日本のユネスコ人脈各党の関係まとめ

2017年10月17日

イスラム国の首都ラッカが陥落


IS標ぼうの「イスラム国家」事実上崩壊 ラッカが陥落
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171017/k10011180931000.html

「イスラム国」といえば、
日本人が誘拐された時に
日本でも話題になって、


このブログでも書いたりしたんですが、
その当時作った年表が残っていました。↓


 → 【イスラム国の年表】
 

それと、きょうは、
パナマ文書を取材していた
マルタ島の女性ジャーナリスト
自動車爆弾で殺害された
というニュースがありました。

「パナマ文書」報道の女性記者 爆弾で殺害
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171017/k10011180411000.html

このブログでも、国内のリストを作ったりして、
もちろん海外のも調べたんですが、
まあ、金融関連は軒並みでしたね。


株屋さんだとかの業界では、
国際取引時の課税逃れは
なかば常識みたいですね。

パナマ文書は、資料流出元のパナマの法律事務所
「モサック・フォンセカ」関与分だけで、
タックスヘイブン(租税回避地)の氷山の一角に過ぎない
中国関係に比べ、米国、日本関係が異様に少ない。

では、日本のタックスヘイブンでの資産シェアはどのくらいか。
日本関連は実のところ、ケイマン諸島が圧倒的に多い。
スイス・バーゼルにある国際決済銀行(BIS)の統計によると、
日本の法人のオフショア市場での金融資産残高
ケイマン諸島を中心に昨年末で
約7400億ドル(約79兆9200億円)
世界でのシェアは約25%

日本の場合は、住所を調べてみると、
わりとフツーの住宅だとかが多くて、
老朽化した公営住宅も多かったですね。


平屋建ての、棟続きのですね。


企業だと、セコムが話題になりましたけど、
そういえば、岡野さんと小西さんの本に
出てきてたよーな。^^;


[追記]
 → リアル「ゴッドファーザー」 マルタ島“爆殺”事件 (ディリー新潮)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日本のユネスコ人脈各党の関係まとめ