会社
ITOCHU Corporation伊藤忠商事
KNT-CT Holdings Co,, Ltd.近鉄グループの持株会社
Nippon Light Metal Company Ltd.日本軽金属
Norinchukin Bank農林中央金庫
NTT Communications CorporationNTTコミュニケーションズ
Pacific Crossing LimitedNTTコミュニケーションズが買収した米国の海底ケーブル事業者。
NYK Accounting Co., Ltd.株式会社郵船アカウンティング
Power Management Co., Ltd.株式会社 Power Management 
SBI Holdings, Inc.SBIホールディングス
SOFTBANK Corp.ソフトバンク
SOFTBANK TELECOM Corpソフトバンクテレコム
Sompo Japan Nipponkoa Insurance Inc.日本興亜損保ジャパン
Sumitomo Corporation住友商事
Taiyo Life Insurance Company太陽生命
Taiyo Life Insurance Company太陽生命
Tanaka Ikueikai Educational Trust田中育英会
The Dai-Ichi Mutual Life Insurance Company第一生命保険
The Sumitomo Mitsui Trust Bank, Limited三井住友信託銀行
The Nomura Trust and Banking Col, Ltd野村信託銀行
Tokio Marine & Nichido Fire Insurance Co., Ltd.東京海上日動火災保険
The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd.三菱東京UFJ銀行
UFJ Tsubasa Securities Co. Ltd.UFJつばさ証券 (現 三菱UFJモルガン・スタンレー証券)
The Sanwa Bank Limited三和銀行
The Fuji Fire & Marine Insurance Company, Ltd.富士火災海上保険
Mitsubishi Corporation三菱商事
Kintetsu International, Kinki Nippon Tourist Co., Ltd.近畿日本ツーリスト
Mitsubishi Corporation三菱商事
The Nichido Fire & Marine Insurance Co. Ltd.東京海上日動火災保険
Honda Kaihatsu Co., Ltdホンダ開発
The Nichido Fire and Marine Insurance Company, Limited東京海上日動火災保険
Maruha Corporationマルハ
Nippon Light Metal Company Ltd日本軽金属
ITOCHU Corporation伊藤忠商事
Nissho Iwai Corporation日商岩井 (現 双日)
Japan Airlines Company Limited日本航空
Japan Energy Corporationジャパンエナジー (コスモ石油)
Mitsui Trust & Banking Co. Ltd.三井信託銀行
Sony Corporationソニー株式会社
Sony Assurance Incソニー損保保険
Mitsubishi Corporation三菱商事
KDD Submarine Cable Systems, Inc.ケイディディアイ海底ケーブルシステム
Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc三井住友フィナンシャルグループ
The Nikko Securities Co., LtdSMBC日興証券
The Arts Securities Co., Ltdアーツ証券
H.S. Securities Co., Ltd.エイチ・エス証券
Merrill Lynch Japan Securities Co., Ltdメリルリンチ日本証券
Mitsui O.S.K. Lines, Ltd.商船三井
Mitsui O.S.K. Lng Transport (Bermuda) Ltd.商船三井のLNG輸送会社?
Joint Gas Ltd.商船三井が出資。米国ボストン沖のGDFスエズの天然ガスを運搬。
Biosensors International Ltd日本バイオセンサーズ
Capital Partners Securities Co., Ltd.キャピタル・パートナーズ
Nichimen Private Equityニチメン・プライベート・エクイティ (現 双日プライベート・エクイティ)
Tomoike Industrial Co., Ltd.友池産業?
Daido Life Insurance Company大同生命
Barclays Capital Japan Limitedバークレイズ・キャピタル (現 バークレイズ証券)
Development Bank of Japan日本政策投資銀行 (財務省100%資本)
Dynamic Capital Investment, Ltd.イングランド イルクリーの不動産投資会社?
PricewaterhouseCoopers - Hong Kongプライスウォーターハウスクーパース(香港)
Fuji Office & Life Service Co., Ltd..富士オフィス&ライフサービス株式会社
Daisho Microline Holdings Limited大昌マイクロライン(香港)
Zenryo Co., Ltd.株式会社全旅
Scientia Health Group LimitedSBIとジョイントベンチャーを設立した米国法人。(バイオ関連)
Sanko Co Ltd株式会社三興
X-Gene, Inc上記と同じ住所。(品川区東大井2-27-10)
Marubeni Corporation丸紅
Marubeni Telecom Development Limited丸紅テレコム開発?
Kyoto Shipping Limited京都海運株式会社
WADATSUMI BENEFIT LIMITEDアーツ証券関連のワダツミ(株)の投資会社。'16年6月に破産。
SBI Royal Securities Cayman LimitedSBIロイヤル証券。( カンボジア唯一の日系総合証券会社 )
Cosmic Investment CorporationSBメディアHDの三村一平取締役がディレクター。
Osaka Gas International Transport Inc.大阪ガスインターナショナルトランスポート(株)
NM Merida Management Services Inc.双日の100%子会社。 ( 発電O&M事業への投資 )
European Telecom Investment Corporation日商岩井とITXが株主。(オリンパス事件で登場)
Onishi Iryo Co. Ltd.大西衣料株式会社
SOFTBANK AGCH Holdings Ltd.ブッシュJr.&SB関連?
Mujirushi Ryohin (Bermuda) Limited無印良品
DMX TECHNOLOGIES GROUP LIMITEDKDDIが買収した香港の会社。役員らによる架空取引が発覚。
NEWGT Reinsurance Company Ltd.伊藤忠関連。ロイズの再保険事業を引き受け。
Marubeni Aviation Services Ltd.丸紅航空サービス?
Ueda Shoji Ltd.株式会社上田商事 (渋谷区恵比寿2-6-25)
Moon Light Partners Ltd.同名の米国法人が存在。( 経営者は韓国系 )
Tupi Nordeste Ltd.ペトロブラスが採掘しているサントス盆地の油田。
NEXTECH ASIA HOLDINGS LIMITEDネクステック株式会社の孫会社。ネクスにNHKの松平さんがいる。
DAIWA ASSOCIATE HOLDINGS LIMITED香港で東芝の部品を販売していた会社。


個人部門
英名和名役職など
Son - Masayoshi孫正義ソフトバンク会長
住所は、東京都中央区日本橋箱崎町24-1。(本社所在地)
Epstein - Jonathan Stuartジョナサン・
エプスタイン
SOFTBANK Emerging Markets, Ltd.のディレクター。
ソフトバンクグループの戦略ディレクター。( 1998年 ~ 2002年 )
AIGの地域副社長。 ( 2003年1月 ~ 2008年12月 )
住所・連絡先は、東京都中央区日本橋箱崎町24-1。(本社所在地)
もう一つの住所は、東京都渋谷区神宮前2-3-25-1402。
Idei - Nobuyuki出井伸之ソニー元会長、アクセンチュア社外取締役
ISHIMARU - Yuichi石丸雄一?丸紅の元専務?
Mori - Masakatsu森正勝アクセンチュア最高顧問
Springett - Ritaリタ・スプリンゲットDelfino Associates Ltd のCEO?
Hamaguchi - Naota浜口直太?創価高校&創価大学経営学部卒。KPMG、PwC。
ICIJ側の記載住所が、例の秀和紀尾井町TBRビル。
Yamagishi - Yoshihisa山岸義久連絡先が三菱商事。同姓同名の社員がいる。
Akutagawa - Hisako芥川尚子メリルリンチ日本ファイナンス社長。りそなに増資。
AWAZU - Takuro粟津卓郎2011年3月からDMXの独立取締役。 ( 架空取引発覚は2014年 )
Yagyu - Naoto柳生直人?山一証券、ファーストボストン証券、ソシエテ・ジェネラル証券、エコ・アセット副社長。




創価大学 2015年3月卒業生の主な進路状況

ホンダ開発(株)


http://career.soka.ac.jp/businesses/2015_3.pdf


個人というか、
役員として記載されているんですが。


そうでない人の特定は
難しいでしょうね。


電話帳での照合までは
できるんですけどね。


会社に関しては、
住所と英名が一致していれば、
わかるんですけどね。


ちなみに、アクセンチュアは、
創価学会本部の合理化を
委託されてましたね。


KDDIの子会社についてはこちら。↓


 → 香港のKDDI子会社で架空取引 (産経新聞)
 → 外部調査委員会による報告書 (KDDI)


AIGについては、霍見さんによると、↓


クリントン政権が、包括協議の個別市場開放品目に指定しているのが、
自動車など対日圧力の御三家の市場に加え、
生命保険市場企業年金運用市場であることも、これでうなづけよう。(p.38)


「大統領は自分が加入している年金の運用報告書を見たことがありますか。
あなたも中国企業に投資していることがわかるはずだ」
 
オバマ氏が将来受け取る年金の額は決まっており、個別の投資の成績に影響されることはない。
一方、ロムニー氏の個人資金数千万ドルがベインの運用するファンドに投資されており、
この中にはケイマン諸島籍のファンドも多数あるからだ。


りそなはこちら。↓


 → 自己株式(優先株式)取得 - りそなホールディングス


紀尾井町TBRビルは、
またしてもカタルーニャ。↓


 → 秀和紀尾井町TBRビル ver1.7

紀尾井町TBRビル

Shinrai Capital Management Limited


FutureVision Web Solutionsは、
キエフ、ウクライナに拠点を置くウェブ開発会社であり、
2000年以来世界中の企業のためにウェブを稼働させています。


Law and Finance

Shinrai Capital Management Limited

http://www.futurevision.com.ua/customers/by_industry.htm

あと、MXテレビ(東京メトロポリタンTV)の
話題が出ていますが、こちら。↓


 → 東京都港湾局 その2
 → 東映-東急-創価


それから、調査中に見つけた
おもしろい話は、ツイッターでつぶやいています。↓


 → こちら

イトマン事件の周辺人物


 →【イトマン事件の年表】


第1幕は、河村良彦専務による
イトマンの再建とその挫折です。↓


河村良彦による伊藤萬の再建と失敗

 












第2幕は、
平和相互銀行の吸収合併。


平和相互銀行の併合
















左側の部分は、
「憚りながら」に書いてあった話です。



第3幕は、金屏風事件。


金屏風事件
























 → 金屏風と伊坂さん



実は、この前に大蔵省は平和相互銀行に
大蔵省OBの田代一正氏を会長に送り込んでいた。
 
田代氏は目付け役であると同時に、大蔵省との連絡役でもあったはずだ。
田代会長は、全行員に向けて自主再建するよう頑張ろうと訴えた。

画商を伊坂氏に紹介したのも田代氏だった。
このことから伊坂氏は、
大蔵省も、さらには竹下大蔵大臣も
この金屏風取引については承知していると確信したに違いない。



第4幕は、雅叙園観光の再建。


雅叙園観光の再建















オフィスビルにはアマゾンジャパンやポルシェジャパン、
ウォルト・ディズニー・ジャパンなど
海外企業の日本法人が入居している。 
(中略)
01年に公開された宮崎駿監督の長編アニメ『千と千尋の神隠し』の
湯屋のモデル
になったことでも知られる。
http://biz-journal.jp/2014/09/post_6025.html

昨夜、コスモスイニシアのグループ会社、
コスモスモア主催のOB関係者向け事業説明会
及びコスモスイニシアOB懇親会がございました。
(中略)
第1部で、OBの中から今一番元気な
ラサール・インベストメント・マネージメントの
中嶋康雄代表取締役(CEO)の講演がありました。
http://d.hatena.ne.jp/digicon/20101119/1290131381

中嶋康雄(なかしまやすお) 代表取締役 兼CEO
1991年、リクルートコスモス(現コスモスイニシア)入社。
https://lnews.jp/2017/09/j091109.html/4

西内幸士
1992年4月1日   東急不動産株式会社 入社
2009年4月1日   株式会社経営共創基盤 入社
2016年3月30日 株式会社ダヴィンチ・ホールディングス取締役(非常勤)(現任)
 → 東急と原発
 → 東急と東映
 → 東急不動産といえば花輪ともふみ
 → 経営共創基盤
 → ダヴィンチHD 
 → ジブリ

( このホテルについては後述。)


第5幕は、磯田会長の娘と、ロートレックの絵画。


伊藤寿永光による乱脈融資













 → ジャパンスコープ

そしてイトマンからピサに支払われた巨額の金は
行方不明となり世間を騒がせたが、
西武百貨店もピサも首脳の関与を全面否定し、
今でも大きな謎として残ったままである。

西武といえば、
サーベラスだとか、ウォルマートだとかと、
あとこれですね。↓


 → コクドが福一の用地を取得
 → 西武と高輪プリンスホテル (Youtube)
 → まちおこし商法 (Youtube)
 → 諸井虔 (Wikipedia)


第6幕は、伊藤寿永光による乱脈融資。


伊藤寿永光による乱脈融資













 → 日経新聞についてはこちら


第7幕は、光進グループへの不正融資。


光進グループへの不正融資














あとはオマケで、
磯田会長の腹心だった
西貞三郎副頭取を一躍有名にした
大正製薬との政略結婚。


西貞三郎副頭取と大正製薬
















伊藤寿永光と柿沢弘治。


これは「私物国家」。



伊藤寿永光と柿沢弘治














國重さんの後日談。(加筆中)


ハイパーネットへの無担保融資楽天時代とダブル不倫リミックスポイントを取り巻く怪しい人たち















國重惇史の経歴





















SBB出版















































リミックスポイントの役員と人脈




























MOF担を長く務め、イトマン処理でも活躍し、西川善文元頭取の秘蔵っ子だった。
社長として送り込まれた証券子会社が身売りしたのを機に
2004年に楽天の役員に転身、金融部門を育て上げた。
ところが、昨年4月に週刊誌で女性問題が報じられるとあっけなく辞任。
その後、教育関連ベンチャー「シーアンドイー」(東京・本郷)
会長に転じていたところ、どういう経緯か、リミックス社入りとなった。
https://facta.co.jp/article/201507026.html
國重 惇史(株式会社シーアンドイー 取締役会長)
【「itudokoサイトについて」 閉会の挨拶】
和田秀樹 先生(国際医療福祉大学大学院教授)
http://www.comanded.com/topics/

上智大学文学部(心理学科)などの非常勤講師を歴任。
http://bit.ly/2Axz0BO

大蔵省接待汚職事件 (ノーパンしゃぶしゃぶ事件)
【戒告】武藤敏郎 官房長 (東京オリンピック事務総長)
【減給】20%・1ヶ月 花岡裕之 (中国財務局理財部管理審査課長)
【戒告】勝栄二郎 (主計局主計官)
http://www.dreamswan.com/Aflac01/M/Fsa/Esy/E1998-01.htm


リミックスポイントは、
イエロージャーナルによると、
怪しい会社との関係が
取り沙汰されていて、
それであわてて辞めたのではないか
と書いてありました。


 → シンワアート
 → 伍稜総建の記事
 → いちご
 → 橘田幸俊
 → 古川令治
 → 三田経済研究所
 → 小手川大助
 → イオン銀行


出店者寄りというのは
楽天と似ていますね。


あとまあ、高野さんの記事だとか
参考になるかもしれません。


 → 日本の金融中枢にヤクザを引き込んだのは誰か?


本格的に進出したのは、
「憚りながら」にも載っていますが、
八王子戦争だとかですね。


バブルの頃というのは、
日本社会の変わり目で、
マスコミも役人も、
みんな金に狂っていたというか、
ホリエモンぽい人たちが
ゾロゾロ出てきたのがこのあたりで、


このへんのお金が、
'00年代以降の各種プチバブルに
投入されたといわれています。


 → NHKスペシャル「ヤクザマネー」(Youtube)


イトマンとは別に、こんなこともありました。↓

拘留中に銀行口座から巨額な預金が引き出されていた。
その前後から、協議会幹部が白昼射殺される事件が続発した。
当時、藤井氏の側近をしていたのが川上氏だった。
その後上京して、ベンチャー企業に対する投資家となった。

 もう1人が榎本大輔・元ライブドア取締役(36)。

http://www.data-max.co.jp/2008/02/post_594.html

従来の日本企業から見ると、
この手の人はどう考えても
似たような印象を受けるんですよね。


もとはマジメな企業だったのかも知れませんが、
銀行はお金貸してくれないしで、
闇金だとか仕手の手に落ちたところも
多かったんじゃないかと思いますね。


貸し渋りについては、
闇株新聞の人によると、


 ノーパンしゃぶしゃぶ事件
 → 金融庁発足
 → 初代長官は検察庁出身の日野さん
 → 銀行の審査が厳格化

ということもあったみたいですね。

平和の子会社であるオリンピアが中心になって発足した株主委員会が、
新経営陣を株主提案。
取締役候補には、元最高裁判事の才口千晴弁護士、
元名古屋高検検事長や元金融庁長官を歴任した日野正晴弁護士、
監査役候補には元東京高検検事長の村山弘義弁護士ら錚々たる大物が名を連ねた。
  → アコーディアの相関図はこちら


あとは、当ブログでお伝えしている
宗教系の資本ですね。


ヤクザだとか宗教だとか、
企業なんかもそんな感じですが、
戦後の権力の真空状態が
こういう勢力を育てたといわれています。


国の中に国ができただけなんですけどね。


その筋のベンチャーだとかで、
わかりやすい人といえば、


 → 「成り上がれ!」 著・甲田英司


そういえば、
A.Cホールディングスつながりで、
佐上邦久が「平成の田中角栄」
とかいってベタ褒めしていましたね。



この辺の人たちを基準に考えることが
そもそもの間違いなんでしょうけどね。


国だとか、銀行からお金を引っ張り出すには
商品だとか理由はなんでもよくて、
テキトーに誰得なものばかり作って、
テレビやネットでバンバン宣伝してるんですよ。


そういう点では、仕手とまったく同じで、
会社の将来だとかは考えてないですね。


仕手というのは、倒れかけの会社を買収して、
架空の事業をでっち上げたりして株価を吊り上げ、
投資家をだまして株で稼ぐ人たちです。


それから、雅叙園のその後。↓


目黒雅叙園と雅叙園観光














雅叙園観光のその後













 → 呪われた目黒雅叙園、森トラストが買収直後に売却の怪 (BJ)
 → 戦後最大の経済事件「イトマン事件」の深奥 (東洋経済)

 → 松尾家のプロフィール
 → 若い頃の松尾夫妻の写真

 → TMIとキャッツ事件
 → TMIとアコーディア
 → レーサムつながりでUR出身者の一覧


ローンスターが買収して、
むかしホテルのあった上にアルコタワーとか建てて、
あとは切り売りしたみたいですね。


雅叙園観光の方の存続会社は、
厚生省の人が経営していたようですが、
東北の会社で、震災の影響を受けたのかして
webサイトが無くなっています。


次は、このへんでしょぅかねぇ。↓


 → ビッグバンで金融再編 メガバンク成立へ
 →【金融ビックバンの年表】

山王経済研究所


山王経済研究所
 













リクルート事件のNTTルート














リクルート事件の文部省ルート












リクルート事件の労働省ルート














リクルート事件の政界ルート















まあどうでもいいんですが、
SBBについてはこらち。↓


 → 民主議員の団体名借用、高額本押し売り 都内の出版社 (朝日新聞)
 → SBBと国際労働運動研究協会との関係
 → ハミングヘッズの役員リスト
 → 山下八洲夫もいる


政界ルートの提供先は、↓


リクルートコスモス株のおもな提供先












 → 引用元はこちら
 → 詳しくはこちら

ハマコーさんのご本によると、
リクルートという会社は、
バブル期の少し前から
不動産開発をしていて、


手口が荒っぽいということで、
建設省から目をつけられていて、
そのあたりの見返りらしいんですね。


山王経済研究所は、
会員になると
中曽根さんと会食ができるとかで、
若手起業家のような人たちの集まり
だったみたいですね。


 → 同研究所について報じた当時の記事
 → 筑比地康夫と山田慶一、石川雅己(千代田区長)の記事 (イエロージャーナル)
 → リクルート事件のあらまし (当時の議事録より抜粋)
 → 西戸山開発、飯重地区の地上げ&土地転がし (議事録)

また中曾根首相の友人で民活推進の中心メンバー、
野島吉郎・東京興産 社長
横山修二・大京観光社長らの業者でつくっている
「住宅産業政治連盟」も 1110 万円を国民政治協会、
天野光晴建設大臣などに配っている。
そして「土地規制の緩和を要望、思い切った政治力を期待」していま す。
(朝日新聞 1986 年 10 月 27、28 日)
https://www.komazawa-u.ac.jp/~kobamasa/lecture/japaneco/landprice/Hayakawa1987_jiageya.pdf

国有地の払い下げで一財産築いた小針は、
その資金で労使紛争に揺れるワンマン社長・
織田大蔵が経営する福島交通の株を取得し、1972年社長に就任。

河野派を引き継いだ運輸大臣の中曽根康弘と
中曽根派の天野光晴が小針の社長就任を工作した。

http://www.data-max.co.jp/2008/04/post_1009.html

福島第一の誘致も
この人らしいんですが。

その頃、東電は原発の建設用地を探していた。
30年には本店社長室に原子力発電課を設置した。
天野は周囲に話した。
「東電はとてつもなくでかい会社だ。
持ってくれば、みんなの生きる糧になる」
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2011/11/post_2549.html

 → 名電工の巨額脱税事件はこちら

調整区域」というのは、
法的に建物が建てられない地域で、
いい値段がつかないんですが、
公益施設だとかなら、例外的に
建てることができるんですよ。


団地だとか、道だとか。


重要なのは、プラザ合意だとかよりも
ずっと前
からこういう人たちが
土地で儲けていたということです。


福一つながりでいうと、
福一の用地の転売で儲けた
西武の堤さんだとかも
不動産でのし上がった人です。


そして、中曽根さんの答弁にもあるように、
この人たちが民活のやり方を提案していた
ということなんですよ。


○国務大臣(中曽根康弘君)
彼らは中小関係のデベロッパーでありまして、
民活についてどういうふうなやり方で推進したらいいかということを
私に助言をしてくれた人たちであります。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/102/1380/10203201380011c.html


世界平和研究所のほうは、
リクルート事件の後に、中曽根さんが理事長を辞めて、
代わって、財界人や官僚が入ってくるんですが、
これは竹下さんの取り巻きだったみたいですね。


川崎テクノピアについては、
明治製糖の跡地で、
国鉄の土地だったのは、
ミューザ川崎の方ですね。↓


川崎テクノピア





















http://www.nichidaigeog.jp/GANU/backnumber/pdf/0049_01_02.pdf

川崎テックセンター






→ 当時のリクルートビル

→ ソリッドスクウェア (Wikipedia)
→ 第一ビルディングによる解説


広瀬さんのご本によると、
江副さんが株券を配っていたのは、
就職情報誌の規制を緩和してもらうため
だったみたいなんですけどね。


国鉄については、
後藤田さんの回顧録によると、
民営化は、田中角栄の発案で、


まあこれは、三木内閣の時のゼネストだとか、
国労つぶしを狙ったものみたいなんですが、


こないだ紹介したプラザ合意のNスペによれば、
アメリカと約束したという3兆円の補正予算の
財源を捻出するためにすることになった
ということみたいなんですね。


ハマコーさんは稲川会の人ですから、
田中さんを裏切る形で出ていった竹下さんのことは
あんまり好きじゃないんでしょうね。


川崎テクノピアは、
URと興和不動産が事業主体で、


ミューザ川崎は、
URが開発して本社を置いていて、


今治新都市も
やっぱりURが事業主体なんですね。


そして、川崎や今治で
再開発が構想された時期も、
「アーバンルネッサンス計画」の直後なんですね。


高層化をするということは、
鉄筋の売上が伸びますから、
鉱山を押さえている三井物産からすると、
非常に喜ばしいことなんですね。


中曽根内閣は、
金丸さんや後藤田さん竹下さんを
取り込んで選挙を乗り切ったそうで、


この人たちへの配慮というか、
両方の色彩が入り混じったことで、
国民からすると、二重の苦になったというか、
最悪の結果になったみたいですね。


まあ、得をしたのは
竹下さんたちの方でしょうね。


東京都でいうと、
小沢一郎と仲のいい
内田さんだとかですね。


新銀行東京だとかも
折衷案なんでしょうね。


あとそれから、駅前にあるのは、
平和寺じゃなくて、これですね。↓

4777 ガーラ
大株主の状況
宗教法人 宗三寺 神奈川県川崎市川崎区砂子1-4-3
http://bit.ly/2zQI4Tt

ビリングシステムも、
監査役がトーマツの人ですね。


住友不動産といえば、
東京都の時にも
よく出てきていたんですが、


 → 都民が国民とは限らない
 → 麹町五丁目計画1
 → 麹町五丁目計画2
 → ブルーエコノミーHD


アムスつながりでこんな接点も。↓


 → 加計学園の相関図 (経世会ライン)


総理のご学友の高橋精一郎
住友銀行出身ですね。


金融庁の参与に
選ばれたらしいんですが。



広瀬さんのご本によると、
住友銀行と住友不動産は、
車の両輪らしいんですよ。↓


住友銀行と住友不動産

















ちなみに、塚本素山ビルには、
日本・カタルーニャ友好親善協会
という団体が入居しています。


そういえば楽天は、
FCバルセロナとタイアップしていました。


それから、
安藤太郎は、橋本龍太郎と
縁戚関係らしいですね。↓


安藤太郎と橋本龍太郎の縁戚関係













 → 橋本龍太郎 (Wikipedia)
 → 橋本家 (岡山)
 → 佐々廉平 ー東大内科の閨閥ー
 → 平山金蔵 ー漱石かかりつけの医師ー


bubblejusen



























安藤さんちが襲われたから
総量規制をかけたんでしょうかねぇ。


襲撃事件は1987年のことで、
総量規制は1990年3月なんですけどね。


まあですが、規制が出るのを予見して
逃げ切れたわけでもないみたいですね。↓


11期にわたり、増収増益を達成してきた住友不動産
高収益企業として知られるが、
同時に20年近くもバブルの処理に苦しんできた。
http://diamond.jp/articles/-/9561

まあ、通達を出したのは
土田さんなんですけどね。


ちなみに、登記簿によれば、
土田さんのご自宅は
創価タウンとして有名な石神井にあります。


あとまあ、住友銀行といえば、
同行の「秘史」を出版した
国重元取締役 (事件後に昇進) なんですが、↓


 → 楽天副会長、突然の辞任 同時に不倫&女性暴行報道、本人は猥褻写真の存在を認める
 → 三木谷氏の「右腕」ダブル不倫で辞任? 専業主婦との交際「週刊新潮」報じる
 → 『住友銀行秘史』には書かれなかった著者の金銭&愛人訴訟
 → ドロドロの不倫劇のはてに「ストーカー行為」で訴えられる


MOF担といえば、
大蔵官僚の接待役で、
「ノーパンしゃぶしゃぶ桜蘭」だとか
そういうお店に詳しいんでしょうね。


土田さんにあてた密告の手紙も
この人が書いてたみたいですね。


バブルの年表


















































 → 景気動向指数(CI)の推移はこちら


海部内閣ということは、
小沢幹事長のときですね。


住専の救済は、橋本さんの時ですね。^^;


金融機関が潰れまくった時も
橋本さんの時なんですね。


東急不動産の人のお話によると、
1994年くらいから
目に見えて悪くなった
みたいですね。


小沢一郎が下野するまでは
粉飾で乗り切ったということ
でしょうかね。


あとそれから、イトマン事件は、
現在まとめ記事を準備中ですが、
とりあえずこちらを見ながらお待ち下さい。↓


 →【イトマン事件の年表】


それはそうと皆さん。
許永中って、どっちかわかります?


今治新都市開発


今治市の相関図













( クリックすると拡大。↑ ) 

今治新都市の区分




 → 今治新都市再開発事業の概要 (全体図)
 → 学園都市構想の実現に向けて (プレゼン資料)
 → (施工)鹿島・白石建設工事共同企業体
 → 渡邉良人 (加計学園 法人本部事務局長)

 → 今治市の収支報告書
 → 愛媛県と今治市の負債まとめ

 →【今治新都市開発の年表】(ソース記事まとめ)
 → 里見隆治(公明党)の質問に答える加戸守行参考人 (Youtube)
 → 今治市大学設置事業専門委員会


今治新都市の年表




















しばらくご無沙汰だった
岡山理科大学の今治キャンパスなんですが、
文科省が認可を決めたそうで、
webサイトも出来てるみたいですね。


まあ、「規制緩和」はともかく、
出来上がったもの
( 36億5,700万円の土地を無償譲渡 + 96億円の補助金 ) を見ると、
何だか、ぼったくられているような
気もしなくもない感じなんですが、


無償譲渡の理由
https://drive.google.com/drive/folders/0B_-7veRf5tEKV1luWHZSdkkxLXM

今回、食品安全委員会委員の候補者となっている吉川泰弘氏については、
当時、食品安全委員会プリオン専門調査会座長として
問題の答申をまとめた重大な責任があります。

鳥インフルエンザはウイルスの警告だ!
2006年 吉川泰弘 第三文明社 
http://www.daisanbunmei.co.jp/books/book.php?no=03288

第三文明 2015年 9月号
政権中枢まで巣くう「日本会議」の実態と危険性とは
菅野完

   → 「第三文明」に登場した有名人まとめ。


やけっぱちになって
松山で暴走した人もいましたが、
あんまりよろしくないみたいですね。


珍しい名字だったんで調べてみたら、
ご近所に、地場産業関連の人が
何人か住んでるみたいですね。


タオルの他にも、造船があるんですが、
これもオイルショックだとか円高不況とかあって、
'90年代以降は落ち目になり、↓

今治造船丸亀事業本部(丸亀市)の中国人の元研修生(解雇)を
外国人登録法違反容疑で逮捕、研修生6人を同容疑で書類送検

  → 実習生制度の問題はこちら


大型船の建造のために、港の整備が必要らしいんですが、
費用の半分(40億円)を、自治体に負担させたりしていて、
まあ、400人ぐらいの雇用創出になるらしいんですけどね。


 → 最大手の今治造船、香川に大型ドック新設
 → 開発公社から払い下げを受けた埋立地にドックを建設
 → 供給過剰だけど国際協力銀行が支援して購入します
 → 石井国交相「支援の必要性を認識しました。」


あとまあ、人権問題に関しては、
今治市人権啓発課課長補佐の高山久という人が
貢献して下さってるみたいですね。



県庁に突っ込もうとしたということは、 
県への恨みがあったのか、
単に人が多いところを狙ったのかは
よくわからないんですが。


ヤクザさんの話も、よくわからないし、
このへんは流動的ですから置いといて、


 → 後藤さんについてはこちら


政治家先生についてみていくと、
四国だとか、しまなみ海道周辺は、
宏池会が多いですね。


 吉田茂池田勇人→(中略)→岸田・麻生
 児玉誉士夫→池田勇人大平正芳とか宮沢喜一→長銀救済
 児玉誉士夫→小佐野賢治→日本航空→鳩山・前原が救済
 牧口常三郎→大日本皇道立教会←児玉誉士夫
 児玉誉士夫→鳩山一郎
 三木内閣(連絡橋推進内閣・今治でも高等教育機関の誘致構想)
 → 麻生派が山東派(三木派)と合併
 三木武夫→海部俊樹→小沢一郎


右翼の関係図でいうと、


 創価←塚本素山→児玉誉士夫→田中角栄→小沢一郎
 赤尾敏→チャンネル桜←トランスデジタル←〇〇会→下村博文
 野村秋介←→後藤さん


新風の鈴木信行
「風の会」の人ですね。


宏池会というと、
貧乏人は麦を食え」の池田さん
対中ODA&特例公債法&消費税の大平さんと、
あと宮沢さんが有名ですね。


三木内閣については、
本州四国連絡橋を推進していた地元議員が
多数入閣していたようですが、
田中角栄の事件の追求だとかで対立をして、
選挙で負けて、退陣したみたいですね。


 → 三木国際交流センタービル


白石建設工業は、イオンモールの
道だとか基礎工事をしてますね。↓


 → イオンモール今治 斜面設置工事及び窪地埋戻し工事を終えて (画像)
 → 元記事はこちら


まあ、いろんなことが想像できるんですが、


最近だと、
高橋兄弟お父さんの話が出てきてましたね。


 → 伊豆シャボテン公園の三色旗の写真はこちら
 
 → Harunori Takahashi 草月会館
 → Eie International Limited
 → DENTSU SECURITIES INC.
 → DENTSU SECURITIES INC.

横濱前社長は仕手筋「草月グループ」の後継者としても知られる御仁。もともと同グループは故高橋治則氏が築き上げたもの。バブル期に「EIEグループ」を率いた高橋氏は一時期、個人破産するほどのどん底状態にあったが、2000年頃から仕手筋として復活。東京・赤坂の草月会館を根城に、ユニオンホールディングスなど複数の上場企業を背後から支配した。
https://facta.co.jp/article/201001062.html

豊州市場の相関図のほうが
詳しく載ってますね。


四元さんについては、
電通と長銀で登場していて、


高橋兄弟とオーバーラップすると思ったら、
公明党の石井さん北側さんと接点があったり、


すると、「日本株式会社」だとかいっていて
右翼に殺された石井紘基さんだとかは、
どうなんだろうなぁとか。


カルテルがあるから、経済が伸びない。
みんな仕事がないので土建屋。
みたいなことなんですが、


バカ正直に自由化をすると、
日本社会は持たないんでしょうかねぇ。


急に事業者が増えても
商売にならなくなるところだとか
あると思うんですが、
即効性を求めると、
副作用もありそうだし
どうなんでしょうねぇ。


ボストンは前回の記事だとか、
わりとよく登場していますね。


長銀は、第一勧銀系で、
第一勧銀は、竹下派、
特に鳩山さんと関係の深い銀行でした。


三菱系なのは安全信用組合ですね。


JASRACは、
法人登記簿が公開されていて、
それによると、監査法人
トーマツ元代表社員の中地宏さんとこですね。↓


 → 登記簿はこちら

昭和53年3月 等松・青木監査法人(現有限責任監査法人トーマツ)代表社員
平成9年8月 監査法人ナカチ 会長・代表社員
平成20年6月 株式会社テレビ東京 社外取締役
http://www.txhd.co.jp/ir/stock/meeting/pdf/tvtokyo_bb/10-1.pdf

竹谷とし子と同じ
アビームの人もいますね。↓


 → 粂川操(公認会計士:株式会社経営管理ナカチ代表取締役)


簡単にいうと、
レコード会社の取り立て代行業者で、
いわゆる業界団体ですね。


それから、話を戻して、
FC今治というサッカーのチームがあるんですが、
ホームスタジアムも建ててるみたいなんですよ。


 → 完成予想図


土地は、市が持っているんですが、
無償で貸し出してるみたいですね。


スポンサーの顔ぶれもなんだか
トーマツだとか、LDHだとか、
既視感のある感じなんですけどね。


加戸さんが在任中に支援していたFC愛媛には、
聖教新聞の用紙でおなじみの
大王製紙が付いてたみたいですね。


URが住宅地も作っていて、
分譲してるみたいですね。↓


 → 今治新都市しまなみヒルズ (UR都市機構)


商業施設のテナントなんかも
URが分譲してるみたいですね。↓


 → 「にぎわい広場3番地」(17街区1画地)を分譲中で、企業の誘致を図っている。


今治市の開発公社が
地権者から土地を買い取って、
URが造成をして分譲という流れ。↓


 → 市街地開発事業


事業主体UR都市機構 (旧公団) で、
資金は、共同事業者である
愛媛県と今治市から出ています。


URで鹿島だと中曽根さんで、
加戸さんの路線とも近いような
気もしなくもないんですけどね。


 → 田中曽根&金丸による「アーバンルネッサンス計画」


URは、ミューザー川崎だとか、
価値開発のところでも
少し出てきてましたね。


 → ワインの会に、URと新日本建物が登場
 → URの物件を、新日本建物 (ダヴィンチHD) が買い取るの図
 → ダヴィンチHDといえば創価の阿部幸宣
 → 甘利さんの話はこちら
 → 新日本建物と価値開発はこちら

 → UR出身の役員まとめ


URは、「〜新都市」とかいう再開発を
あちこちの自治体で行っていて、
構造協議の最終報告書にも、
再開発についての記述があります。


スペインの住宅バブルの原因にも、
「新土地法」という規制緩和があって、
これをしたのがアスナール政権で、
新自由主義系です。


塩入事件のNEDO、水資源機構、トイザらス、アニメイト、
そしてURが入居しています。


加戸さんによると、
この事業の復活に向けて動いていたのは
加戸さんの時の愛媛県で、
URや建設省に要請したのは加戸さんで、


平成11年に知事に就任したとき、
愛媛県今治市は都市再開発の構想が十何年も眠っていたままだった。

知事に就任してすぐに
旧建設省と住宅・都市整備公団(現・都市再生機構)に要請し、
12年から事業が始まった。

http://www.sankei.com/life/news/170615/lif1706150007-n1.html


今治市は、土地と資金を提供して、
加戸さんにも推進費(旅費とか)を支払って、
愛媛県も少し支援をしていた ↓
ということなんですけどね。

今治新都市開発事業における今治市の

中核施設用地の取得を支援することとした。(p.5)

 
ちなみに総事業費は、
約151億円かかっています。↓
 

今治新都市総事業費


UR
の累積債務の解消に
つながるんでしょうかね。


 [ 民営化推進派 ]
 → UR賃貸「99%赤字、損失30億円」 (THE PAGE)
 → 有利子負債13兆円! (東洋経済)
 → 国庫補助金は毎年約400億円 (国土交通省)

 [ 民営化反対派 ]
 → 穀田恵二「URは赤字ではない」(しんぶん赤旗)
 → 前原国交相のUR民営化に反対 (しんぶん赤旗)
 → UR団地の取り壊しは、財界の要求なの? (しんぶん赤旗)
 → UR団地取り壊し・売却 売却迫る公明 (しんぶん赤旗)


加戸さんの県政は、平成11年(1999年)の
1月28日からなんですが、
URのパンフレットの年表 (p.33)によると、


平成10年3月
愛媛県及び今治市から今治新都市開発整備事業について
地域振興整備公団へ事業要請」したと書いてあって、

 
用地の買収についても、
「平成11年11月〜」と書いてあります。
 

加戸さんの前は、伊賀さんという人で、↓
この人は県の職員だった人なんですが、

また国の景気対策もあって、道路整備にも注力したため、
1990年代の前半の5年間に土木費が二倍に膨れ上がり、
その後の県財政の悪化を招いた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/伊賀貞雪

'90年代の前半といえば、国政だと、
海部、宮沢、細川、羽田内閣あたりで、


1999年ごろだと、
新進党の残党 (自由党・保守党・公明党) と
連立を組み始めた頃ですね。


 → 90年代の新党ブームについてはこちら


まあ、海部・小沢内閣の時に、
公共事業をする約束
アメリカとしちゃったんですよね。↓


 → 日米構造協議の首脳会談 (Youtube)
 → 公共投資に10年間で約430兆円
 → 最終報告書の原本の写し (東京大学出版会)
 →「公共投資基本計画」(朝日新聞コトバンク)
 →「公共投資基本計画」の原本の写し (内閣府 経済社会総研)

その後、90年代中盤までは公共投資が増額されていき
実施された代表的なものには、関西国際空港の建設や
東京湾臨海副都心の開発などがありました。
http://www.geocities.jp/sundayvoyager/sii_japan_america.html

    (5)関西国際空港,東京臨海部開発等の大規模複合開発プロジェクトについて,
       関係省庁間で緊密な連絡調整を行うための体制を整備するなど,
       プロジェクト全体としての効率に十分配慮していく.
 http://www.esri.go.jp/jp/prj/sbubble/data_history/6/taigai_kei_housin01.pdf

アメリカの提案に、金丸信が今後10年間で430兆円はやれると豪語。
(中略)
公共投資の財源の半分は、国債や財政投融資等の資金であり、国民の借金。
http://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/4d1cbde08e1d95d4724137f519d1193b 

    → 当時のニュース映像 (Youtube)

   → 日米貿易摩擦の頃の雰囲気 (Youtube)
   → 文字起こししたものはこちら
   →アメリカの高金利と日本の円高を演出した人の話

   → 日米摩擦年表 (読売新聞)
   → 詳細な年表 (外務省)

   → バブルと住専はこちら


'94年10月の200兆円を含めると、
合計630兆円のムダな公共事業
約束したことになります。


景気対策」(内需拡大)については、
中曽根内閣の頃から
アメリカは要求して来ていたそうですが、


この「景気対策」に
その当時、消極的だったという
宮沢さんの内閣のときに、
小沢一味が離脱したんですね。


まあ、宮沢さんは、
何らかの対策が必要だとは
おっしゃってたみたいなんですけどね。



広瀬さんいわく、土建の元締めは金丸さんで、
その後を継いだのが小沢さんということで、
これは日本側の提案なんじゃないか?
という説もあるみたいですね。


 → 竹下派はゼネコンと親戚 (近現代日本の家系図)
 →「談合の帝王」平島栄氏のバックには金丸信氏 (ビジネスジャーナル)
 → 談合のドンに聞く(上)「この業界は護送船団」(神戸新聞)


「Net IB News」の記事によると、
1995年くらいまでは、談合の元締めは
西松の平島栄相談役だったそうですが、
金丸&西松といえば、ハマコーさんの本にも書いてあった
東京湾横断道路なんですよね。(西松・戸田・銭高JV)


談合といえば
こんな記事が出てますね。↓


 → ゼネコン「絶好調決算」の裏に大手4社の談合疑惑が…! (現代ビジネス)
 → 小池知事主導の入札制度、見直しへ 工事手続きに滞り (朝日新聞)


まあ、原発と一緒で、利権化して、
過大に提言するようになったんじゃないか
ということなんですけどね。


まあ、アメリカよりは、田中軍団のほうが
メリットが大きいと思いますね。


まあ、輸出が減りますから、
その分だけ雇用政策みたいなことなんでしょうが、
内需産業として自然とあるものではなくて、
国のお金でやってただけなんですけどね。


ともあれ、オイルショックで頓挫した列島改造論
続きをするチャンスが巡ってきたんですね。


円高放置は、
日本側のアイディアだったそうで、
円高誘導についても、
竹下さんが積極的だったみたいですね。


アメリカ側は、”政策協調”を重視していて、
これはその後の、
日米構造協議」だとか、
年次改革要望書」に続く流れですね。



あと、津田大介さんの記事によると、
公明党の澤雄二がフジテレビで、
小沢一郎をヨイショをしていたのが
'93年から'03年ぐらいまでみたいですね。


霍見さんのご本によると、
レーガン政権は円高を放置していたため、
貿易赤字が膨らんでいて
そこで『日本が為替操縦している!』
という日本陰謀論が登場して、
それで円高・ドル安に誘導することにした
ということみたいなんですね。


あとまあ、日本が国策
半導体の製造技術を独自に確立して、
追い上げてきていたことも
背景にあったみたいですね。


元は防衛産業ですから、
絶対に負けられない戦い
だったんでしょうね。


小沢一郎の防衛利権についても
お書きになっていましたが、
これもアメリカ絡みなんですよね。


'90年代以降の日本の凋落は、
ほとんど説明がつきましたね。


浜側の三セクは、軒並み不採算化していて、
民間投資を入れたりしてごまかしています。


「途中で終わったから不良債権化した!」
「あれは負債ではなく資産だ!」

とかいう話をしている人もいますが、


浜側の現状を見れば、
どういう人たちが言わせているのかは
すぐにわかると思います。


小沢一郎や構造協議の批判といえば、
石原慎太郎で、
側近の浜渦さんは、
東京都の百条委員会で
2度やりこめられています。


構造協議の確認書に書かれているように、
帳簿の上では、(外需ではなく)「内需」によって
経済は成長していることになっています。


原発も、廃炉にしてしまうと
負債が確定してしまいますが、
続けていると、使用済み燃料の
処分費用が増えていきます。


安価な処分方法が見つかるまで、
イチかバチかで使い続ける
つもりなんでしょうねぇ。



あとまあ、加戸さんについては、
こんな話もあるみたいですね。↓

そもそも、加戸氏は、リクルート事件が取り沙汰された際、リクルート社からゴルフ接待を受けていたことなどから文科省官房長を辞職。しかし、辞職後は公立学校共済組合理事長に見事「天下り」を果たし、「更迭されたのではなかったのか」と批判を浴びた。さらには続いて文科省が監督官庁であるJASRACに天下りし、在任3年で退職金含め1億円以上の報酬を得たと報じられた。
http://lite-ra.com/2017/07/post-3328_4.html

ちなみに、当時の文部大臣は、
西岡武夫 (新進党幹事長、自由党副代表)。


リクルートに関してはこちら。↓


 → 経営理念が「新しい価値の創造」
 →【リクルート事件の年表】


リクルート事件の端緒となった
川崎西口の再開発プロジェクトでは、
URと、興和不動産が参画しています。


ここも時期的にみて、
「アーバンルネッサンス計画」を受けてのプロジェクトです。


それから、
下請けについてみていくと、
鉄骨は、福栄鉄工。↓

工事名重量(t)施工者設計者
(仮称)岡山理科大学
新1号館新築工事
600(株)大本組(株)ADO建築設計事務所
イオンモール今治新都市
新築工事
1100鹿島・白石イオンモール
今治建設工事 JV
鹿島建設(株)
建築設計本部
http://www.fukueitekko.co.jp/works/

型枠
は、グローバルコーポレーション。↓

施工年度物件名所在地施工業者名
2015年(仮称)岡山理科大学 新1号館 新築工事岡山県大本組
2015年イオンモール今治新都市 新築工事愛媛県鹿島・白石イオンモール
今治建設工事共同企業体
http://globaaal.co.jp/cgi-bin/jisseki/jisseki_disp.cgi

他にも、↓

工事名県名
(仮称)イオンモール今治新都市新築工事愛媛県
豊洲新市場(仮称)
水産仲卸売場棟付帯施設建設その他工事
東京都
http://www.tokuyasu-k.com/works.php

随意契約が多く、
競争入札での落札率も高い。↓


  → URのwebサイトにあった今治関連の入札結果


イオンの役員にもURの人がいますね。↓

取締役 監査委員会議長報酬委員
佐藤謙

昭和41年4月 大蔵省入省
昭和60年6月 同省主計局主計官
平成4年6月 同省理財局次長
平成9年7月 防衛庁防衛局長
平成12年1月 防衛事務次官
平成14年7月 都市基盤整備公団(現独立行政法人都市再生機構)副総裁就任
平成16年7月 財団法人世界平和研究所(現公益財団法人世界平和研究所)副会長就任
平成21年12月 同研究所理事長就任(現)
平成23年5月 当社取締役就任(現)
平成23年6月 日本テレビ放送網㈱(現日本テレビホールディングス㈱)取締役就任(現)
平成24年10月 日本テレビ放送網㈱取締役就任(現)


あと、イオンモールの環境設計をしている
ディ・ブレイン研究所
玉置会長の自宅のお隣に
公明党のポスターが貼ってありました。


あとまあ、
誰得の内訳をみていくと、
大部分は人件費で、


1992年以降,景気の低迷が顕著になるにつれて,
景気浮揚を図るべく,財 政・金融両面から繰り返し景気対策が取られた.
結果論から言えば,その後,景気は本格的な回復を示さないまま,

景気浮揚を図るべく,財 政・金融両面から繰り返し景気対策が取られた.

結果論から言えば,その後,景気は本格的な回復を示さないまま,

1997年の金融危機へと進んで行く.


 

建材は、製鉄は国内で、
セメントも国内が7割で、


原料は、こちら。↓


 → 鉄鉱石の輸入先
 → Mineral Commodity Summaries 2017
 → アメリカから日本への主要な輸入品目


アメリカだと、石油くらいで、
製鉄するときに大量に使うそうです。


あと、鉄鉱石の買い付けは、
三井物産が仲介してるみたいですね。


製鉄は、中国からの輸入
はじめているそうですが、
品質が良くないとかで、
JISを取らせてから契約するように
しているみたいですね。
  

それと、企業誘致では、
日本食研の
例の工場がそうらしいですね。


 → クリエイティブヒルズのその他の企業
 
UR都市再生機構出身の役員たち
最新記事
記事検索