人工功徳を解明するブログ

創価学会員ではない人が、地道にソースを調べて書くとこうなる、みたいなブログです。

内田茂と創価

 (「週刊文春」2016年8月4日号 より抜粋 ↓ )

  ------------------------------

  ドンの権力を都庁中に知らしめたのは〇五年、
 石原慎太郎知事時代のことだった。

  知事の最側近・浜渦武生副知事が、
 答弁の偽証で辞任に追い込まれたのだ。 

 「都議会で三十五年ぶりの百条委員会が
 開かれたことがきっかけで浜渦氏は辞任した。

  そもそも出席議員の四分の三の賛成が必要な百条委は、
 自民党が反対すれば設置できなかった。 

  公明党民主党(当時)の都議と太いパイプを持つ内田氏は、
 都議会の威光をバックに、石原氏に
 『浜渦は辞任させるべきだ』と引導を渡したのです。 

  ------------------------------

 伝手(つて)を頼り、
 鳩山威一郎元外相の下足番になりました。

 秘書の名刺も持ち歩き、政財界に人脈を広げていった。

  ------------------------------

 「都議三年目の内田氏は磯村氏についた。

  負けはしましたが、自民党幹事長の
 小沢一郎氏との太いパイプを作り、
 都議会公明党の重鎮、藤井富雄氏とも
 密な関係を築いたのです
」(前出・都連幹部)

  当時の内田氏の人脈が垣間見える資料がある。

  九〇年代前半に赤坂プリンスホテルで開かれた
 内田氏の娘の結婚披露宴。

  席次表によれば、小沢氏や住友不動産社長、
 鹿島副社長、清水建設常務、
 旧平和相互銀行事件などに絡み、
 フィクサーと呼ばれた川崎定徳社長らが
 列席者に名を連ねる。

  「主賓は小沢氏でした。
 内田氏夫婦は小沢氏夫婦
 パリに旅行に行ったりするほど親しかった
」(出席者)

 ------------------------------

  九五年に青島幸男都知事が誕生して
 都政が混乱すると、内田氏は
 公明党と議会の主導権を握っていく。


  そして九八年、都議会の幹事長の椅子に座る。

  ------------------------------


 全文はこちら。↓
 http://9321.teacup.com/sinpo/bbs/2290


  ------------------------------

  「創価学会の裏仕事を握っており、
 山口組幹部とも親交がある
 との黒い噂が以前より存在していたが、
 元後藤組組長後藤忠政の回顧録により
 図らずも証明された形となった。
 
  https://ja.wikipedia.org/wiki/藤井富雄
  ------------------------------
 ■元公明党都議との密会ビデオ

 「憚(はばか)りながら」(宝島社) 後藤忠政・著 より、以下抜粋。↓

 http://www.twitlonger.com/show/n_1sov84k
  ------------------------------

 藤井氏は、党内でも別格扱い。
 池田大作・名誉会長の覚えもめでたく、
 公明党の"最高実力者"ともいわれている。

 http://www.forum21.jp/contents/contents6-1.html
  ------------------------------


川崎財閥つながりで、
東電の数土さんや、増田候補とも
つながってしまいますね。


初代の松方さんと2.26事件とか、
この辺りもおもしろいんですけどね。


それはそうと、
植松聖容疑者 (26) とその家族は、
現場付近や、隣接する八王子市
暮らしていました
。↓


 父は都内の小学校で図工の先生で、
  自治体活動にも積極的に参加
 
  母は芸大出身で、以前は
コミック関係の仕事

 https://news.nifty.com/article/domestic/society/12136-335710/

 植松聖容疑者、生活保護を受給 知人「数百万円を借金、遊興費に」
 http://www.sankei.com/affairs/news/160802/afr1608020003-n1.html



旧後藤組の縄張り
で、
半グレ集団脱法ドラッグ
店舗を構えていたりする
危険地帯です。


ちなみに、暴力団がやっている「生活保護ビジネス」では、
知り合いの精神科医診断書を書かせたりしています。
 

また、多重債務者身代わり出頭させたり、
あるいは、直接行かせたりというのも
暴力団がよく使う手です。


Beautiful Japan」だと、
「美しい国」を提唱している安倍さんへの
打撃を狙っていたとも考えられますが、
新自由主義や福祉切り捨てという意味では、
小池候補にとっても大打撃となりえます。


もっとおもしろいのが、
お巡りさんと後藤さんの話で、


まあこれは保険にとっておきますが、
ロッキード事件や、2ちゃんとも関係してます。
 

簡単に言うと、後藤さんとか
小沢さんに関係する人たちです。
 

田中さんや児玉さんの頃は、
三代目さんと仲が良く、
竹下さんや小沢さんは
四代目さん、五代目さんの時代で、
むかし、高野さんが、竹下さんと大蔵省とか、
銀行と関東のヤクザの話を書いてましたけど、
今はどうなんでしょうかね。


この辺りの話を、
本気で追求するつもりなのであれば、
猪瀬さんも舛添さんも
わりとマトモだったということですね。
 

本心では皆さんこの結果を
望んでいたんでしょうね。
  

 --------------------------
 東光電気工事(株)
 
 監査役:内田茂
 監査役:井上幸彦
 
 http://www.tokodenko.co.jp/company/
 --------------------------
 ドンキホーテ ホールディングス [7532]

 平成6年9月 警視総監 就任
 平成15年9月 公益財団法人 日本盲導犬協会 理事長 就任 (現任)
 平成18年6月 東光電気工事株式会社 監査役 就任 (現任)
       株式会社 朝日工業社 取締役 就任 (現任)

 平成21年9月 当社 監査役 就任
 平成23年3月 公益財団法人 合気道養神会 理事長 就任 (現任)
 平成23年6月 株式会社 全日警 監査役 就任 (現任)
 平成24年6月 当社 常勤監査役 就任
 平成26年9月 当社 取締役 就任 (現任)

 --------------------------


ドワンゴ監査役と、
日本リスクコントロールの顧問が抜けてますね。^^
 

井上さんは、オウム事件のときの警視総監です。^^
 

退官後は、エイベックスの法律顧問に就任し、
エイベックスがドワンゴの筆頭株主だった当時に、
監査役を務めています。^^
 

 ---------------------

  東光電気工事は、五輪施設だけではなく、
 豊洲新市場の関連工事など、
 都発注の工事もたびたび受注。

  売上高は、内田氏が復活当選する2013年までは
 700億円前後だったが、2014年には
 約1000億円へと急成長している。( 週刊文春web )
 
  http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6414
 ---------------------
 ・豊洲新市場の工事で談合疑惑

  ・予定価格の6割増しで二回目の落札。
  ・予定価格に対する落札額の比率は99.7~99.9%。

 http://blogos.com/article/136861/

 ---------------------

 「日本リスクコントロール」社長の豪邸謄本に登場する“魑魅魍魎
 http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=4151


すこし気になるのが、
小池さんもまた
新進党に合流した一人
であるということです。


自民側の田中派は、いま石破派ですが、
この人も、岡田さんも、
小沢さんの作った新進党に行った人です。


日米構造協議で有名な
海部さんと小沢の党です。


若狭勝さんも石破派の人で、
笹川さんと仲のいい麻生さんも
この田中派の系統になります。


そして、公明党からも、かなりの人たちが
この新進党に合流しています。

 
何か似てませんかねということで、
不審に思われている方もいるようです。
 

文春の記事からすると、
石原さんは、この内田さんに
頭が上がらなかった
みたいなんですが、
伸晃さんが都議会自民党の代表ということで、
集中砲火を浴びているみたいですね。


石原さんも安倍さんも、
人気はありますが、
派閥とか金権政治とは
無縁の存在ですからね。
 

ちなみに、小沢さんのお父上は、
吉田茂の元秘書で、
鹿島の法律顧問をしていた人です。


 中曽根家 鹿島 清水建設
 
http://kingendaikeizu.net/seizi/nakasone.htm


 清水建設 豊田家
 
http://kingendaikeizu.net/sougyou/toyota.htm

 

中曽根さんは、娘さんを
鹿島の渥美さん家に嫁がせていて、
親戚筋だったりするんですが、
 

総裁選の時に、田中さんに譲ったとかで、
田中さんたちのあとに、総理・総裁になった人で、
宏池会だとか、この渡辺派というのは、
田中派の手下のような存在として
認知されているみたいですね。
 

あとは、大石寺への参詣を見込んで作られた
富士市の新富士駅のことだとか、
大昭和製紙の話もありますね。 
 

ちなみに、旧後藤組の本拠地である
富士宮市は、そのすぐ隣です。
 

ですから、ご年配の方々は
鳥越さんに入れたんじゃないでしょうか。
 

ちなみにちなみに、
石原さんは、鹿島の番組に
司会者みたいな形で出演されていますが、
黒シール事件を起こした元秘書が
鹿島から来ていた人だったんですよね。
  

それから、民進党は、
もうすぐ代表選がありますね。


 → メディアトゥエンティワンから献金?


篠原寿さんと、日本リスクコントロール、
この辺が、ポイントですね。


 
続きを読む

都知事選2016の備忘録 その2


“都議会のドン”が役員の会社 五輪施設を逆転受注 (「週刊文春」)
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6414



岩井奉信@日大教授といえば、
月刊「潮」の常連の方でよすね。↓



-----------------------------------------
月刊「潮」2006年10月号

特集自民党総裁選
総裁選における二つの対立軸。岩井奉信

http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=101

-----------------------------------------
月刊「第三文明」2009年9月号
 
【特別企画】政治とカネを問う 
 民主よ、お前もか! ~ 「政治とカネ」疑惑の数々 
 政治家はカネの流れについて徹底的に情報公開せよ  

 岩井奉信(日本大学法学部教授) 

http://www.daisanbunmei.co.jp/3rd/0909.html
-----------------------------------------
月刊「潮」2009年9月号 

政治資金制度の根幹を揺るがす鳩山代表の偽装献金
岩井奉信

http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=177

-----------------------------------------
月刊「潮」2010年3月号

【特集】
試練の鳩山政権
・「政治とカネ」どう説明責任を果たすのか 岩井奉信
 
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=190
-----------------------------------------
月刊「第三文明」2010年7月号

「政治とカネ」問題解決の近道は政党本位の政治 
 
岩井奉信

http://www.daisanbunmei.co.jp/3rd/1007.html
-----------------------------------------


ご存知のように、
JOCの副委員長は、日大の理事長さんで、
スタジアムを受注したのは大成建設です。


一般的な話というか、ヤクザが裏が動いている
みたいな記事は、文春だとか、左寄りの媒体で
書かれていたみたいですが、↓


 數土文夫
 ・東京電力HD 会長
 ・大成建設 取締役
 ・NHK前経営委員長
 ・兄はエスエス製薬名誉会長
 http://www.ullet.com/o69855.html


 東京医大と大成建設の450億円新病院建設工事疑惑
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39607

・豊洲新市場の工事で談合疑惑
 ・予定価格の6割増しで二回目の落札。
 ・予定価格に対する落札額の比率は99.7~99.9%。
 http://blogos.com/article/136861/



聖教新聞に出てくるゼネコン。^^


大成建設は、学会の会館も建てていますから、
当然と言えば当然なんですが。


日本のゼネコンと、田中派の政治家は、
血縁関係でつながっています。


小沢一郎の元嫁もそうです。


創価の会館とか、校舎は
だいたい竹中工務店みたいで、
東京五輪のメインアリーナも竹中なんですが、


新しいエンブレムをデザインした野老朝雄が
この竹中工務店と関係の深い人で、
父親の正昭さんは、1956年から1958年まで、
東京支店の設計部に勤務していたみたいですね。


金丸さん、竹下さん、小沢元嫁の実家、
西松建設、戸田建設、竹中工務店...。


竹下家 竹中工務店 
http://kingendaikeizu.net/seizi/takesita.htm


金丸家 竹下家 小沢家 福田組
http://kingendaikeizu.net/seizi/ozawaitirou.htm

鴻池祥肇 鴻池組 大林組
http://kingendaikeizu.net/seizi/kounoike.htm


木村義雄 鴻池組
http://kingendaikeizu.net/seizi/kimurayosio.htm



大成の本間さんとか、
戸田さんは、有名な学会員ですね。


鴻池家は、代々、日蓮宗。


金丸信の次男(信吾)の嫁は、
西松建設の杉本三吾元社長の娘です。↓


http://www.data-max.co.jp/2009/05/1_142.html


あと、こんなのも発見。↓


「子宮頸がん―経験したからこそ伝えたい」 仁科亜季子
( 潮出版社 )

http://www.usio.co.jp/html/books/shosai.php?book_cd=3193

「防災立国 命を守る国づくり」三橋貴明  ( 潮出版社 )
http://www.usio.co.jp/html/books/shosai.php?book_cd=3740


月刊「潮」2012年6月号
 三橋貴明 消費増税の前にまずデフレ脱却を。

月刊「潮」2012年10月号
【特集】 災害大国・日本の活路 
・ ≪短期集中連載≫「防災立国」のススメ① 三橋貴明
  今こそ求められる「ニューディール政策」。
http://www.usio.co.jp/html/usio/?mcd=257

月刊「潮」2012年11月号
【短期集中連載「防災立国」のススメ②】
「寿命」を迎えつつある日本のインフラ。 三橋貴明

月刊「潮」2012年12月号
【短期集中連載「防災立国」のススメ③】
長期にわたる「防災・減災」への取り組みが急務。  三橋貴明

月刊「潮」2013年1月号
【短期集中連載 「防災立国」のススメ④】
「防災・減災ニューディール」の真の経済効果とは何か。 三橋貴明

月刊「潮」2013年2月号
【短期集中連載 「防災立国」のススメ④】
国民が「豊かに、安全に暮らす」ために。 三橋貴明


こんなところにも。^^ ↓



 月刊「パンプキン」2013年4月号 
【BOOK】 古村比呂/三橋貴明
http://www.usio.co.jp/html/pumpkin/index.php?mcd=272



こんなのとか、↓


月刊「第三文明」2014年3月号
著者インタビュー 
『ゼロ ―なにもない自分に小さなイチを足していく』 堀江貴文 

【連載シリーズ対論】  若手論客に問う「日本のカタチ20」= 最終回
僕は「技術」で社会を変える。  堀江貴文 vs 田原総一朗 

こんなのも。^^ ↓


「愛知の未来をつくる」元厚生労働省参事官、48歳

「愛知から、明日をつくる即戦力。
「里見りゅうじ」が語る半生と、今後のビジョン!」
 
舛添要一氏(東京都知事) 、 大村秀章氏(愛知県知事)、
樋口恵子氏(東京家政大学名誉教授)、
駒崎弘樹氏(認定NPO法人「フローレンス」代表理事)
との、4本の豪華対談も掲載!
https://www.usio.co.jp/html/books/shosai.php?book_cd=3992



名古屋といえば、名古屋の旦那さんですね。^^
 

あとは、上杉さんとか、


月刊「第三文明」2012年6月号
◆著者インタビュー 上杉 隆 
『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』 

月刊「パンプキン」2007年11月号
安倍辞任は自民党の「終わりの始まり」か。上杉隆


パソナとか、↓



月刊「潮」2007年5月号 
新連載対談 文化と芸術の旅路。(饒 宗頤VS池田大作/司会孫 立川)
日本にいま必要なのは“エンカレッジ”の精神。(竹中平蔵VS南部靖之

月刊「潮」2003年11月号
[[特別企画] 
「日本再生」のシナリオ
雇用創出の場として「農業」に着目 南部靖之 

月刊「潮」2004年6月号 
インタビュー
「会社社会」から脱却を(南部靖之

月刊「パンプキン」2007年10月号 
「波瀾万丈のナポレオン」の魅力。(南部靖之VS 藤本ひとみ)
http://www.usio.co.jp/html/pumpkin/index.php?mcd=127

月刊「潮」2015年8月号 
【連載7】 トップの戦略
 農業が秘める可能性を開くために。   南部靖之 vs 大下英治



シメは増田さんで。^^ ↓



月刊「潮」2005年2月号 
連載対談 内館牧子の「今日もがぶり寄り!」38
公約を守る知事が挑む岩手の“あるものさがし”。 ゲスト(増田寛也) 


月刊「第三文明」2013年2月号
てい談 
福島の復興に政治が果たす役割 
増田寛也/室井照平/立谷秀清[司会]東村邦浩

月刊「潮」2015年4月号 
【特集】 地方再生の指標
・ ≪対談≫ 北川正恭 vs 増田寛也  「地方創生」の本筋を語る。


この人なら、八王子の予算を
取り戻してくれそうですね。^^


日本創成会議の座長だとかで、
あちこちで講演会を開いて、
「自治体の消滅を防ぐには、一刻も早く地方創生を!」
みたいなことをおっしゃっていたようで、
公明党の先生方も、ずいぶん前から
目をつけておられたようですね。^^


実績が売りの増田さんですが、
こんな情報もあるみたいですね。↓


都知事選出馬の増田寛也氏、
岩手県知事時代に「自殺率急増」データ
特に目立つのは現役世代の自殺

http://president.jp/articles/-/18572



あと、野村総合研究所の顧問をされていた件は、
読者の皆さんは説明不要ですね。^^
 


増田さんの嫁は、川崎製鉄元副社長の娘
http://kingendaikeizu.net/seizi/masudahiroya.htm



そして、大成建設の數土文夫さんは、
川崎製鉄の人で、相談役。
 
 

ホーム グロウン テロ ?

平成28年度 一般会計・各特別会計予算

 - [ 分割版 ] - [ 一般会計 ] - [ 歳出 ] - [ 民生費125 ]



[ 生活保護法による扶助 ] ( 八王子市 ) 

 ————————————————————————————————————-
    事業費         国庫支出金       都支出金
 ————————————————————————————————————-
 H28 199億 8,995万 8,000円 148億 6,394万 4,000円 -
 H27 195億 1,474万 3,000円 145億 8,892万 4,000円 -
 H26 200億 2,167万 0,000円 148億 5,751万 4,000円 9億 2,869万 7,000円
 ————————————————————————————————————-


・このほか、職員費は、

 H28 4億 8,585万円 ÷ 61.5 人 = 790万円
 H27 4億 6,373万円 ÷ 58.7 人 = 790万円


生活扶助を受けている延べ人数は、

 H28 13万 7,697 人 ( 65億 1,059万 0,000円 )  一人あたり 4万7282円
 H27 13万 9,110 人 ( 65億 7,740万 8,000円 )
 H26 14万 0,774 人 ( 66億 5,609万 4,000円 )
 H25 14万 3,972 人 ( 67億 8,697万 6,000円 )


住宅扶助を受けている世帯数は、

 H28 8万 1,706 世帯 ( 34億 9,260万 9,000円 ) 一人あたり 4万2746円
 H27 8万 2,117 世帯 ( 35億 1,016万 1,000円 )
 H26 8万 2,530 世帯 ( 35億 2,781万 5,000円 )
 H25 8万 3,361 世帯 ( 35億 8,058万 1,000円 )


医療扶助は、

 H28 23万 9,683 人 ( 91億 6,337万 3,000円 )  一人あたり 3万8231円
 H27 23万 8,490 人 ( 91億 1,778万 5,000円 )
 H26 23万 6,129 人 ( 90億 2,751万 5,000円 )
 H25 23万 7,953 人 ( 91億 0,363万 3,000円 )


八王子市総人口は、56万2,019人。( H28 )

http://www.city.hachioji.tokyo.jp/dbps_data/_material_/localhost/soshiki/shimin/shimin/2803nenreibetu.pdf


外国籍の人口は、9,277 人。( H24 )

 ・中国籍 3,891 人
 ・韓国籍 2,088 人
 ・フィリピン 1,084 人

http://www.city.hachioji.tokyo.jp/dbps_data/_material_/localhost/soshiki/kunibetu201206.pdf


世帯数は、26万 1,830世帯。 ( H28 )

http://www.city.hachioji.tokyo.jp/dbps_data/_material_/localhost/soshiki/shimin/shimin/28jinnkoutoukei/2806matibetu.pdf

———————————————

悪名高い大阪市と比較してみると、↓


 ・大阪市  約 268万人 生活保護費は 年間 約 2,900億円
 ・八王子市 約 56万人 生活保護費は 年間 約   200億円
 
———————————————
・生活保護の適正化 ( 大阪市 )

 保護世帯数 11万 7,401 世帯
 保護人数  14万 7,419 人

http://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/page/0000086801.html


・大阪市の総人口

 H26 268万 6,246 人


http://www.city.osaka.lg.jp/toshikeikaku/cmsfiles/contents/0000203/203035/H26-10-suikei-gaiyou.pdf


・大阪市の生活保護費

 H27 2,892億 8,457万 1,000円
 H28 2,882億 2,056万 9,000円


http://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/cmsfiles/contents/0000341/341041/ippanitiran(3).pdf

———————————————

ちょっと大阪市の金額のケタを間違えていましたが、
八王子市は、保護を受けている世帯、人口が多いものの、
一人あたりの金額は、かなり少ないみたいですね。


金額がなんかおかしいような気もするんですが。。
ともかく、市全体に占める割合が、かなり多いですね。


医療費が高いんですが、65歳以上の人は、約25%です。


それはそうと、東京都からの支出金が、
この2年ほど、出ていません。



舛添さんが「公明党」に見捨てられた、本当の理由 
都知事になった舛添さんは「三多摩軽視」
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1606/21/news046_4.html


ちなみに、国の一般会計占める割合はこちら。↓


http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2015pdf/20150302089.pdf


金額にして、年間 2兆 9,042億円くらいみたいですね。( H27 )


国庫負担金の多い都道府県ランキング
http://grading.jpn.org/y0512g04.html



それから、植松容疑者の現住所で、
事件現場になった施設のある相模原市ですが、
平成28年度の生活保護費は、約232億円のようです。( p.41 以降を参照 )


http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/022/641/h28_tousyo_yosan.pdf


歳出が、約2,577億円ですから、かなりの比率ですね。


人件費は、456億円で、全体の17.7%で、前年比1.8%の伸び。


職員の定数は、10人増えて、4,660人
 

平均年収は、978万 5,407円
 

扶助費は、798億円で、
前年比で48億円の増額。( +6.3% )
 


この「扶助費」というのは、生活困窮者や、高齢者、
児童、障害者に支給している支援金のことで、
次のようなことから、増えているようです。↓ ( p.44 )
 
 
 ・子ども・子育て支援。          ( + 約 28億円 )
 ・障害児者介護給付費など。   ( + 約 10億円 )
 ・障害児施設措置費、給付費。( + 約   6億円 ) 

 
ちなみに、相模原市の総人口は、
72万 2,174人で、31万 4,664世帯。( H28 )
 

http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/toukei/20998/index.html



八王子市のサイトには、全国平均との比較表があります。↓
 


http://www.city.hachioji.tokyo.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/032/691/27kyuuyoteiin.pdf

 

3ページ目には、公務員と民間の平均年収を比較したものがあり、
だいたい2倍くらいの差が開いていることがわかります。
  

それから、都支出金 (委託費) の中に、
障害者福祉費」というのがあるんですが、
前年度と比べて、44.2%も減っています。( p.98 )
 

 H27 1,775万 5,000円
 H26 3,184万 6,000円


支出金の合計額も、4.8%減っています。( p.84 )
 

 H27 260億 1,672万 2,000円
 H26 273億 3,874万 2,000円

http://www.city.hachioji.tokyo.jp/dbps_data/_material_/localhost/soshiki/zaiseika/H27yosan/H27yosansetumeisho/06sainyumeisai16.pdf

 
舛添さんの後釜として
創価学会が推薦したのは
物分かりの良さげな増田さん
それとも改革路線の小池さん


植松容疑者が、このタイミングで
事件を起こした意図は?


 → 植松聖のイレズミ写真。



無党派票が割れる中で、
文春の記事が強烈なストッパーに
なっているみたいですね。


内山さん関連の話は、
かなり前に書いた話なんですが、
ひみつのブログに書いてあります。


みなさん、15 ÷3はいくつですか?
 
続きを読む

都知事選2016の備忘録


「週刊文春」が、鳥越さんのむかし話を書いていて、
まあ、これについては、ご存知な方も多いと思いますので、
割愛してしまうんですが、


逆に、鳥越さん推しの「日刊ゲンダイ」は、
小池さんについての話を書いていますね。↓


-------------------------
 (1) 小池百合子氏の政治資金 使い道はあの“号泣県議”ソックリ
 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/186204

 (2) 小池百合子氏「裏金疑惑」 都議補選に出馬“元秘書”の正体
 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/186324

 (3) 櫻井翔とは同級生 東京10区補選に中曽根“3代目”が急浮上
 https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-334871/

 (4) 小池百合子氏のコミケ応援宣言が波紋 本当に「漫画表現」は守られるのか
 http://www.j-cast.com/2016/07/18272776.html
 
 (5)【東京都知事選】小池百合子氏、創価学会婦人部と親交あり『学会票』に期待か
 https://news.nifty.com/article/magazine/12107-20160720-2016071900225/
-------------------------

まあ、鳥越さんと文春とは、
政治思想でいうと、似たような立ち位置というか、
それほど関係が悪いわけはないと思うんですが、^^


文春は、与党側ですから、
野党側の候補である鳥貴族さんを攻撃するのは、
自然なことなのかもしれませんけどね。


小池さんは、外国人参政権反対していたり、
アベノミクス 」を推進していますから、
与党寄りの人たちの中でも、
いわゆる「 ハト派 」の皆さんからは
あまりよく思われていないような感じは受けました。


有権者の関心事としては、
オリンピックのスタジアムだとか、デザインだとか、
都民のニーズをガン無視して推し進められている
いろいろな公共事業を見直してほしい、というのと、


都民税を安くしてほしい、
もっとくらしやすくしてほしい
というのだとかがあると思うんですが、


だいたんに変えるためには、
今までにない感じの都知事が必要だということで、
ちょっと頼りなさそうだけど、
鳥越さんにしてみょうかなーとか、


いやでも、
猪瀬さんが徳洲会からの借入金の問題で辞任してしまったことや、
舛添さんが媚韓派で、公明党と親密だったことなどから、
鳥越さんだとうまく言い含められて、同じようなことに
なってしまうからダメだとか、


今回はどの候補を推したものか、
決めかねている方が多いようです。


そんな中で、これもまた妨害工作なのか、
野党側寄りの「週刊朝日」から、
創価学会の婦人部が、小池さんに付くのではないか、
といううわさが、出てきているみたいですね。


どの候補にしても、関係性がないわけでは
ないと思うんですけどね。


相関図を書いてみた感じだと、
小沢一郎とか、創価学会と 
つながってしまうんですよね。


もちろん、高橋@電通スポーツが仕切っているという
オリンピックの話だとかもそうで、


今回も、この辺りの関係が
キーポイントになりそうです。


猪瀬さんについては、
徳洲会と創価学会とが奄美大島の選挙で
仲がいいらしいということと、
月刊「潮」の常連だった、というのがあります。↓


 http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/1066.jpg

 http://blog-imgs-59.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20130529081832415.jpg


月刊「潮」2004年1月号
インタビュー
いま語る!道路公団民営化の攻防1000日
猪瀬直樹 蟹瀬誠一)
https://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=23
 
月刊「潮」2005年7月号
[座談会]農業再生で日本は豊かになる。
猪瀬直樹VS南部靖之VS西山周VS林良博)
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=59

月刊「潮」2005年10月号 
特集「9・11総選挙」の争点を問う。
「改革」を失速させてはならない。(猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=65 

月刊「潮」2006年3月号 
[対談]日本改革へ、次の一手とは。(竹中平蔵VS猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=87

月刊「第三文明」2007年8月号
【 Interview 】年金記録漏れ問題の真犯人は誰か 猪瀬直樹 
http://www.daisanbunmei.co.jp/3rd/0708.html

月刊「潮」2007年12月号
特別企画食の安全
肥大する「食の欲望」への警鐘。(猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=131
 
月刊「潮」2008年4月号
特別企画「官僚たち」の迷宮
「官僚主権」の構図をどう変えるか。(猪瀬直樹VS佐藤優)
https://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=140

月刊「潮」2008年6月号 
●特集 混迷の日本政治
民主党の政策は「人気取り」でしかない。(猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=144

月刊「潮」2008年8月号
特集「洞爺湖サミット」
世界は「環境競争」の時代に入った。(猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=148

潮 2009年2月号
霞が関を解体し地方分権を進めよ。(猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=160

月刊「潮」2009年7月号 
特集 東京の発信力
「東京発」で日本を変える。(猪瀬直樹
都議会公明党は「福祉の東京」の推進力。(青山佾)
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=173


月刊「潮」2010年1月号 
「官から民へ」の改革を止めてはならない 猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=186
 
月刊「潮」2010年6月号
【特集】 絶体絶命の鳩山政権
・高速道路「無料化」が「値上げ」の愚策を糺す。  猪瀬直樹
https://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=197
 
月刊「潮」2010年7月号
 対談
・「人間」の視点で時代をとらえる〝迫力と斬新さ〟が真骨頂。    
田原 総一朗 vs 猪瀬 直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=199

猪瀬直樹の仕事力」( 2011年01月20日 潮出版社 )
http://www.usio.co.jp/html/books/shosai.php?book_cd=3004

月刊「潮」2011年3月号 
「言語力」こそグローバル時代を生きぬく力。 猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=217

月刊「パンプキン」2011年4月号 
【インタビュー】
猪瀬直樹(作家・東京都副知事
解決法は必ずある。そう決めて、道筋を探ってきた
http://www.usio.co.jp/html/pumpkin/index.php?mcd=220 

月刊「潮」2011年7月号 
【特別企画】「危機」のリーダーシップ
猪瀬直樹  リーダーシップとは「言葉の力」。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=225
 
月刊「潮」2011年11月号 
【特別企画】「政治」の責任
・〈対談〉猪瀬直樹 vs 山口那津男 今こそ決断と実行の政治を。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=234


月刊「潮」2012年5月号
【特集】「大震災」に備える
猪瀬直樹 「首都圏直下型地震」に東京都はこう立ち向かう。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=246

月刊「潮」2012年6月号
【特別企画】 時代のキーパーソン
・ ≪新連載対談≫ 日本を変える次世代の旗手たち❶
猪瀬直樹 vs 西條剛央  日本最大級のボランティア組織をつくる。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=248

月刊「潮」2012年7月号
【新連載対談】  日本を変える次世代の旗手たち❷
一万五〇〇〇人の〝交流の場〟をシブヤに創る。 猪瀬直樹 vs 左京泰明
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=251


月刊「潮」2012年8月号
【連載対談】日本を変える次世代の旗手たち❸
日本の「保育」改善への挑戦。  猪瀬直樹 vs 駒崎弘樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=253

 
月刊「潮」2012年9月号
【連載対談】 日本を変える次世代の旗手たち❹
自殺を減らすモデルケースをつくる。  猪瀬直樹 vs 清水康之
 http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=255

月刊「潮」2012年10月号
【連載対談】 日本を変える次世代の旗手たち❺
暮らしに密着した「振動力発電」の未来。 猪瀬直樹 vs 速水浩平
http://www.usio.co.jp/html/usio/?mcd=257

 
月刊「潮」2012年11月号
【連載対談 日本を変える次世代の旗手たち⑥】
若者の雇用を守るニート支援の最前線。 猪瀬直樹 vs 工藤 啓
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=259
 
月刊「潮」2012年12月号
≪連載対談 日本を変える次世代の旗手たち⑦≫ 猪瀬直樹 vs 加藤貞顕 
  『もしドラ』仕掛け人がウェブ市場に打つ「次の一手」。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=262

月刊「潮」2013年1月号
【連載対談 日本を変える次世代の旗手たち⑧】 猪瀬直樹 vs 佐渡島庸平
日本の小説やマンガを海外に輸出するエージェントへの挑戦。
 http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=264

月刊「潮」2013年2月号 
【特別寄稿】 猪瀬直樹 「東京」から日本を変える。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=266
 
月刊「潮」2013年3月号
 【連載】  日本を変える次世代の旗手たち⑨
貧困のない世界を創る「エシカル・ジュエリー」の挑戦。
猪瀬直樹 vs 白木夏子
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=268

月刊「潮」2013年5月号 
【連載 日本を変える次世代の旗手たち】 猪瀬直樹 vs 高島宏平
生産者と消費者をつなぐ商品の「ストーリー」。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=273

月刊「潮」2013年6月号 
【連載 日本を変える次世代の旗手たち12】 猪瀬直樹 vs 幅 允孝
本と人を結びつける「ブックディレクター」の仕事。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=276


月刊「潮」2013年7月号
【連載 日本を変える次世代の旗手たち13】 猪瀬直樹 vs 菊川 穣
音楽の力で被災地の子どもに希望を。
 http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=278


月刊「潮」2013年8月号 
【連載 日本を変える次世代の旗手たち14】 西辻一真 vs 猪瀬直樹
家庭菜園の全国展開で農業再生へ。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=281
 
月刊「潮」2013年9月号
【連載 日本を変える次世代の旗手たち15】 税所篤快 vs 猪瀬直樹
世界の貧困地帯に「予備校事業」を輸出する。
 http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=284


月刊「潮」2013年11月号
【特別寄稿】 猪瀬直樹
二〇二〇年東京五輪    勝利のカギはどこにあったか。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=290


月刊「潮」2013年12月号
【連載対談】 日本を変える次世代の旗手たち
AR=拡張現実」が書き換える未来地図。 川田十夢 vs 猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=293


月刊「潮」2014年1月号  
【連載対談】  日本を変える次世代の旗手たち
日本の伝統「能」を世界に発信していきたい。  塩津圭介 vs 猪瀬直樹


 一水会でつながる徳洲会猪瀬直樹、そして創価学会。↓
 http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-536f.html


 以上をまとめたものがこちら↓
 http://www.twitlonger.com/show/n_1sousri



舛添さんはこちら。↓


 「日本復活のカギは「地域」の再生にあり」 舛添要一 (「潮」2010年4月号 )
 http://livedoor.blogimg.jp/the_radical_right/imgs/1/f/1f1850e7.jpg

 「障害者をもつ人を「納税者」に」 (「潮」2001年8月号 )
 http://www.prop.or.jp/news/clip/2001_12/200108ushio.html

 舛添雅美「(窪田) 知子さんと私たち夫婦は、
      長年家族ぐるみのおつきあいです。」
 http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/image-12160263985-13645752908.html


なんか、火消しに躍起みたいなんですが、
そもそも、舛添さんは、実質的に
公明党が推してきた候補だったみたいですね。


自民党は、さいしょは
下村博文さんを推していたようなんですが、
「右すぎる」と、難癖をつけられたため、
舛添さんに決まったらしいんですよね。

ちなみに、前回の選挙の時には、
「創価学会は、脱原発とか言ってるから、
 実は、細川候補を支援するつもりなのではないか。」
とかいう記事もありましたね。↓


 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/f5/7e1482a8f71563a537d030a58986f47c.jpg


原発事故からこっちの都知事選では、
脱原発」というのが、大きな争点となっていて、
「細川さんは、票を割るために出てきたんじゃないか。」とか、
そんな話もありましたね。


創価と関係の深い松下政経塾系の
細川チルドレンの皆さんも支援していたとか
そんな話もありましたが、


史上三番目の低投票率にも支えられて、
けっきょく、舛添さんが当選したんですよね。
 

猪瀬さんは、内田(茂)さんが原因みたいなことを
書いていたみたいなんですけど、


無駄遣いだとかについて言うと、
舛添さんないし、舛添さん夫婦の問題だと
思ってしまうんですけどね。
 

ちなみに、舛添さんは、実姉の生活保護の
扶養義務を放棄されています。


都政と創価学会についてはこちら。↓

「情と理 後藤田正晴 回顧録 [ 下 ]」

http://www.twitlonger.com/show/n_1souffq


その他にも小池陣営には、
いろんな人たちが応援に入っているようで、
石破派若狭勝さん、やはり田中派系で、
麻生さんと仲のいい笹川堯さん
それから、小泉さんも、
石原(伸晃)さんの締め付けには
やりすぎだみたいなことを
おっしゃっているみたいですね。 


 小池百合子氏に自民援軍 都連の締め付け崩壊状態
 http://www.nikkansports.com/general/news/1684156.html


 
まあ、そんなこともあって、
枝野さんが、この辺りの疑惑を
利用しょうとしているみたいですね。↓


 民進・枝野幸男幹事長「自民とケンカのふりして、
 無党派の票取ろうとしている!」 小池百合子氏を猛批判

 http://www.sankei.com/politics/news/160725/plt1607250049-n1.html


決め手には欠けるものの、
なんとなく出来すぎている感じも
しなくはないというか、
どうなんでしょうね。
 

オリンピックといえば、六代目さんの話が前からあって、
内山さんの後ろ盾だといわれている五代目さん系の人たちとは、
対立関係にあったと思うんですけどね。
  


-----------------------------------------

 ほか企業人ではこの時点で
大成建設社長の本間嘉平
 戸田建設社長の戸田順之助、富士急行社長の堀内光雄の名前が挙がっている。

 富士急行は創価学会が大石寺へ参拝する際に使うバスの契約を結んでいた企業であり、
 後に自民党の衆院議員となる堀内に関しては純粋に信仰が目的の入信だったかどうかは不明である。
 
-----------------------------------------


 新国立競技場:菅官房長官の息子が大成建設
  
http://www.nikaidou.com/archives/71415

-----------------------------------------


堀内さんについてはこちら。↓
 

http://kingendaikeizu.net/seizi/horiutimituo.htm


 
それと、「潮」つながりで、こんなのも発見。↓
 

-----------------------------------------
 月刊「潮」2005年1月号 定価637円/毎月5日発売
 
  石川光久  ハリウッドに挑むアニメの革命児。
  井上雄彦  圧倒的な画力で一億冊を売る男。
-----------------------------------------
 <強盗容疑>週刊ヤングジャンプ編集長を逮捕 運転手に暴行 

  嶋容疑者は「週刊少年ジャンプ」編集者として  
  人気漫画「スラムダンク」などを担当したこともある。 
 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00000034-mai-soci 
-----------------------------------------
 京アニの創価CM 

 https://www.youtube.com/watch?v=Azky373SH5w
-----------------------------------------

井上さんといえば、トレス疑惑が発覚して、
そのあと、井上さんのコマを、
今度は、某人気漫画家がトレスして、

みたいなことがあったような。^^
 
 
-----------------------------------------

 西崎氏を語る上で、創価学会との関わりは避けては通れない。 
 
 西崎氏は虫プロ商事や自分の会社を経営するかたわら、学会の事業にも大きく貢献していた。 

 というか、当時の西崎氏の一番の稼ぎ先は、創価学会だったのかもしれない。 

 (中略) 

 1973年西崎氏39歳の年、彼はアニメ製作会社、瑞鷹エンタープライズの役員となった。 
 
 瑞鷹エンタープライズは、ヤマトが視聴率で惨敗した要因とされる裏番組、 
 「アルプスの少女ハイジ」を製作した会社(ズイヨー映像)である。 
 
-----------------------------------------
 
  瑞鷹エンタープライズには手塚治虫のマネージャーを務めた西崎義展が在籍し、
 『ワンサくん』『宇宙戦艦ヤマト』を企画した。

  『アルプスの少女ハイジ』の企画構想が進む
 (すでにTCJ制作時のパイロットフィルムが存在)。 

  1973年、アニメ制作部門としてズイヨー映像を設ける。 

  この時高畑勲・小田部羊一・宮崎駿らが加わる。 

  この時代のアニメ制作作品として『山ねずみロッキーチャック』(1973年1月-1973年12月) 
 『アルプスの少女ハイジ』(1974年1月 - 12月)がある。 
 
-----------------------------------------

 「宇宙戦艦ヤマト」とともに生きた 西崎義展さんの波乱万丈人生 

 「ヤマトがあったから僕はアニメを見続けることができた。」by 庵野秀明 
 
-----------------------------------------
 「愛国戦隊 大日本 」

 
https://www.youtube.com/watch?v=1ZvGJY3mvl4
----------------------------------------- 


ちなみに、東映を作った五島慶太は、
学会員みたいですね。



東映動画は、日本のアニメ産業の源流で、
テレ朝とも、むかしから親密で、
現在は子会社だったはず。


バーニング幻冬舎早河洋会長の話は、
何年か前に書いた通りです。



それはとかく、田舎には仕事がないので、
市議会くらいなら、引っ越し作戦などを使えば、
カンタンに制圧できる状態にあります。
 



そして、議会は、行政機関の予算権を持っています 



しかし、地方財政は、みなさんご存知の通りで、
  

地方への税源移譲だとか、自治体の権限の拡大は、 

是が非でも実現したいんじゃないでしょうかね。



あとまあ、鳥越さんの話ですが、
弘中弁護士は、小沢一郎の顧問弁護士で、
武富士の弁護をした人なんですよね。


-----------------------------

  武富士は、株式店頭公開の準備で、元大蔵省銀行局長を監査役に迎えました。 

 警察からも、元警視総監が顧問に入っています。 


 公開すれば高値をつけると見られていた同社の未公開株が、 

 元銀行局長、元警視総監のほか、小川新一郎元公明党衆院議員、 

 元大蔵省関税局長、日本テレビ専務、経済評論家らに渡りました。 


  武富士は、監督官庁の旧大蔵省や証券会社幹部を何人も役員に迎えました。 


 現在の副会長は元大蔵省印刷局長、社長は 

 主幹事証券の野村證券元専務です。 

 
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-12-04/03_01.html

-----------------------------

 2005年4月19日の毎日新聞によると、
 大森氏は 週刊朝日の編集長だった同年、
 連載記事への編集協力費として
 武富士から5000万円を受け取った件で、
 停職2ヶ月と降格の処分を受けた。

 http://ftp.tanteifile.com/newswatch/2008/05/15_01/index.html

-----------------------------


津田さんによると、↓


 
-----------------------------

 小沢氏と同年代を生きた代表的なテレビ局社員でいえば、 

 元フジテレビプロデューサーの澤雄二氏(公明党元参議院議員)がいます。 


 フジテレビ入社後、報道局政治部などに在籍し、 

 プロデューサーとして「スーパータイム」「報道2001」などを立ち上げます。 


 「報道2001」では小沢氏を頻繁に出演させました。 


 93年には報道センター編集長に就任します。 


 しかし、00年代に入ると、国際局次長を務めたあとに、 

 03年には公明党からの出馬要請を受け、フジテレビを退職するのです。 


 04年7月の参議院議員選挙に東京選挙区から公明党公認で立候補しますが、 

 「議員任期中に66歳を超えない」という理由で10年に引退しています。 


 このように、同時代のメディア関係者が第一線から退きつつあるために
 バッシングが強まったのでしょう。 


 http://tsuda.ru/tsudamag/2013/04/2442/ 

-----------------------------


舛添さんを一躍有名人にしたあの番組も、↓


-----------------------------

 「転がる石はダイヤモンド」
田原 敦子 (著)  出版社:  第三文明社 (2004/01) 
 

 https://www.amazon.co.jp/転がる石はダイヤモンド-田原-敦子/dp/4476032605

-----------------------------

 1998年 1月 (株)三和銀行(現㈱三菱東京UFJ銀行)と 

 EBシステム「SANLINE Xtra(現U-LINE Xtra)」を共同開発 
 

 http://www.obc.co.jp/corporate/outline/history/ 

-----------------------------

 広告は創価学会系の出版社などの広告が多いのは当然だが、 

 他の一般紙に広告を出しているような企業・団体の広告も多い。 


 また毎月1日付の題字下は一般全国紙と同様三菱UFJフィナンシャル・グループの広告が 

 三和銀行時代からの流れで掲載されている。
 

-----------------------------

 「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。 

 今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから 

 反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか」 

  
https://ja.wikipedia.org/wiki/椿事件

-----------------------------
 これからの税務行政は租税正義をめざせ 


 飯塚 

 たしかに、TKCのメンバーの60パーセントは元国税職員ですよ。 

 中には税務署長をしていた人だっておる。 

 しかし、国税庁OBというのは実によく勉強しているから……。 


 矢澤先日あるOBに会ったら、 

 TKCのソフトと研修活動をとくに高く評価しておりましたね。 

  
http://dr.takeshi-iizuka.jp/message/v198301-03.html

-----------------------------


それから、田母神さんの事件でも、
小沢一郎関連の人が登場してましたね。↓


-----------------------------

 流れを見ればお分かり頂けるかと思いますが、決してあちこちを渡り歩いたのではなく、
 

 ずっと一貫して旧田中派・竹下派の流れの「小沢派」だったという事です。 


 この「一貫して小沢派であった」こともポイントです。 


 そしてこの田村参議が、世間の話題となったのがあの「山田洋行」事件ですね。 
 

 http://twitter777.blog.so-net.ne.jp/2016-04-14-2 

-----------------------------

三井環が、ヤクザ絡みで逮捕されたときは、
「鳥越さんに裏金の話をリークしょうとしたから逮捕された」
みたいな話で、


村木厚子が、「凛の会」の事件で逮捕された時も、
検察による証拠改ざん事件が発覚して検察批判が高まり、
小沢無罪」の皆さんが歓喜したり、


小沢一郎は、検察によって何度も不起訴になるんですが、
検察の調べあまりにずさんだったために、
第五検察審査会から強制起訴されるも、
けっきょく証拠不十分で無罪になってしまいました。


-----------------------------
村木厚子 


 20137月から20159月まで厚生労働事務次官を務めた。 
 

 2016年から伊藤忠商事取締役及び大阪大学男女協働推進センター招へい教授。 


 逮捕時に舛添要一厚生労働大臣(当時)は 

 「大変有能な局長で省内の期待を集めていた。 

  同じように働く女性にとっても希望の星だった」と、 

 容疑者となった村木に、賛辞ともとれる異例のコメントを発表した
----------------------------- 

 公共事業を食い物に 小沢氏疑惑の核心

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-01-30/2010013007_01_0.html

----------------------------- 

森さんに関して言うと、森さんが総理総裁に選ばれる直前に、
話し合いが持たれたという話が、党の関係者の話として、
『噂の真相』( 2000年 7月号 ) で書かれていたみたいですね。
 

あとまあ、娘婿のIT会社の資本関係とかもありますね。


小沢一郎や、矢野絢也さんと仲のいい山口敏夫候補も、
「内田が黒幕」みたいな話をされていますが、


 電通スポーツの高橋 - EIEの高橋 - ギルマークHD

 オメガプロジェクトHD - シャボテン公園の三色旗

あたりでググれば、わかりそうな話です。


それと、山口さんが逮捕された時、一社だけ
独占密着取材を許された放送局がありました。


田中派の御用新聞とやゆされ、
聖教新聞の「貸し刷り」で有名な
毎日新聞の系列局、TBSです。↓


https://www.youtube.com/watch?v=yCY0LGgtHhU



創価学会が、どうしてこんなに力を入れているのか、というと、
それは、学会の本部東京都内にあるからなんです。
 

文化庁については、そのうち書きます。
 

楽しい人々の名前を書き連ねてみる その2

Harunori Takahashi (off) ★
ISL LTD.
TORU MASUZAWA (off) ★
YASUMITSU SHIGETA ★
SHIGETA Naho
Takeo Tamara (off)
TOEI SANGYO CO., LIMITED
TOEI ANIMATION ENTERPRISES LIMITED (off) ★ 
Tatsunoko Holdings Company Limited (off) ★ 
KONAMI CORPORATION LIMITED★
IDEAWORKS ANIMATION INC. (off) 
GAME ON (HOLDINGS) LTD. 
LCA Producciones Holding, Corp.
LCA Producciones Panama, Inc.
Renaissance 割愛。★
Venture Link International Ltd (off) ★
AXAM INVESTMENTS LIMITED ★
AMMS INTERNATIONAL LIMITED ★ 
Axis 割愛。★ 
ITX Limited ★ 
Kazuhiro ASAKAWA★ 
ASAKAWA Futoshi(off) 
Tabata, Nobuyuki (off)
Nobuyuki HAYASHI (off)
Arita Translation Ltd.
ARITA TRANSLATIONS LTD.
ARITA FOUNDATION 
Eie International Limited (off) ★
Ryuji Ishii
Toshinobu Kijima (off)
Koike Shoko (off)
NAOHISA TOMOSUGI
Hikita Akihiro (off)
KOJI IZUMI あと割愛。
Akira Suda (off)
TAKEYOSHI OMORI
DENTSU SECURITIES INC.★
YAMATO Fumiaki (off)
YOSHIFUMI TAKEDA
IKUO ITO
TAKEDA YOSHIFUMI
KENTARO MATSUDA (off)
KITAGAWA Kazuya (off)
Ishimura Akira (off)
USUDA Kayoko (off)
JAL Leasing Co., Ltd (off) ★
KEIKYO HARIBAYASHI (off)
OTSU Masami (off)
KOSAKA Yasunori (off)
Japan Fujita Materials Industry Co., Ltd
JAPAN FUJITA LTD.
YOSHIHITO KIKUGAWA (off)
SHINSEI KIKUGAWA (off)
KOHEI KIKUGAWA (off)
JCom Limited (off) ★
FUKUI Masayuki (off)
FUKUI Hideaki (off)
Musashi Investments Corp.
FORTRESS INVESTMENTS S.A.★
FORTRESS INVESTMENTS AND PARTICIPATIONS LTD.
AOSHIMA SHINEI INC.
KIYOTSUGU KAWASAKI
Katsuhisa KAWASAKI (off)
Isamu Kawasaki (off)
NGI HOLDINGS LTD.★
KANEKO HOLDING INC.
INDEX COMPANY CORP.
YUASA TRADING CO., LTD.
Minerva Fiduciary Services (Mauritus) Limitd as trustees of the Mori Trust ★
GONZO LIMITED
GDH Limited (off)
YOSHIHISA UENO
Noboru Ueno (off)
Ueno Toshihito (off)
NAKAYAMA CHIKEI あと割愛。
Willcom Corp.★
GMO Global Limited ★
Matsunaga Yoshiyuki (off)
KOMIYA SHOSHIN
MASAZUMI KOMIYA
EBINUMA YUSUKE
Yoshinobu Iwasaki (off)
Kazutoshi Hida (off)
MOGI YOSEI
ITOCHU TRADING LTD.★
Itochu Ltd (off)
YASUDA FINANCE CORPORATION ★
Yasuda Tsucho Limited (off)
KYOEYI DENSO LIMITED
CANON CORPORATION
CANON Electronics Inc. (off)
CANON HOLDINGS LIMITED (off) あと割愛。
OZAKI SHIGERU
Hiroyuki Ozaki
TOTO UNICORP LTD
Toto International Limited
SOJITZ CORPORATION ★
Nissho Iwai Corporation (off) ★
Nissho Iwai Hong Kong Corporation Limited (off) ★
Xinhua Investments (China) Limited
Akiyoshi KUBOTA (off)
Kubota Hideyuki (off)
Kubota Katsuaki (off)
KUNIO MASUDA
MASUDA KAZUKO
MASUDA Takahiro (off)
OZAWA HIROMI
GOTA UESHIMA
Makoto Yanase (off)
YANASE Tomoharui (off)
Hiroyuki SHIMADA (off)
Yokota, Tomoe (off)
TOP GEAR INVESTMENTS LTD.★
Noriyuki NAKAZAWA (off)
Shinsuke Nakazawa (off)
Noriyuki NAKAZAWA (off) 
HIKARI TRADING LTD. 
HIKARI HOLDINGS S.A. 
HIKARI BULK CARRIERS LIMITED 
Atsushi Hoshino 
Hashing Maseru (off) 
Tatsuya Hoshino (off) 
Masaru Sasaki 
Maseru Morimoto 
MASARU ITSUKAICHI 
Hoshino Masaru (off) 
Masaru Wada (off) 
AOKI MASARU (off) 
Maseru Yamamoto (off) 
SUMITA MASATOSHI (off) 
justice割愛。 
peace割愛。 
MEDIA WORKS LIMITED (off)★ 
Hirokazu HIGUCHI (off) 
TKC LAWYERS ★ 
ANIMA S.A. ANIMA INTERNATIONAL LIMITED (off) 
TBS Universal Ltd. 
Accenture International Limited (off) 
Iida Shinichi (off) 
Kazuhiro Fujimoto (off) 
TANAKA FINANCE CORPORATION あと割愛。 
Kento Yoshinaga 
Stanley割愛。 
AMANA CONSULTING & PROJECT DEVELOPMENT INC. 
AMANA INVESTMENT COMPANY LIMITED 
AMANA PARTNERS INC. 
AMANA CONSULTANTS LIMITED 
YAHAGI Tetsuya (off) 
Nishikawa Associates Co., Ltd. (off) 
Kazuhiro Aoyagi (off) 
Hitoshi ANRAKU 
Nissan Property Holdings UK Ltd. 
Nissan Holdings Ltd ★ 
NISSAN SHOJI CO. LTD. 
Shinsei Bank, Limited (off) ★ 
MONEX HOLDINGS S. A.あと割愛。★ 
TEPCO LIMITED★ 
TEPCO INVESTMENTS LTD.★ Shirai, Tsuneo
Ichiro YAMANAKA
SHOWA STAINLESS INDUSTRY LIMITED (off)
SHOWA TRADING CO., LTD. (off)
SHOWA GROUP HOLDINGS LIMITED (off)
BBH INTERNATIONAL LTD.
FIDELITY INVESTMENTS LIMITED
TIS HOLDING INTERNATIONAL LTD ★
Tetsuya Sawada (off)
UENISHI HIROMI
NOGUCHI TOSHIO
JUPITER INVESTMENTS INTERNATIONAL LIMITED ★
FURUTA TOYOSHI
Yoshihiko Furuta (off)
SANKYO TECHNOLOGY CO., LTD.
Sankyo Instrumentation, Ltd (off)
Kaifu Group International Limited (off)
Niko Sada (off)
Toshitake Suzuki (off) Mitsui O.S.K. Lines, Limited
HIROSHI ONO (off)
AIDA Investments Global Ltd.
AIDA LIMITED
AIDA CORPORATION
FUNDACIÓN AIDA
Honda International Ltd.(off)
Yoshiaki Honda (off)
Honda Printing Holdings Ltd.(off)
Tomohiko Nagase (off)
KANAKO TAKANO
MANDA TRADING LIMITED
MANDA LIMITED
Manda Investments Group Ltd. (off)
NAGARA DEVELOPMENT CORPORATION
Nagara Oversea Holdings Ltd. (off)
Yanagawa International Corp. (off)
Hiruta Masashi(off)
HANNAN HOLDINGS S.A.★
Takuya Hashiguchi (off)
TOGO CORPORATION
Togo Management S.A.
TOGO Bottling Company Limited
Katsu World Co., Ltd
SUENO AKIYOSHI
Akiyoshi KUBOTA (off)
Maseru Morimoto
Toshiba Morimoto (off)
Chiharu Morimoto (off)
SANKO GROUP LTD.
Sanko Electronics Co., Ltd. (off)
NAITO SHINSEI
SHINSEI KIKUGAWA
Hiroko KATAYAMA (off)
Isamu Sakakibara (off)
TAKAMATSU INVESTMENTS LIMITED
ALFEX GROUP LTD.
Bayview International Ltd.
State Street Financial Ltd. (off)
State Street Partners Inc. (off)
Sankei Bussan Company Limited (off)
KASAI INVESTMENT CORP.
Keizo Ikeda
KATSUAKI MATSUSHIMA
MUTSUHIRO HASHIMOTO
Kenichi Dobashi(off)
HAYASHI KENZO (off)
Shigetoshi Sato (off)
SUZUKI MAYU
NIKKO CORDIAL LIMITED ★ あと割愛。
PARK INC. p-ark?
MEIWA SHOJI CO., LIMITED
Oikawa Hirofumi (off)
KITA CORPORATION
KITA LIMITED
NAGAOKA ENTERPRISES HOLDINGS CO., LTD (off)
SUGA NETWORKS INVESTMENT LIMITED (off)
Suga Research Ltd. (off)
ENO CAPITAL LTD.
NAKAYAMA CHIKEI
SORYU NAKAYAMA(off)
Nakayama Takeshi, Nakaya Setsu & Nakay Yoshifumi as joint tenants(off)
Nakayama Takeshi(off)
MATSUDA MASUMI
MATSUDA MASUO
MATSUDA Daiju
KENTARO MATSUDA(off)
MATSUDA, MINORU(off)
Kenji Matsuda(off)
Katsutake Matsuda(off)
MATSUDA Mikihiko(off)
FURUKAWA HIROSHI
Furukawa Ryoji (off)
Yuri Furukawa (off)
Harvest Investment Management Corporation (off) 
Harvest Investment International Corp. (off) 
KOYAMA Mitsuru(off) NISHIO KAZUMI (off) 
YAMANA LIMITED 
YAMAUCHI KAZUHIKO 
Yasuo Yamaguchi (off) 
YAMAUCHI Shigeya(off) 
Tabata, Nobuyuki(off) 
Nobuyuki HAYASHI(off) 
Iijima Katsumi (off) 
YASUHIKO ONO 
SUZUYO KUWAHARA 
FUKUHARA SHINGEN (off) 
Novartis International Holding Limited ★ 
UCHIDA YUSUKE Taiwan Shiseido Co. Ltd.(off) ★ 
DHC URUGUAY S.A ★ 
Minako Wakayama (off) 
Aozora Partners Ltd.
SECOM SCIENCE AND TECHNOLOGY FOUNDATION ★
Taiwan Secom Co., Ltd 
Nippon Paper Industries Co., Ltd. (off)
Japan Petroleum Exploration Co. Ltd. (off)
Dream Incubator Inc.(off) ★
Dai Nippon Printing Co., Ltd (off)
SUMITOMO METAL INDUSTRIES LTD (off) ★
SUMITOMO PROPERTIES LIMITED ★
SUMITOMO FORESTRY LTD. ★
Komatsu Investments Limited (off) ★
Kao Corporation (off) ★
Tokio Marine Holdings, Inc (off) ★
Mitsubishi Corporation (off)★
TOYO ENGINEERING CORPORATION
Marubeni Corporation (off)★
Yoshikazu SEKI (off)
Masahiro Seki(off)
TAKAGI SHINICHI
Takagi Hiroyuki (off)
OMURA HOLDING INC.
KENKICHI NAKANISHI
Hiroshi Nakanishi(off)
HIRODHI NAKANISHI(off)
Yutaka Nakanishi(off)
NAKANISHI Takamoto(off)
OKAMURA KEIKO (off)
Pentax Alliance Ltd. (off) ★
Shigeo Matsui (off)
Takaaki Kawashima (off)
OSAWA, YUKO あと割愛。
Osawa Toshiya, Osawa Takahiro and Osawa Yoshimi (off)
Otsuka Shuichi (off)
Kazoo Otsuka (off)
Jun Otsuka (off)
OKUBO KEN ???? (off)
SHIMIZU TATSUYA
Tommie Shimizu (off)
SHIMIZU SEIZO (off)
Elpida Holdings Ltd.
ELPIDA CAPITAL LTD.
TANAKA YASUYOSHI
HISADA YOSHIMI
KATSUAKI MATSUSHIMA
NAKAJIMA TRADING CO., LTD
NAGAMOTO Shinji (off)
SHIMURA MIEKO
Kaki SHIMURA (off)
Mike NAKANE (off)
Yoshi Nakane (off)
Akio NAKANE (off)
Takao NAKANE (off)
CHIZUKO IWASAKI
Yoshinobu Iwasaki (off)
Iwasaki Kazu, Iwasaki Mieko and Iwasaki Yukio (off)
ORINO CORP. (off)
Yoshiko Nagao (off)
Akin Nagao (off)
KITANO TAKAHIRO
Akiko Makino
Shinsuke Kataoka (off) 
SASAGO YOSHIMITSU (off)
Yoshimura Holding Ltd.(off)
Asada Shinji (off)
Shindo Sumidomo (off)
Speed net Limited (off) ★
SUMIDA FAITH ENTERPRISES LTD.
MASAYUKI NEZU
Kowa Group Co., Limited
TAKASAKI JUN
MARUYAMA YASUSHI
MARUYAMA RURIKO
Tetsushi MARUYAMA
MARUYAMA SHIGEMORI
Maruyama Akira (off)
Maruyama Nariyuki (off)
MIURA CAPITAL S.A.
THAI-DAISO CO., LTD.★
Hiroshi WAKASA (off)
RENAISSANCE CAPITAL LIMITED
RENAISSANCE CAPITAL INVESTMENT LTD.
KAWAGUCHI TECHNOLOGY LTD. (off)
OKUDA PEARL COMPANY LIMITED
Koji Kikuchi (off)
KIKUCHI Yuko (off)
Taketo Kikuchi (off)
Kota KIKUCHI (off)
Yuko Kikuchi (off)
Hiromi Kikuchi (off)
Shuichi Miyawaki(off)
MR. YOSHINORI ANZAI
Takeshi Kitamura (off)
BANDO advisory partners AG
ENRON INVESTMENTS LTD.★
SEVEN SEAS HOLDING INC.★
SANKO GROUP LTD.
Sanko Electronics Co., Ltd. (off)
KIMURA AG.
Koreto Ogata (off)
UCHIDA S.A.
YOSHIHISA UENO
Noboru Ueno (off)
Ueno Toshihito (off)
FUKUI Masayuki (off)
FUKUI Hideaki (off)
KITAGAWA KAZUHIRO (off)
KITAGAWA Kazuya (off)
Takehisa Kanamori (off)
KIYOTSUGU KAWASAKI 
Katsuhisa KAWASAKI (off)
Isamu Kawasaki (off)
SUNAO FUJII
NAKAYAMA CHIKEI
SORYU NAKAYAMA (off)
Nakayama Takeshi, Nakaya Setsu & Nakay Yoshifumi as joint tenants (off)
Nakayama Takeshi (off)
Kokichi Nakayama (off)
SHINICHI HORII
MIYAGI DENKI HOLDINGS LIMITED
KENKICHI NAKANISHI
Hiroshi Nakanishi (off)
Yutaka Nakanishi (off)
NAKANISHI Takamoto (off)
FURUKAWA HIROSHI
Furukawa Ryoji (off)
Yuri Furukawa (off)
Shinohara Takeru (off)
Gunji Watanabe/ Yasutoshi Watanabe (off)
Watanabe, Toshiro (off)
Koike Shoko (off)
Hiroshi WAKASA (off)
SAKURAI SPORTS COMPANY LIMITED (off)
NISSAN SHOJI CO. LTD.
MEIWA SHOJI CO., LIMITED
KONISHI GIJUTSU INC.
KONISHI INVESTMENTS LTD.
Yasutoshi Masuzawa
Takahashi Tetsuya (off)
TIMESQUARE VENTURES CORPORATION (off) あと割愛

TAKUYA MATSUO
Koichiro MAEKAWA (off)
Toshinobu Kijima (off)

続く 

最新記事
タグ絞り込み検索
記事検索