新しい価値の創造















クリックすると拡大します。↑



まだ調査中ですが、
中道組が追加されました。(u_u)


 → わかりやすい例はこちら (餃子の王将)


各企業のサイト内を検索した結果、
ヒットしたところには、○を付けています。


企業・人物名価値の創造共創人財
創価net
創価大学
SUパートナーズ監査法人
山九
前川製作所
加計学園
倉敷芸術科学大学
岡山理科大学
松野博一
ライオン
エム・アイ・エス
JBCCホールディングス
丸善CHIホールディングス
大日本印刷
国民医療福祉大学
ヤマダ電機
クレアホールディングス
神戸製鋼所
創寿苑
富士重工業
日野自動車
日産自動車
本田技研工業
トヨタ自動車
東京都
舛添要一
みずほ銀行
みずほ情報総研
東京電力
九州電力
日本郵政
株式会社麻生
アソウ・ヒューマニーセンター
パソナ
伊藤信太郎
福井俊彦
ハートネットワーク
白石徹
矢野経済研究所
オリックス
セブン銀行
電通
平井卓也
丸紅
リクルート
佐川急便
三橋貴明
ライブドア
ベンチャーリンク
C&I Holdings
新日鉄住金
東芝
石川重播磨工業
クリーク・アンド・リバー
大建設計
鹿島建設
西松建設
福田組
大成建設
大林組
竹中工務店
清水建設
前田建設工業
戸田建設
熊谷組
東急建設
東急不動産
価値開発
ムサシ
ゼファー
菱和ライフクリエイト
エムエム建材
レオパレス21
UR都市機構
住友不動産
千代田化工建設
千住金属工業
日本工営
国際航業
中道組
三栄建設
資生堂
伊藤園
三井物産
ニフティ
オリンパス
双日(日商岩井)
りそな銀行
CCC
森永乳業
明治製菓
餃子の王将
キャピタルメディカ
ソフトバンク
野村総合研究所
日本テレビ
三菱商事
日本ユニシス
JR東海
東京海上日動
富士フィルム
福山通運
ANA総合研究所
中央調査社
エイベックス
デジタルハリウッド
アイ・エム・ジェイ
昭和電工
マッキンゼー
大前研一
ドリームインキュベータ
SANKYO
フィールズ
マルハン
ワコール
光通信
バンダイ
サンライズ
博報堂
任天堂
オリエンタルランド
NTTコミュニケーションズ
NTTデータ
ファーストサーバ
サイボウズ
ドコモ
ドットジェイピー
ピットクルー
イオン
雪印
味の素
花王
サントリーウェルネス
アサヒビール

( ※創寿苑は「会社案内」をクリック。)



解説コーナーは、こちら。↓



森永やソフトバンクは、さいきん始めたようで、
子会社だとか、役員クラスにいるんでしょうね。
 

電通やパソナは、前からですね。


それと、「共有価値の創造」(CSV)だとか、
「企業価値を高める」などは除外しています。
 

同じようなフレーズがよく出てくるんですが、


最長の形は、
常に新しい価値の創造に挑戦し続ける」(または、目指していく。)
というものです。


一番わかりやすいのはリクルートで、
創業以来の経営方針のようです。


この界隈でいうところの「企業価値」というのは
自社の株価のことのようですから、
今はすごく高まっている状態なんでしょうね。
 

株式市場には、ナントカエモンだとか、
パチンコでいうところの打ち子集団のようなのがいて、
釣られた人もいたみたいなんですが、
日本のお年寄りは財布のヒモが堅いので、
日銀と年金を流し込むことに
したみたいなんですね。


それでも、数兆円の運用益が出ているとかで、
霞が関の人たちにとっては、
ムダでもないみたいなんですけど。


ほとんどの年金加入者にとっては、
ぜんぜんいいことないんですけどねぇ。


それから、新価値創造研究所の図によると、
新価値の創造と、共創人財地方創生
ワンセットの要素みたいですね。


こんな人も。↓



創価学会の会員たちは、
新しい価値を創造している限りは、
善であり、美を実現してくる。
(中略)
善や美が要求されるのは、
飽くまでも新しい価値を創造し、
利益が出ている時だけであり、
使命:独自な価値の創造(創価)
人財を引き寄せちゃいました^o^
https://ameblo.jp/koyuki1350/

「私はプロテスタントのキリスト教徒であるが、

同時に創価学会のファンである。

創価学会は、時代の危機を超克することができる

新しい価値を創造するほんものの宗教団体だ。」

http://www.freeml.com/bl/8650856/222106/

人材創造大学校とは、

総合人材サービスのパソナグループが提供する

人材育成カリキュラムの総称です。

 

アドバイザリーボード

 

氏名        明石康 氏

役職        元国連事務次長

担当        グローバル人材

 

氏名        石原信雄 氏

役職        元内閣官房副長官

担当        地域自治体のあり方

 

これからの日本は若者が創る

 

氏名        黒川清 氏

役職        元学術会議会長

担当        グローバル人材

 

氏名        竹中 平蔵 氏

役職        慶応大学教授

担当        経済・グローバル

 

これからの日本国を創るのは若者。

 

http://www.pasonagroup.co.jp/entreship/entre/college.html

いしはら・のぶお 

 

87年から95年まで官房副長官として、

竹下登氏から村山富市氏まで7人の首相に仕える。(p.50)

 

仕えた7人の宰相の中で「誰を評価するか」と

の問いに竹下登氏と並び、村山富市氏を挙げた。(p.52)

 

http://www.nikkei.co.jp/rim/glweb/glocal_pdf/274PDF/274interview.pdf

新春対談 世界に誇れる日本に再建(2013年1月1日(火)付)

 

新春対談は、日本の学術、科学技術振興に精通し、

世界を舞台に活躍を続ける黒川清・政策研究大学院大学教授と、

公明党の山口那津男代表の顔合わせです。

 

http://www.komei.or.jp/mobile/news/detail/20130101_9946


明石康 
湾岸戦争で二兆円の国税出資に奔走し、
カンボジアへの自衛隊海外派兵を強行した国連事務次長。
(「私物国家」広瀬隆・著の冒頭より引用 )

小沢一郎幹事長についてはこちら。↓

http://www.twitlonger.com/show/n_1sq8rmn


創価教育は、その「人間」の視点に立ち、

更に深く“生命の絶対的尊厳観”という普遍的な次元から、

人生と社会に価値を創造していける

自立した「人間」の育成を目指しています。

創価教育の淵源は、価値創造の主役である人間教育を主眼として、

教育改革を企図した牧口常三郎創価学会初代会長の教育学に発しています。


創価とは価値創造の謂(いい)であり、

初代会長は“教育は人格価値の創造なり”──と、

その志向する人間教育を定義づけました。


また、「人生の目的は、“価値”を創造すること

そのために、利・善・美
価値判断の規範とするべきである」と述べられ、

これこそが、個人に幸福をもたらす哲理であると確信し、

果敢に行動したのでした。

http://www.soka.ed.jp/kyoiku/k0003.html
創価大学理工学部

植物育種学研究室 (久米川宣一 研究室)

植物育種で新しい価値の創造

世界がキャンパスの創価大学!夢への第一歩を創大の文学部で
内定先:富士ゼロックス(株)

新しい価値を創造できる環境を構築する”というコンセプトの元、

http://letters.soka.ac.jp/career/get-license/shushoku/michishita.html

非功利主義のイマヌエル・カント(1724~1804)は
この価値の要素を「・善・美」 であるとし、
功利主義の牧口常三郎(1871~1944)は
「美・・善」としている。
牧口はさらに価値の 本質は「関係性」にあるとした。

イノベーションの概念は価値の概念と非常に近しい。

ヨーゼフ・シュンペーター(1883~1950)は
イ ノベーション新結合の遂行であるとした。

http://www.hj.sanno.ac.jp/files/cp/page/9371/chapter_eight.pdf

ちなみに、
竹中平蔵の好きなシュンペーターは、
価値創造」(Value Creation)ではなくて、
信用創造」(Credit creation)ですね。


同じように使っている人がいるんですが。


シュンペーターのInnovationが1911年で、
牧口常三郎の価値創造が1930年ごろ
のようなんですが、

英語版のWikipediaは、
日本語版よりも遥かに詳細な記述なんですが、
「新しい価値の創造」は出てきません。


「その他」のところで、
Creating Sustainable Value[60]」(持続可能な価値の創造)
というのがあるくらいですね。↓

Creating sustainable value (持続可能な価値を創造する)

http://amp.aom.org/content/17/2/56
江上さんによると、↓

私は、イノベーションを「新しい価値の創造」という意味で使っている。
日本の現状を見ると、あらゆる場面で新しい価値を創造していかねばならない
という危機感を持っている。(江上剛)

http://diamond.jp/articles/-/28161


それから、
「共創」(Co-Creation) と、
「共有価値の創造」(creating shared value) も
別の言葉なんですが、


どちらも「共創」だと考えている人がいて、
似てはいるんですが、


前者は、
消費者の意見を聞いて商品を開発しょう
というもので、


後者は、
『社会全体で共有できる価値を作ろう』
というものです。



CSV」の原典は、下記の書籍で、2006年の、
ハーバード・ビジネス・レビューベストマッキンゼー賞を受賞。↓

戦略&社会:競争優位と企業の社会的責任とのつながり

 

Strategy & Society:

The Link Between Competitive Advantage and Corporate Social Responsibility

 

マイケル・ポーター、マーク・クレイマー

Michael Porter, Mark Kramer


(2006年12月)


http://www.hbs.edu/faculty/Pages/item.aspx?num=23102

維新とファーストが好きな
マッキンゼーですね。


大阪市と共通課題を協議する「府市統合本部」の特別顧問ら30人のうち
米系コンサルタント会社マッキンゼー・アンド・カンパニー出身者が
10人を占めるという。 

熊谷組は、
2004年7月の時点で、
共創」を使っています。↓


熊谷組グループ環境報告書 Green Activities 2004

 

「安全・品質・環境 NO.1」を経営の基軸とした企業活動は、

自 然環境との共生、共創にも寄与し、

企業の社会的責任の一役を担う ものと確信しております。

 

株式会社熊谷組 取締役社長

鳥飼一俊

 

2004年7月

 

http://www.kumagaigumi.co.jp/csr/kankyo/ga2004/2004ga.pdf


Co-Creation」の初出?は
2004年1月17日出版のこの本なんですが、↓


2004年に米ミシガン大学ビジネススクール教授の
C.K.プラハラードとベンカト・ラマスワミが、
共著『The Future of Competition:

C.K.プラハラードとベンカト・ラマスワミが、

共著『The Future of Competition: Co-Creating

Unique Value With Customers

(邦訳版:価値共創の未来へ-顧客と企業のCo-Creation)』

で提起した概念。

 

https://smmlab.jp/?p=34170


共創」という言葉は、
前から使われていたようです。↓

独創的な発想ができる人が何人も集まって意見を交換すれば、

そこで発揮される創造性は何倍にも膨らんでいく。

このような考え方を「共創」と呼ぶ。

 

https://web.archive.org/web/20010308184348/http://www.fujii-kiso.co.jp/kaisha/boss/kyosou.htm

 

共創のマネジメント―ホンダ実践の現場から 単行本  2001/9

吉田 恵吾 ()

 

http://amzn.to/2uUgli3 


沖テクニカルレビュー 2001年1月/第185号Vol.68 No.1

 

価値共創のためのマーケティング

WIN-WIN リレーションシップの追求-

 

顧客価値創造のためのマーケティングとは

お客様と企業が情報共有し,共に価値を創り出す(以下,価値共創 と略す)

WIN-WIN」の関係を構築し維持することである。(p.58)

 

https://www.oki.com/jp/Home/JIS/Books/KENKAI/n185/pdf/R16.pdf


新しき人類を 新しき世界を

教育と社会を語る

 

著者名: ヴィクトル・A・サドーヴニチィ 池田大作 

発刊日:2002年05月03日

 

未来社会のモデルを求めて―「競争」から「共創」へ

モスクワ大学の学生と江沢民主席の交流

 

https://www.usio.co.jp/html/books/shosai.php?book_cd=60


【池田SGI会長の指針】
◎第23回「SGIの日」記念提言
「万年の遠征――カオスからコスモスへ」から(1998年1月26日

牧口初代会長の提唱した人道的競争=「共創《きょうそう》」を通し、
希望の未来を開いていく――

私どもSGIが目指す「人間革命」運動の眼目は
この一点にあります。

http://newfnet.blog62.fc2.com/blog-entry-870.html


これと似たフレーズが1996年の本にもあって、
剣術の本みたいなんですが、

生命知としての場の論理―柳生新陰流に見る共創の理 (中公新書) 

新書  1996/11/25

清水博  ()

 

http://amzn.to/2vTPQGH

この著者のサイトによると、
前川製作所との共著があるらしく、↓

「誰もが主役」という〈いのち〉本来のドラマを共創していく実践が必要です。

 

 

前川正雄)『競争から共創へ――場所主義経済の設計』(岩波書店, 1998年)

(三輪敬之・久米是志・三宅美博)『場と共創』(NTT出版, 2000年)

 

http://bit.ly/2vP2aK6

ユニークな経営手法を実践している前川製作所グループのさまざまな体験を背景にして,

「場において共に創る」=共創を,重厚な対話において明らかにしていく.経営者必読の書.


http://amzn.to/2x2eiGb



1996年当時は、共同で何かを作るような意味で
使われていたみたいですね。↓


著者らは、1995年頃から、日本とドイツ、そしてアメリカの間に
将来、互いの文化をつなぐ橋を架けるために、礎石となる石を
一つ置く共創を企画してきました。

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784757120372

オマケとして、↓

競争より「共創」の教育改革を―

子どもと教師と保護者・地域住民の共同参画を求めて 

単行本  2003/9

尾木直樹  ()

 

http://amzn.to/2wsyxyK


シュンペーター氏によると、
イノベーションの源泉は
既成の知と既成の知とのつながり
」なんだそうで、



やたらと買収をしたり、
コラボしたりするのも
このあたりから来てるんでしょうね。


佐藤次長自らの言葉を借りると、キーワードは
人のふんどしで相撲を取ろう」。


君の名は : パクリ検証

https://www.youtube.com/watch?v=fRfa9TRIt3Q

シュンペーターは、アメリカ経済学会の重鎮で、
さいきんの企業の経済活動だとか、商品作りに
このあたりの思想がよく反映されています。


まあ、買収とかコラボなら、
まだいいんですけどね。


ジェネリックの医薬品や家電、
ゲームやアニメなどのサブカルだとか、
フリーウェアのオープンソースコミュニティ-、
リサイクルショップ、リフォーム、リノベーション、
再開発、アニメで町おこしなど、
既製品を流用するようなものが
当てはまりそうです。


交換価値でいうと、
携帯ゲーム機のwifi通信機能だとか
そういうのもありますね。


あとまあ、価値共創といえば、
CHAGE and ASKA~パソナの時に、
「ランチェスター戦略学会」というのが
出てきましたね。


マネシタ電器」がどうとか、
栩内さんのいたアルマードと同じビルに、
矢野さんの研究所が、とか。


矢野さんが飯塚市出身で、
王将だとか、いろいろありそうですが、
今回は割愛させて頂きます。m(u_u)m


大前研一は、
ほとんど使ってないですが、
講師陣がよく使ってますね。


本コースは、新しい価値や事業の創造を通して

新たな価値観や世界観を創り上げることのできる起業家の育成が

日本経済の活性化のために新しい価値観を創出し、

 

新しい価値や事業の創造を通して

 

新たな価値観や世界観を創り上げることのできる起業家を

 

絶えず新たな価値を創り出せる人材を

 

http://www.bbt757.com/pr/topics/955/ 

常に新しい価値を生み出し続けられる
人材の輩出を目指しているBBT大学では、


それから、
東芝問題で登場した柳瀬唯夫さんが、
加計学園問題で再び登場していて、


少し前にも、
2015年4月に、
今治市の企画課長と面談した」
という証言が出ていたんですが、
(ご本人は、今年7月25日の答弁で否定)


今度は、この同じ2015年4月中に、
加計学園の幹部とも面会していた
という証言が出てきていて、
朝日新聞が伝えています。


柳瀬さんについては、
東芝問題の記事で少し触れていますので、
そちらをご覧ください。


それから、グルコサミンは
飲んでも効果がないとかいう話
あるみたいですね。


日テレについては、
飛び降り自殺があったそうです。