前川喜平に粘着?した2人組メールを送った地方創生推進室

2018年04月19日

先々代の事務次官様

文部科学省の再就職先あっせん事件の相関図













デザインテーマを
文科カラーにしてみました。


まあ大きなお友達のお話は
きょうはやんないんですけどね。


うーん。
そのうちできるはず。^^


事件そのものは、
ようするに、


 「いやー先生。補助金すごい助かってます。有難うございましたー。」
 「うん。それでね。うちにこういう人がいるんだけど。」

ということだったみたいですね。


正確なやり取りは、
こちらの報告書に載っていて、↓


 → 報告書

これによると、前川さんも
かなり関わってたみたいですね。


科学技術庁の人たちは、
おおむね原子力関係で、


文化庁の管轄は、
宗教法人、アニメ、クールジャパン、
それから前にやったユネスコで、


文化庁元次官の
佐藤禎一(元事務次官)さんが
日本学術振興会の特別顧問ですね。


ここが中心になって、
選考をしているみたいですね。


それで、近藤誠一さんが
パソナの社外取締役ですね。


会長  佐藤禎一(元ユネスコ代表部特命全権大使)
理事長 宮内義彦(オリックス株式会社シニアチェアマン)
http://www.u-ma21.com/gaiyo/yakuin.html

【来賓挨拶】
山中伸一氏(文部科学 事務次官)
<パネリスト>
馬場善久氏(創価大学 学長)


「スーパーグローバル大学」の選考委員長は、
明石康さんですね。↓


 → スーパーグローバル大学創成支援プログラム委員会委員名簿


本命と言われていた大学が落選する中、
創価大学は、S評価を獲得していたようです。↓


 → 創価大学「スーパーグローバル大学創成支援」報告会を開催
 → 毎日新聞でも大々的に報じられていた

 → ソーダイこと早稲田大学の取り組みももちろん採択されています

 → 東洋経済&大学通信によるランキングがこちら


創価大学は62位みたいですね。


 →「トビタテ!フォーチュンクッキー」の創価大の登場シーン (Youtube)
 → 大臣以下踊ってるの図
 → 前川喜平も踊ってる


この一番前で踊ってる事務次官が
パソナと仲のいい山中伸一です。


「仁風林」の常連官僚の中には、
経産省の局長や中小企業庁の幹部職員がいて、
実名が飛び交っている。

 文科省の事務方トップ、
山中伸一・事務次官の名前も出てきたから
文科省に事実確認すると
「こんなことを次官に聞けるワケがないし、
プライベートなことなので答える必要はない」
(事務次官室)ときた。


明石さんも、
パソナのアドバイザリーボードでしたね。



厚労省がやってる職業訓練も
似たような構図があって、
パソナとの関係が指摘されています。


 → 厚労省官製談合で予算半額返上 (日刊ゲンダイ)


派遣制度については、
以前からいろいろと言われていますが、


たぶんこれがないと、
失業率か、倒産件数が、劇的に上がって、
政権が持たなくなるみたいになっていて、
それでなんじゃないでしょうか。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
前川喜平に粘着?した2人組メールを送った地方創生推進室