読書中

創価学会員ではない人が、地道にソースを調べて書くとこうなる、みたいなブログです。(*´∀`*)

築地移転

東京都の選管とか吉田所長とか


東京都の選挙管理委員会については、
トップ人事が偏っていて、
港湾局の出身者が続いていた
ということを、以前にも書きました。


練馬区は、藤井富雄の本拠地で、


何とか運輸とかいう会社も
しているそうんですが、


学会の不動産部門の有名人として、
こんな人も住んでいるようです。↓

市河政彦氏の略歴


昭和30年5月 創価学会の説く日蓮仏法の生命哲学に共鳴し、
       左翼思想を捨てて活動を開始する。

昭和45年 政治家への推薦を振り切って建設会社「総建」を設立。
                        
昭和53年 東京都練馬区選挙管理委員に選ばれ、
     建設会社経営のかたわら昭和六〇年までの8年間に委員長2回。
 
昭和60年前後 衆議院の1票の格差に対する最高裁の違憲判決を受けたことにより、
       国会で格差の是正をしない場合、選挙管理委員会は、
       「国会を解散しても違憲選挙は執行すべきでない」
       「是正しない選挙に対しては選挙管理委員会は
        有権者の無効の訴えを認識すべきである」
        などの議案を提出、全国紙に報道され政府および
        国会議員を震感させた。そうした行動は
        国会における政治改革の要因となった。



タイトル 創価学会はファシズムではない
著者   市川 政彦
出版年  1964-12


徳洲会で辞任した猪瀬さんだとか、
学生運動をしていた人は多いんですが、


学会の内紛に関連して、
築地絡みでこんなことがあったそうで、↓


平成四年三月二十六日、
東京都中央卸売市場(食肉市場)の
汚物搬出処理委託に関する住民監査請求」が
練馬区在住の会社社長・市河政彦氏より出された。

この監査請求では、東京都と
「(財)蘇生の会」との契約が競争入札を経ず、
随意契約によってなされていることなどが問題にされた。


築地といえば、↓

築地場外火災、火元はラーメン店か





従業員は「コンロの火は消したはずだ。」と話している事から
誰もいない店内で壁から火が出て燃え広がったとみて調べています。



この他にも
いろいろな政治活動をされているようで、↓
 

二つ目は、このフォーラムの共同主催者である
市河会長に対する御礼の気持ちです。

市河会長は15歳の時、長崎で被爆、明治大学夜学に通いながら苦学され、
85歳の現在、30のビル、100億円の資産を築きあげられ、
今も現役でご活躍されています。

「自分が今も元気なのは創価学会の生命哲学のお蔭だ」と
市河会長はよくおっしゃっています。


「フォーラム」というのは、
これのことで、↓

未来構想フォーラム「理念なきオリンピックを叱る!」

共催 地球市民機構
   NPO法人 安全まちづくり推進協議会

協力 NPO法人 未来構想戦略フォーラム、知恵の輪, ほか


この、「共催」のところに書かれている
NPO法人 安全まちづくり推進協議会」というのは、
市河さんが代表を務める団体で、
地球市民機構」という団体でも、
市河さんは常任理事をされていて、


協力」のところに書かれている
NPO法人 未来構想戦略フォーラム」は、
朝日新聞の記事によると、
統一協会系らしいんですね。↓


統一教会系NPOイベント、外務省が後援(1/2ページ)

2009年6月16日15時4分

共同代表2人のうち実務を担う男性は、
統一教会系の「世界平和教授アカデミー」の元事務局長。
副代表の男性は、05年に同教会系の学会の発起人となった。
事務局長には、08年に同教会系の「世界平和青年連合」の
支部長となった男性が就いている。

さらに、フォーラムが主催するイベントでは、
統一教会系の「天宙平和連合」用の受付を会場に設けるなどしている。


創価と統一といえば、
奄美大島の選挙だとかで
対立関係にあっこともあるのかして、
学会寄りの人が、
統一教会を激しくなじっているのを
ネット上でよく目にするんですが、


この人たちは、
いっしょにイベントを開いたり
してるみたいですね。 ↓
 
アジア環境フォーラム企画会議のご案内

主催:NPO法人未来構想戦略フォーラム
協賛:地球市民機構(“市民国連”)、深井環境技術研究所㈱

主な参加者:
  中川十郎、南部智成、一色宏、市河政彦、杉山勝行、朱元曹
  海野和三郎、森井香衣、諸山信弘、富永啓一郎 


テーマ「新時代のパラダイムの確立を求めて」

と き:平成28年(2016年)1月23日(土)午前2時〜4時
ところ:地球市民機構 会議室(ロータス・ステージビル6F)
コーディネーター:井関 利明 慶応大学名誉教授
発題:大脇 準一郎 未来構想戦略フォーラム代表
コメント:市河政彦 安全まちづくり協議会会長


 
Ⅰ、地球市民機構(GCI)役員   2010.03.18 

理事長  福岡 克也  (財)日本環境財団会長,早稲田大学環境総合研究センター顧問

副理事長
大脇 準一郎 NPO 未来構想戦略フォーラム代表
,国際企業文化研究所 所長

理 事 杉山 勝行  作家、元インタネットビジネス研究所 理事長 

理 事 市河 政彦  NPO マンション管理総合支援センタ 代表
 

それから、
NPO法人 未来構想戦略フォーラム」に、
杉山勝行さんという人がいるんですが、↓

 
朝日新聞社 東京本社 編集局 社会グループ

                      記者 本山秀樹

2)副代表の杉山勝行様は、
  統一教会のとかかわりの深い創造目的学会の発起人や
  インターネット学会の会長を務めておられますが、
  現在も統一教会の会員でしょうか? 


インターネット学会 

会長 著書

杉山勝行 プロフィール

1965年、早稲田大学教育学部卒業。
日本電気㈱C&Cスクール講師、テレビ東京「パソコンサンデー」ゲスト出演者、
 
㈱インターネットビジネス研究所専務理事を経て

http://www.communication21.biz/society/

吉田所長を持ち上げてみたり、↓

●記念講演1「法華経の行者としての吉田昌郎元所長

    社団法人「吉田昌郎元所長と福島フィフティーを顕彰する会」代表 
    インターネットビジネス研究所理事長  杉山勝行  


吉田氏は、震災の一年五か月後、
2012年8月に福島市で開かれたシンポジウムにビデオ出演した際、
福島原発の作業現場に入っていく部下たちのことを、
私が昔から読んでいる法華経の中に登場する
「地面から涌いて出る地涌菩薩」のイメージを、
すさまじい地獄みたいな状態の中で感じた」と語った。
 

イチローを持ち上げる著書を
出版されたりしていますね。↓


「イチローから盗め、ビジネス動体視力」(きこ書房)

http://www.communication21.biz/society/ 















「地球市民機構」も持ち上げていますね。↓



【告知】第4回 吉田昌郎元所長を偲ぶ会

http://www.e-gci.org/other/【告知】第4回-吉田昌郎元所長を偲ぶ会/


創価学会は、日蓮正宗とは
対立しているそうですから、
日蓮正宗ではないんでしょうね。


理事長の福岡さんは、
立正大学の名誉教授だそうなんですが、
市河さんが常任理事をされていますね。


そもそも、この団体は、
市河さんの団体のフロア内に
所在しているみたいなんですね。↓

地球市民機構:GCI(‟市民国連”CUN)副理事長 
E-mail: 2008gci@gmail.com Tel:03-5929-4501 
〒164-0003 中野区東中野2-22-21,ロータス・ステージビル6F
NPO安全まちづくり推進協議会内 地図  「市民国連の歌」
 

電話番号も一緒で、
連絡だとかも、すべて承っている
みたいですね。↓
 
地球市民機構
TEL:03-3360-2021  Fax:03-3360-2022 

名称: 特定非営利活動法人マンション管理総合支援センター
株式会社新世紀研究会内
TEL: 03-3360-2021 
http://www.web-clover.net/cgi-bin/disp.cgi?ftky02940

「未来構想フォーラム」というのは、
「未来構想戦略フォーラム」のwebサイトからすると、
一時的な会合だとかではなくて、
同じ団体のことだと思うんですけどね。

未来構想フォーラム参加予定者  2016.2.27(土)

市河政彦  NPOまちづくり協議会 会長
中島伊一  NPO安全まちづくり推進協議会 理事

安全まちづくり推進協議会
東京都中野区東中野二丁目22番21号 
ロータスビル6階 株式会社新世紀研究会内
代表者氏名 市河政彦

https://www.npo-homepage.go.jp/npoportal/detail/013003762 
マンション管理総合支援センター
東京都中野区東中野二丁目22番21号 
ロータスビル6階 株式会社新世紀研究会内

代表者氏名 中島伊一

http://www.weblio.jp/content/マンション管理総合支援センター

池田さんの狙いは商売だったんでしょ。 
最初に随行した友の者に東洋物産の中島伊一さんがいたが・・・ 
ほめ殺しの本家が社交辞令で言っただけで、商売の為なら何でもするだろう。 
鍋、釜だけ売ってた東洋物産が中国物産の輸入で急速に伸びたわけだ。 
http://mimizun.com/log/2ch/koumei/963421793/207


一色宏さんという理事さんは、
カントの価値論 (・善・美) と、
牧口価値論 (・善・美)を混ぜて
推してらっしゃるみたいですね。↓


一色宏

人間がなぜ、真・善・美・を求めるのかを追求し、

https://www.kunidukuri-hitodukuri.jp/cbank/instructor/isshiki_hiroshi.shtml


設立の経緯は、
同団体の大脇 (尾脇) 理事が
説明してくれています。↓


日本最大のシンクタンク㈱日本総合研究所(従業員2000人)の
創発センター長、新谷文夫氏の場所提供のご厚意に乗って、
2002年1月23日シンクタンク未来構想戦略フォーラムを創設しました。

2005年にはグローバルな課題解決に多くのNGO団体が結集し、
地球市民機構(市民国連:Global Citizens  Initiative)を創設、
経済産業省、外務省、武蔵野市、各大学、多くの企業の協賛も得て大きく羽ばたこうという時、
2009年6月16日(石井光治会長の昇華式、1800双、歴史編纂の鶴谷稔兄が倒れた日)
朝日新聞が「あなたがたの存在を無視できなくなってきた」と未来構想を攻撃して来ました。


現在、中曽根総理は世界平和研究所の会長をされています。

その財団の基金70億円は
竹下総理が持ちこんだものです。

天の“恨(はん)”となった中曽根裁定の要因です。

http://bit.ly/2vGLcdz


意味不明の文体なんですが、
統一教会の人みたいですね。


「世界平和研究所」は、
中曽根さんの政治団体で、


リクルート事件の後に、
竹下さんの口添えで
財界人がこぞって入会したとかで、


ハマコーさんのご本によると、
これがあったから
竹下さんが総理・総裁に指名された
とかいうことみたいですね。


創価学会に関する記述もありましたが、
これも意味不明。↓



初代会長に伊勢桃代先生が就任されました
(清平WLSに参加、国連大学創設者、元国連職員研修センター長)。

この7月19日にも国連OB会があり、
その会合を終えて20日訪韓する予定です。

小生の役割は国連OBの方々と若者との橋渡しの
黒子に徹することだと思っています。

創価学会本部のこの動きに関心を寄せ始めました。

我々が一生懸命にやるよりは、国連OBの方々が本気になったら
日本も国連も変わる希望も生まれることでしょう。



トークセッションだとかも
なさっていたみたいですね。↓
 
【市河】世界日報は、私の業績について紹介して頂いています。
 
私は破産しました。

平成17年、破産に際して23億7千万円とられました。

このときは市河政彦を無一文にして再起不能にしてやると
政府関係者から宣言されて破産裁判が始まったのです。


平成17年ということは、
2005年ですから、
小泉政権の頃ですね。


1万5300社の会社が倒産、その負債総額1兆円。

でも銀行は貸出をしませんでした。

そこで私は、ある提言を決意しました。

「信用保証協会が100%補償するので
銀行融資ができるようにする」と
提言書を二か月半かかって作成し、
自民党の実力者深谷隆司議員に届けました。

ある朝家内が「テレビを見なさい!」と私に叫ぶ。

家内は群馬県出身。

見たら小渕総理が保障の枠に20兆円の枠を設定したとのニュース。

深谷に送った提案が実現! 東京の保証協会、アサヒ信用金庫、
これは深谷と関係あり、準備しろと。

認定書つけて、1か月で1万5000社に保証しました。

http://www.owaki.info/paradigm/mirai.html 

学会には国会議員のブラックリストがあるんです。
(中略)
 (前回二〇〇〇年の総選挙で)島村宜伸、小杉隆深谷隆司
(いずれも自民党の東京都選出 代議士)が落ちたでしょ。
(中略)
こうなると議員たちは二度と学会を批判しなくなり、
学会批判は政界のタブーになっていくんです」

浜渦武夫の記者会見

 ---------------------------
 <偽証反論>濱渦武生元都知事 記者会見 2017-4-10 ( ノーカット版 )
 https://www.youtube.com/watch?v=BQyrOyOTwiw
 ---------------------------
 「偽証」の疑い 浜渦元副知事が反論会見 (日本テレビ)
 http://www.news24.jp/articles/2017/04/10/07358637.html
 ---------------------------
 偽証疑惑 浜渦元副知事が反論 質疑応答 (フジテレビ)
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00354916.html
 ---------------------------


合意の日付がよくわからなかったんですが、


 ---------------------------

 百条委員会では、
 築地市場の豊洲への移転事業について、
 交渉役だった浜渦元副知事が
 東京ガスと移転に向けた基本合意を結んだ
平成13年7月以降は
 一切関与していないと証言したのに対し、
 複数の会派の議員が、2年後の平成15年5月、
 浜渦元副知事に交渉状況を報告するために
 都の職員が作成したと見られる文書が残されている
 などとして、証言に偽証の疑いがあると指摘しています。

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170410/k10010943111000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
 ---------------------------


東京ガスのプレスリリースによると、↓


 ---------------------------
 4) 売却契約に至る経緯
 

  東京ガスと東京都は
  平成14年7月に
  築地市場の豊洲移転の受け入れに関する合意書を締結
し ており、
  新市場予定地内の東京ガス用地について、
  東京都へ売却することとなっております。

  このたび東京都と
  売却に関する協議が整いましたので、
  本日の合意に至りました。 


  http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20110325-04.pdf
 ---------------------------


野村さんがサインした方が、
平成14年合意なんですね。


 ---------------------------

 豊洲市場(東京都江東区)移転問題の
 都議会百条委員会で、
 土壌汚染処理の範囲について合意した文書に
 サインした野村寛・元政策報道室首都機能調査担当部長は、
 平成14年7月31日の
 「豊洲地区開発整備に係る合意」
について、

 「基本合意に基づいて、
  各局から合意した中身を

  集約してつくっている。

  各所管局に戻して修正も行った」

 と語り、経緯を説明した。

 http://www.sankei.com/politics/news/170404/plt1704040033-n1.html
 ---------------------------

その前に
野村さんがサインした確認書は、
平成13年7月
。↓


  
---------------------------

 豊洲市場(東京都江東区)移転問題の
 都議会百条委員会の証人喚問で、
 野村寛・元政策報道室首都機能調査担当部長は、
 東京ガス幹部との間で
 土壌汚染対策の具体的な内容を交わし、
 自身が署名した平成13年7月の確認書
について
 「浜渦(武生元副知事)さんには
 直接報告していません」と述べた。

 http://www.sankei.com/politics/news/170404/plt1704040031-n1.html
  ---------------------------


略年表を修正しました。↓



知事市場長日付出来事
鈴木臨海副都心や、都市博覧会を構想。
  ・東京ガスも、豊洲での都市開発を予定していた。
バブルが崩壊。
1990年今沢時雄が東京フロンティア推進本部臨海開発調整部長に就任。
1994年8月安楽進が港湾局の開発部長に就任。
青島1995年5月青島都知事が、都市博の中止を発表。
1995年6月石川雅己が港湾局長に就任。
  ・その後、石川港湾局長が東京ガスに対して、
   豊洲への市場移転を提案。
1996年7月今沢時雄が港湾局長に就任。
石原大矢2000年10月今沢時雄が東京ガスの顧問に就任。( 翌年6月には、取締役に就任 )
2000年10月浜渦副知事が交渉を開始。
  ・それまでは、福永副知事が東京ガスと交渉。
2001年2月浜渦副知事が東京ガスと交渉し、用地売買の覚え書きを交わす。
  ・佐藤元通産大臣に、東京ガスへの執成しを依頼。
  ・護岸工事は都が引き受け、土壌対策工事は東京ガスが行う。
碇山2001年7月江東区と合意。
  ・江東区とは、道路整備や福祉政策を支援すると約束。
2001年7月東京ガスと基本合意。(平成13年合意)
  ・浜渦副知事は、これ以降は交渉していないと証言。
2001年7月野村寛が独断?で東京ガスと確認書を交わす。(平成14年確認書)
  ・これが瑕疵担保責任の免除につながったとされる。
  ・「浜渦副知事には報告していない」と野村氏が証言。
2002年7月知事本局が東京ガスと合意。(平成14年合意)
  ・各局からの細目を知事本局が大まかにまとめたもの。
森沢浜渦副知事が前川あきおと対立。
2005年3月浜渦副知事が、民主党の都議に質問を依頼した件で、
百条委員会が開かれる。
2005年5月前川あきおが、東京ガスとの確認書に署名。(平成17年確認書)
  ・土壌汚染対策における東京ガス側の負担を78億円と定めた。
2005年7月浜渦副知事は、偽証をしたと追求され、辞任。
  ・石原都知事は、これ以降、内田一派に逆らえなくなった。
2005年8月今沢時雄が東京ガスの執行役員を退任。
2005年9月前川あきおが東京ガスの顧問に就任。( 翌年4月に執行役員に就任。)
比留間2008年5月用地から、基準の4万3000倍のベンゼンが検出。
岡田2011年3月花輪ともふみが会派を離脱。(これによって移転が決議された。)
2011年3月東京都が市場用地を購入。(平成23年合意)
  ・瑕疵担保責任の放棄については、
   石原氏は報告を受けていなかったと主張。
  ・しかし、当時市場長だった岡田至氏は、
   説明に使った資料が残っていると証言。
中西2011年8月石原都知事が、盛り土なしの契約書にサイン。
猪瀬塚本移転を約一年延期。
舛添新市場の工事を着工し、完成。
2014年4月前川あきおが練馬区長に就任。
  ・同区選出の菅原一秀や、小池百合子が応援。
岸本2014年11月モニタリング調査を開始。
小池移転延期を表明。
2017年2月小池都知事が、千代田区長選で、石川元港湾局長の再選を支援。
2017年3月石原・浜渦両氏が、再び百条委員会にかけられる。


要するに、確認書合意書
2つあったということなんですね。


どういうわけかいずれも7月で、
まぎらわしいんですが、


最初のほう浜渦さんが取り交わしたもので、( 平成13年確認書・合意 )
後のほう野村さんが取り交わしたもので、( 平成13年確認書2・平成14年合意 )


最終的に、
東京ガスが根拠としたの
後のほうの合意文書、ということみたいですね。 
 

で、前川さんが関わったのが、
「週刊新潮」(2016年10月13日号) の
インタビュー記事によると、↓


 --------------------------

 ・「豊洲の土地を市場にすることの合意書」 ( 2002年7月 )
   ( 平成14年合意のこと。知事本局が担当。)

 ・「豊洲における汚染土壌の処理方法についての確認書」 ( 2005年2月 )

 --------------------------


それで、前川さんは
2005年 ( 平成17年 ) 9月に退官されて、
東京ガスに行ってしまうんですが、


土地の購入について
最終的に合意されたのは平成23年で、( 平成23年合意 )


上のプレスリリースは、日付からみて
この時のものみたいですね。


それで、私が最初に見たのが
このプレスリリースの方だったんですよ。


おかしいなーとは思ってたんですけどね。
 

東京都の百条委員会2



 -------------------------
 <百条委員会>前川耀男氏(元知事本局長)① 2017-4-4
 https://www.youtube.com/watch?v=FRN_pYgz6_U

 <百条委員会>前川耀男氏(元知事本局長)② 2017-4-4
 https://www.youtube.com/watch?v=lzNOR4N7-Ns

 <百条委員会>前川耀男氏(元知事本局長)③ 2017-4-4
 https://www.youtube.com/watch?v=KMkP4ZrzWbk
 -------------------------
 → その他はこちら
 -------------------------


今回の百条委員会は
5回目になります。


これまでの動画はこちら。↓


 → 【石原慎太郎の年表】

前回の記事では、
浜渦さんの動画と、

これまでの略年表、

それから、港湾局の
相関図を載せています。
 
 
どうも、前川さんは、
浜渦さんの証言
覆そうとしているみたいですが、
どうなんでしょうね。
 

 ------------------------
 都議会で百条委 前川区長を証人喚問 (FNN)
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00354378.html
 ------------------------
 元副知事に「権力集中」 豊洲問題キーマン大暴露 (ANN)
 https://www.youtube.com/watch?v=LfG1SrG1iPw
 ------------------------
 濱渦氏が百条委で偽証の疑い ( 報道ステーション )
 https://www.youtube.com/watch?v=Rh7V1E9FuDk
 ------------------------
 明らかになった「石原+濱渦体制」の実態/ぐらつく自民都連・下村会長の足元 ( NEWS23 )
 https://www.youtube.com/watch?v=LU2NoKQpEdw
 ------------------------
 <夏の都議選>戦いの構図に地殻変動 ( News9 )
 https://www.youtube.com/watch?v=KeODscGLsF0
 ------------------------
 明らかになった16年前の真実。浜渦副知事らが締結した、「隠された確認書」が示すもの (おときた駿)
 http://www.huffingtonpost.jp/shun-otokita/investigation-committee-toyosu-market_b_15817504.html
 ------------------------

浜渦さんの証言はこちら。↓
 

------------------------
で、わたくしは、担当は、
用地の取得という、基本合意まででありまして、
そこから先は、一切触っておりません。


ただし、2回ほど、豊洲開発には行きました。

一つはですね、向こうからお招きが有りまして、
冬の寒い時に、薪能(たきぎのう)がありました。

東京ガスの株主の方、幹部のご家庭の方、
それにお招きがあったから、それに行きました。

それから、退任になる寸前ですが、
ゆりかもめに乗って、視察で行きまして、
その時に、イクツさんに案内をしていただいて、
お約束をしていた土壌汚染の調査は
どこまで進んでますか?ということで、
そのときには、フェンスの中に入れていただいて、
ここまでです、ここはちょっとたくさん出そうです、
こちらは大丈夫だと思います、というような報告は受けましたが、
それはずっと後でして、私は担当を外れておりました。

まあ、なぜ外れたかは、石原知事の指示でありましたから、
私はその後はですね、知事本にぜんぶ預けました。

http://www.twitlonger.com/show/n_1spoqnl
------------------------
 
一方で、野村寛さん (当時部長) が、
浜渦さんに内緒で
別の確認書に署名していた

ということについて、


証言台に立った野村さんは、
自分の一存でやったと
証言されたようです。


 ------------------------
 浜渦さん、都議会公明党作成の怪文書に激おこ
 https://twitter.com/kazu_k7/status/844169115732389888
 ------------------------
 都は野村寛部長、東ガスは高木照男氏が署名 
 http://mainichi.jp/articles/20170320/k00/00m/040/068000c
 ------------------------
 東京ガスと交わした土壌汚染対策の確認書は
 「浜渦さんに報告していない」 野村元首都機能調査担当部長
 (産経新聞)
 http://www.sankei.com/politics/news/170404/plt1704040031-n1.html
 ------------------------

高木照男さんは、この当時の役職は、
東京ガスの管財部活財推進室長。


 ------------------------
 喚問を求められていた証人一覧
 http://www.seikatsusha.me/blog/2017/03/10/9491/
 ------------------------

野村寛さんの現処理計画




 










以前の記事の略年表に、
平成13年確認書を追加しました。↓


豊洲への市場移転の経過













































野村さんの一存というのは考えにくいので、
上司の指示だったのかというと、↓


 ------------------------
 赤星元政策報道室理事、
 政治的圧力は「かけた覚え絶対ない」
 「そういう名前出されるの一番嫌い」
( 産経新聞 )
 http://www.sankei.com/affairs/news/170404/afr1704040029-n1.html
 ------------------------
 
ちなみに、
政策報道室長は、
おそらく安楽進さんで、


2001年の5月の時点では
政策報道室長あらため、
知事本部長として
議事録に記録されています。


 →【安楽進の年表】


安楽さんは、
港湾局の元開発部長で、
就任は1994年8月ということで、
青島さんが都知事になる約1年前です。


ゆりかもめの事故の時に、
社長をしていた人です。


ちなみに、後任は、
田原和道さんですね。↓


 →【田原和道の年表】


田原さんは、青島さんの頃に
知事室長をされていたようです。


それにしても、
安楽さんのご自宅はすごいですね。


社長なだけあって、
宮本さんの目黒の豪邸みたいでしたよ。


東京都の百条委員会


 -------------------------
 東京都の百条委員会 ( 2017 / 3/19 ) その1
 https://www.youtube.com/watch?v=kzMo_W8tL6g

 東京都の百条委員会 ( 2017 / 3/19 ) その2
 https://www.youtube.com/watch?v=K7V-h45iIPo

 東京都の百条委員会 ( 2017 / 3/19 ) その3
 https://www.youtube.com/watch?v=pDw3J9aZRt4
 -------------------------
 → 石原慎太郎の年表
  -------------------------


豊洲への市場移転の経過














































前川さんは石川さんの元部下で、
お二人とも、山田慶一とは関係していて、
いわく、内田さんとの縁だそうなんですが、


都政の改革」を掲げて登場した小池さんが
この人たちの選挙を応援しているのは、
何だかヘンな気もするんですけどね。

 

東京都港湾局





東京都港湾局2

























時期的にみて怪しいのが
当時、市場長だった岡田至さんで、


岡田さんは、港湾局の参与で、
新銀行東京の執行役員もしていて、
東京臨海ホールディングスにも関わっておられたようで、


石原さんによれば、
以前、担当されていた臨海部の事業
立て直したことが評価されての
人事だったみたいですね。


東京都は、
東京臨海ホールディングスだとか、
赤字の外郭団体の民営化を進めていて、
東京ガス資本参加しています。


岡田さんの前の市場長は
比留間英人さんで、
退任した後は、
港湾局長に就任しています。

東京都の選挙管理委員会

東京都港湾局2















 東京都の「選挙管理委員会
 そのトップである事務局長を、
 順に並べてみたものがコチラ。↓
 
 
 → 東京都選挙管理委員会の年表
 

 まあ、現職の方はさておいて、
 お辞めになった方は、必ずと行っていいくらい
 都の外郭団体などに再就職されています。 
  

 それから、現職時代に、
 何らかの疑惑が持たれた方とか、
 港湾局、環境局、下水道局に関連した方が
 多かったですね。 
  

 港湾局の人たち
は、2004年の高橋さんから
 矢口さん(~2010年)あたりまで。
  

選管事務局長の氏名

確認できる任期

再就職先など

港湾局での役職

高橋和志

2004年09月15日

~2005年03月04日

 不明

港営部長

2000年01月24日

~2001年03月19日

渡辺日佐夫

2005年09月14日

~2005年09月30日

東京都市大学 教授

開発部長

(任期不明)

総務部長

2000年10月17日

~2001年01月22日

梶原康

2006年09月14日

~2008年06月23日

) 東京都弘済会 理事

) 東京都教職員互助会 代表

東京メトロポリタンテレビジョン 常務

参事

1996年7月

 

2000年4月

 

矢口貴行

2008年09月17日

~2010年05月27日

東京都競馬(株) 取締役(企画部長)

()タック 代表

) 東京都社会福祉事業団 理事長

) 東京都公園協会 監事

局員(役職不明)

1991年頃

(建設局で用地部長

2003年06月20日

~2005年06月03日)

 


 ---------------------------------

 2007/06/26                                 

 株式会社東京スタジアム

 有価証券報告書

  

 取締役  渡辺日佐夫
 

 昭和23年9月2日生

 平成10年7月 東京都港湾局開発部長

 平成12年8月 同港湾局総務部長         

 平成13年7月 同知事本部企画調整部長

 平成15年6月 同知事本部理事

       (内閣官房都市再生本部事務局次長)

 平成17年7月 同選挙管理委員会事務局長

 平成18年7月 同生活文化局長

 平成19年4月 同生活文化スポーツ局長(現任)

 平成19年6月 当社取締役(非常勤)(現任)

 

  https://toushi.kankei.me/c/4708/d/0070GBQU

 ---------------------------------

 ここは味の素スタジアムの運営会社で、
 少し前にも書いたので割愛します。
 

 ---------------------------------
 東京都は27日、教育委員会制度改革の一環で
 教育委員会が私立学校に指導助言できるよう
 地方教育行政法の改正論議が中央教育審議会
 (文部科学相の諮問機関)で行われていることを受け、
 「私立学校の自主性を損なう恐れがある」などと
 反対する要請文をまとめ、文部科学省などに送った。

 要請文は塩崎恭久官房長官、野依良治教育再生会議座長、
 伊吹文明文科相、山崎正和中教審会長にあてたもので、
 同日、都の渡辺日佐夫生活文化局長らが
 文科省などを訪れ担当者に渡した。

 ---------------------------------

 そして、退官後の再就職先が、私立大学で、
 

 ---------------------------------
 東京都市大学 都市生活学部 学部展示 2012年10月4日 
 都市行政研究室では、東京都の幹部として、
 消費者行政の改革、文化振興、
 東京港の整備経営などを担当しておられた、
 渡辺日佐夫先生のご教授のもと、
 都市行政について実例などを交えて考えます。

 ---------------------------------

 しかもここは、
 

 ---------------------------------
 東京都市大学

 1955年、創設者の要請により、大学は
 東京急行電鉄の創業者五島慶太の興した
 学校法人五島育英会に引き継がれた。

 ・研究用原子炉を持つ日本の大学は、
  廃炉、休止中のものを含み東京大学、京都大学、
  東京都市大学、立教大学、近畿大学のみである。

 ・原子炉は1963年の初臨界から1989年まで運転された。
  1989年12月21日、熱中性子柱の孔食による
  原子炉タンク水の漏洩が発見され、
  近隣住民が説明を求めて
  研究所に集まる事態となった[3]。

  その後、2003年5月20日において
  原子炉の廃止が決定された[3]。
 
 ・2009年、東京都市大学は日本原子力学会から、
  第1回原子力歴史構築賞を受賞した[4]。
 ---------------------------------
 川崎市内原子炉施設
 http://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000032054.html
 ---------------------------------
 五島さんと原子力の年表
 http://www.nuc.tcu.ac.jp/keisoku/introduction/history.htm
 ---------------------------------

 この他にも、港湾局の仲間と組んで、
 NPO法人をされているようです。
 

 ---------------------------------
 NPO法人 首都東京みなと創り研究会

 東京都練馬区西大泉三丁目13番44号
 
 代表者氏名 高野一男

 ---------------------------------
 代表者名 小倉健男

 https://activo.campus-web.jp/users/18238
 ---------------------------------

 みなさん港湾局の方で、
 

 ---------------------------------
 高野一男 東京都港湾局 港湾整備部長

 http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h14/k20020515/shiryo2.html
 ---------------------------------
 「仙人峠を越えて-陸中釜石小倉一族の譜」
 著者 小倉健男
 
 陸軍予科士官学校第61期生を経て、
 昭和26年早稲田大学理工学部土木工学科卒。
 元東京都港湾局技監。技術士(建設部門)。

 ---------------------------------
 
 事務所所在地は、電話帳によれば、
 小倉さんのご自宅のようです。
 
 ---------------------------------
 これからのNPO法人世界青年友の会の活動の柱の一つになる
 講演会事業の記念すべき第一回目は
 東京都生活文化局長渡辺日佐夫さんにお願いしました。
 
 講演の要旨、抜粋は以下の通りです。
 生活文化局長はNPO法人設立の認証を行う所轄庁のトップです。

 ---------------------------------

 で、東京ビッグサイトの浪越社長は、
 産業労働局時代の押切さんの
 上司 (局長) でもあって、
 

 ---------------------------------
 経済・港湾委員会速記録第九号

 平成十二年六月二十七日(火曜日)
 
 委員長             樺山卓司君
 
 港湾局 局長          浪越勝海君
     技監          高見憲一君
     総務部長        阿部功君
     港営部長        高橋和志君
     港湾振興担当部長    小宮山元二君
     開発部長        渡辺日佐夫君
     臨海部開発推進担当部長 南雲栄一君
     参事          高野一男君
     港湾整備部長      増田忠亮君
     計画調整担当部長   宮地陽輔君
     離島港湾部長      小池正臣君
     参事          押元雅治君

 ------------------
 [ 豊州移転 2011年の動き ]
 01月  【日建設計】   豊洲新市場の「盛り土不要」提案
 03月  【東京都】    盛り土ありの資料を公表 ★
 03月04日【東京都】    豊洲の設計で、日建設計と特命随意契約
 03月08日【都議会民主党】 花輪の会派離脱を受理 ★
 04月10日【石原慎太郎】  都知事選で再選 (4選目) 
 06月30日 豊洲の基本設計の期限
 07月01日【樺山卓司都議】 変死体で発見
 07月  【中西充】    市場長に就任
 08月  【東京都】    盛り土をせずに地下空間を設置することを決定 ★
 08月30日【石原慎太郎】  盛り土なしの契約書にサイン ★
 09月  【中央卸売市場】 地下空間の設置を決定 (以降も、盛り土ありと説明)
 11月   豊洲の汚染土壌対策工事が始まる
 ------------------

ちなみに、高橋さんたちが着任した時点では、
浪越さんは労働経済局長で、総務部長は押切さん。↓


 ------------------
 労働経済局 局長  浪越勝海
 ------------------

 それから、矢口さん用地部長だった頃
 何があったのかというと、↓
  

 ---------------------------------
 [ 前川耀男の動き ]

 2002年
         知事本部長に就任 ★ 
    07月   豊洲の土地を市場にすることの合意書に署名 ★

 2005年
    02月   汚染土壌の処理方法についての確認書に署名 ★
    09月   東京ガスの執行役員に就任 ★
 ---------------------------------

 それから、浜渦さんが言っていた
 東京都財産価格審議会ですが、
 矢口さんの後、選管事務局長になった宮川雄司さん
 財務局財産管理部長でした。
  

 議事録から確認できるのは、
 2004年10月14日から、
 ~2005年04月19日まで
で、
  

 そして、その次の役職は、
 生活文化局消費生活部長なんですが、
 この当時の局長が誰かというと、
 渡辺日佐夫さんなんですよね。
  

  → 宮川雄司の年表


 それから、浜渦さんが動いていた頃
 財産運営部長小野田有さんという人も、
 消費生活部長なんですよ。
 

 さらに、小野田さんは、その後、
 矢口さんが取締役をされていた東京都競馬子会社で、
 再就職先として有名な、(株)東京サマーランド
 再就職されたみたいなんですが。
 


 東京都競馬といえば、
 オリパラ組織委員会会場整備局長をされている
 福島七郎さんもいますね。
 
 
 東京テレポートセンターだとか、
 東京臨海HDの役員も
 されていたようです。
 
 

 あとは、面倒なので、
 また今度にするんですが、 
  

 ---------------------------------
 影山竹夫 -- Takeo Kageyama(都庁)

 ゴミを焼却すれば、もちろん体積は減りますけど、
 結局は埋め立てることになるんですよね。
 
 東京のゴミ埋め立て処分場も、
 今稼働しているものが最後の一つだといわれています。
 
 その処分場を、一年でも一ヶ月でも長く使うために、
 とにかくゴミを減らし、埋め立てる分量を減らすことが
 急務となっています。

 ---------------------------------

 このひとが一番難しいんですが、
 多摩地区にゴミの最終処分場があって、
 ゴミの問題がやたらと出てきましたね。 
 
 
 焼却した灰が周囲に飛散して、
 ガン患者が増えただとかいう話で、
 担当者が2年に一回くらいのペースで
 代わってるみたいですね。 
   

 多摩地域というと、公団住宅ですが、
 ここは大層ガラの悪いところで、
 公明党と共産党の草刈り場です。 
 
 
 広宣流布の大行進の頃に加入した人たちの中には、
 地区の人たちが、かなりいたようです。
 
 
 年代的には、無責任世代とか団塊の世代です。
  

浜渦武生 ゴゴスマに出演


 浜渦武生 「ゴゴスマ」に出演
 https://www.youtube.com/watch?v=vhKGMWNBm6g


 石原さんの年表にも追加されていますが、↓
 

 -----------------------------------
 【東京都】東京ガス本社を訪問し謝罪  (1998年09月21日)
 
 1998年9月21日の記録に
 東ガス担当者の発言が残されている。

 当時、都は築地での再整備を中断し、
 移転を念頭に豊洲の東ガス所有地を調査。

 東ガスへの説明なしに進めていたため、
 都の部長ら2人が本社を訪ね、謝罪していた。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000020-asahi-pol
 -----------------------------------


 この辺のお話をされている箇所を
 文字起こししてみました。↓
 

 → こちら


 石原さんが都知事に初当選する前から、
 豊洲への市場移転の話があって、
 どうも青島さんが止めさせたビック゛プロジェクトの
 代わりとして用意されていた話みたいですね。
 

 当時、都側が提示していた条件だと、
 用地周辺の護岸工事の費用を、
 東京ガスが負担することになっていて、
 東京ガスは売却を断っていたんですが、
 

 浜渦さんが交渉を担当するようになってからは、
 東京都が整備をすることになって、
 それからは、すんなり話が進んでいったようです。
 

 まあ、土壌対策法の決まりでは、
 汚染された土地は、地主処理してからでないと
 転売することができませんから、
 ホントは東京ガスも、都に売りたかったんでしょうが、
 株主などの手前、言いにくかったんでしょうね。
 

 浜渦さんが交渉を行っていた頃約束では、
 用地の除染費用は、東京ガス側が負担することに
 なっていたみたいですね。
 

 それが、浜渦さんが失脚した後に、
 なぜか都が大部分を負担することになって、
 

 この不自然な用地買収によって、
 損失をこうむったということで、
 移転反対派の仲卸業者たちが
 損害賠償訴訟を起こしていたみたいなんですが、
 

 浜渦さんがおっしゃるには、
 

 ・石原さんは、買い取り価格を決める立場にはなく、
  東京都財産価格審議会が決めたもの。

 ・自分が交渉に当たった当時は、

  ・用地価格は、財務局に聞いた話では、500~700億円。

  ・汚染に関する数字は、東京ガスは持っていたようだが、
   自分の手元にはなく、技術的に解決できるという認識だった。

 ・石原さんは、関心がなく、ほとんど関与していない。

 ・石原さんには、2001年2月の覚え書きの時と、
  7月の合意の時に報告した。

 ・合意後は、知事本部が中心になって、
  東ガスと行政で、詰めてやります
、とのことだった。

  → 前川さんの年表と比較 ( 2001年が浜渦さんで、2002年が前川さん。)

  田原さんの年表と比較 ( 当時の知事本部長は田原さん? )

  → 知事本局長 御三方の比較 ( 安楽 → 田原 → 前川 )

  東京ガスとのやり取り ( 特別委員会の議事録 )

   特別委員会の議事録一覧

     中村ひろしのプロフィール


 ・自分が交渉した後に、都側と東京ガスとの間で、
  なんらかの話し合いが持たれており、双方とも
  当時の担当者を公表していない。

 ・百条委員会は、都議の多数決で判定を下すというもので、
  成り行き次第では刑事告発もあり得る。

 ・百条委員会の設置は、公明党が賛成に回れば決まる。


 先月の20日に、都が方針を転換して、
 石原さんの責任も問うことになって、
 そのうち百条委員会も開かれるそうですから、
 いろいろと出てくると思うんですが、 
 

 石原さんには、当時の都知事としての責任はあるものの、
 損失については予見できなかった、ということみたいですね。
 

 石原さんと浜渦さんといえば、
 一部週刊誌で、不仲説が報じられていましたが、
 そういうわけでもないみたいですね。
   

 小池さんはというと、このお二人とは
 今のところ、話らしい話もしておらず、
 

  用地の訴訟だとか、百条委員会の場に
 お二人を参考人ないし証人として呼び出して、
 真相を救命するということですが、
 

  小沢さん応援団の上杉さん
 対談本をお書きになられていますね。
 

 浜渦さんは、小池さんの父・勇次郎さん
 選挙を手伝ったこともあって、
 小池さんの兄は、学生運動の後輩とのことで、
 浅からぬ関係があるようなんですけどね。
 

 都知事選では、上位3候補とは別に
 応援したい人がいたため、応援しなかったそうです。
 

  内田さんは、小沢さんや公明党と仲がよく、
 小池さんも、創価学会の婦人部が付いていると
 都知事選の前から一部メディアで報じられています。
 

 内田さんと浜渦さんとの関係については、
 一緒に飲みに行ったりもしてるようです。
 

 内田さんとケンカをした経緯については、
 都の職員ら利権を奪われることをおそれて、
 内田さんに何か吹き込んだのがきっかけで、
 朝日新聞も一枚噛んでいたみたいですね。
  

 浜渦さんいわく、共産党以外の人は
 嫌いじゃない
そうですから、
 みなさん、だいたい仲がいいんでしょうね。 
 
 
 それから、朝日新聞といえば、
 先日、朝日放送のニュースで、
 

 ---------------------------
 【大阪】 人材派遣会社社員 区役所の窓口業務で着服 2/3 18:50
 http://webnews.asahi.co.jp/abc_2_003_20170203008.html

 着服していたのは、大正区役所で窓口サービスの
 現場責任者だった人材派遣会社「パソナ」の男性社員(52)です。
 ---------------------------

 このニュース、検索しても、ぜんぜん出てきませんね。
 

 パソナといえば、↓
 

 ---------------------------
 第一陣25人が間もなく日本へ パソナ、特区で家事代行サービス
 ---------------------------
 「死亡しても責任問わぬ」…過酷労働の
 比人女性に介護会社が陳謝 大阪地裁で和解
( 産経新聞 )
 ---------------------------

 ---------------------------
 非正規雇用37.5% 最高に昨年
 目立つ働き盛りの置き換え
( しんぶん赤旗 )




日水コンってどんな会社?

 日水コン
















日本工営








住鉱コンサルタント

日立プラントサービスと帝人エコ・サイエンス






























 ——————
 専門家は「土壌と地下水の中に大量の汚染物質が残り、
 それが室内に入ったとしか考えられない。
 低気圧や気温が高くなれば、ベンゼンの蒸発量は増えるはず」
 「市場で働く人は長期的に有毒ガスを吸入することになり、
 健康が心配だ
」と指摘します。

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-05/2016080515_02_1.html
 ——————
 発がん性物質ベンゼンってどのくらい毒性があるの?
 http://kidukilife.net/health/benzene/

 ・中枢神経系への障害、造血系への障害を及ぼすといわれ、白血病の原因になることがある。
 ・発がん性のある物質であるといわれている。
 ・揮発性であり、可燃性のため、常温でも引火する。
 ——————


3回目までのモニタリング調査で、
採水を行った日水コンについて
調べていたんですが、



平成26年度退職者(本庁課長級以上)の再就職状況

 ——————
 木村俊治
 
 【県退職時の所属名及び職名】千葉土木事務所長
 【県退職年月日】平成27年3月31日
 【再就職先の名称及び役職名】日本工営株式会社 副理事
 【再就職年月日】 平成27年4月1日
 【県からの紹介の有無】  有
 ——————
 中山拓也

 【県退職時の所属名及び職名】
君津土木事務所長
 【県退職年月日】平成27年3月31日
 【再就職先の名称及び役職名】国際航業株式会社 技師長
  【再就職年月日】 平成27年4月1日
 【県からの紹介の有無】 有
 ——————
 加藤浩二

 【県退職時の所属名及び職名】
水道局施設整備センター所長
 【県退職年月日】平成27年3月31日
 【再就職先の名称及び役職名】 株式会社日水コン 調査役 
 【再就職年月日】 平成27年4月1日

 【県からの紹介の有無】 有
 ——————
 

 ——————
 日本工営
 http://www.ullet.com/日本工営/ニュース/1/1#役員/1/1

 取締役 社長補佐 山川朝生

  昭和45年4月 建設省入省
  平成11年4月 同省中部地方建設局長
  平成12年8月 技術研究組合走行支援道路システム開発機構専務理事
  平成16年1月 社団法人日本橋梁建設協会副会長兼専務理事
  平成19年11月 社団法人国際建設技術協会理事長
  平成23年7月 当社顧問
  平成23年10月 当社副社長執行役員
  平成25年6月 当社取締役副社長執行役員、社長補佐(現職)

 取締役 市川秀

  昭和45年4月 株式会社三菱銀行入行
  平成5年5月 同行シンガポール支店長
  平成8年6月 株式会社東京三菱銀行産業調査部長
  平成9年1月 同行営業審査部長
  平成11年6月 株式会社整理回収機構専務取締役
  平成13年6月 千代田化工建設株式会社専務取締役
  平成16年6月 三菱自動車工業株式会社代表取締役常務取締役
  平成22年4月 同社代表取締役副社長
  平成26年6月 株式会社百五銀行社外監査役(現職)
  平成26年9月 当社取締役(現職)

 取締役 日下一正

  昭和45年4月 通商産業省入省
  平成15年8月 経済産業省資源エネルギー庁長官
  平成16年6月 同省経済産業審議官
  平成19年6月 一般財団法人中東協力センター理事長
  平成20年2月 内閣官房参与
  平成21年10月 三菱電機株式会社専務執行役
  平成23年4月 東京大学公共政策大学院客員教授(現職)
  平成25年1月 一般財団法人貿易・産業協力振興財団理事長(現職)
  平成25年4月 一般財団法人国際経済交流財団会長(現職)
  平成27年9月 当社取締役(現職)

 常勤監査役 新井泉

  昭和50年4月 海外経済協力基金
  平成19年4月 国際協力銀行開発金融研究所長
  平成19年10月 同行理事
  平成20年10月 独立行政法人国際協力機構理事
  平成24年4月 同機構理事退任
  平成24年6月 当社常勤監査役(現職)

 ——————
 東京都の職員も、↓
 

 幹部職員の再就職状況について


 ——————
 安全でおいしい水を作る:小島貞男(株式会社日水コン 技術顧問/水博士)×日垣 隆

 【小島貞男氏プロフィール】
  こじま・さだお氏は、
  昭和14年3月に東京高等師範学校(現・東京大学)理科第3部卒業。農学博士。
  東京高等師範学校講師、厚生省技官(国立公衆衛生院勤務)を経て、
  昭和23年に東京都水道局で勤務。

  東京都の水質改善に取り組み、長沢浄水場長や玉川浄水管理事務所長などを歴任。
  昭和47年に株式会社日本水道コンサルタント(現・日水コン)中央研究所所長に就任。
  現在は技術顧問を務める。東京の水道水をおいしく変えた立役者。

 
 小島名誉顧問出演映像『うるわしき水辺を求めて』
 https://www.youtube.com/watch?v=ypW3KqXcQrc

 ——————
 名古屋市の職員から、
 日水コンの調査役になった人もいますね。↓
 

 再就職状況一覧

 【退職時の補職】   上下水道局建設部工務課長
 【氏名】       日比野雅司
 【退職年月日】    H25.3.31
 【再就職先の名称】  (株)日水コン 
 【再就職先の役職等】 調査役
 【再就職年月日】   H25.6.1
  ——————
 大阪市の職員から、
 日水コンの調査役になった人もいますね。↓
 

 再就職状況一覧

 【氏名】      吉内博  
 【退職時の役職】  北部水道事業所長
 【退職年月日】   2009.3.31  
 【再就職先の名称】 株式会社日水コン  
 【再就職先での役職】技術調査役
 【再就職年月日】  2009.4.1

  ——————

 昭和62年3月 玉井義弘大阪市下水道局長

 講師:玉井義弘先生(日水コン 名誉顧問)

 グリーンサイエンス21
 代表者 玉井 義弘; 市民環境学校校長:小島貞男 
 国交相の職員から、
 日水コンの調査役になった人もいますね。↓
 

 国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく報告
 (平成24年7月1日~同年9月30日分)

  氏名         望月美知秋 
  離職時の年齢     58
  離職時の官職     関東地方整備局技術開発調整官(関東地方整備局霞ヶ浦河川事務所長)
  再就職の約束をした日 H24.3.31
  離職日        H24.7.1
  再就職先の名称    株式会社日水コン
  再就職先の業種内容  建設事業、開発事業
  再就職先における地位 技術調査役


 ——————
 その他はこちら。↓
 

  【霞ヶ関の再就職者年表】

 ——————
 日本工営の保有株

  国際航業
  国際航業ホールディングス

 ——————
 国際航業株式会社との業務提携に関するお知らせ
 
  事業統括本部下水道事業部 事業部長 種市 尚仁

 https://www.nissuicon.co.jp/press-20161219/ 
 ——————

 その問題とは
 豊洲市場の地下水管理システムの
 請負業者についてのものでした。

 その業者は当初提示されていた
 入札条件を満たしていなかった
 事や東京都とは随意契約を
 何度も結んだでいたことが発覚
 したのです。

 その業者は(株)日水コンという
 水道のコンサルティン専門の
 会社です。 

 http://remon.レモンライムの香り.asia/entry/2016/10/05/203119

 —————— 
 国際航業

 ・千代田区に本社を置いている。
 ・1999年には千葉市が発注する事業において、排除勧告を受けた。
 ・2001年には宮城県および福島県での公共機関が発注する航空測量業務において、
  談合を繰り返した事により、課徴金納付命令を受けた
 ・2014年10月には会計検査院の指摘により、復興予算から4300万円を詐取した事が判明した。
 ・過去に日本道路公団のいわゆる天下り先であった。
 ・光進事件 - 1980年代後半に起こった、国際航業の乗っ取りを企図した事件。
 
 https://ja.wikipedia.org/wiki/国際航業
 —————— 
 p.12 Type2 水道事業体様と一体となって「経営自体」の改善行動

 株式会社イオ
 水質分析(20条登録機関) 浄水プロセス 水質管理コンサルティング技術
 トータルエンジニアリング【(株)日水コンと共同出資】

 —————— 
 2013年6月 ●株式会社日水コンの子会社である
 株式会社イオの増資を引き受け ●国際航業株式会社と業務提携
 —————— 
 株式会社イオ - 分析業務の実績

  澤田恵枝(渡邉恵枝)

   平成24年度
   東京都中央卸売市場
   豊洲新市場及び築地市場周辺における
   海水・河川水の水質調査及び塩水供給方式検討業務委託

 http://www.io-ea.co.jp/achievements/index.html
 —————— 
 

 地下水管理システムについてはこちら。↓
 
   ——————
 2016/10/20 豊洲市場 地下水管理システム本格稼働 水位低下へ (ANN)
   ——————
 2016/10/20 地下水位下がらず=管理システム稼働後も-豊洲市場 (時事通信)
   ——————
 2016/10/21 地下水位管理システムは欠陥

 ・地下水管理システムを稼働させていなかったおかげで、きれいな覆土が汚染されてしまった
 ・1日あたり3cm水位を下げる能力は、浄化施設にはない なのに、水位が下がっている!
 ・雨水が大量に流入した場合には、浄化書影せずに下水放流していると思われる
   ——————
 2016年10月27日(木)付 公明新聞
 地下水位は低下傾向
 管理システムなど調査 豊洲市場で都議会公明
   ——————
 2016年10月27日 日本共産党東京都議会議員団

 (2) なぜ、地下水管理システムは機能しないのか

  地下水管理システムの詳細設計を随意契約した(株)日水コンは、
  2012年8月24日に契約し、翌年の3月14日まで、
  わずか7ヶ月足らずで詳細設計を行っています。
  6月、7月という雨期を外れているばかりか、
  本来ならば大前提となる現地での詳細な調査が極めて不十分なまま、
  詳細設計が進められたと考えられます。
   ——————
 2016.11.18
 地下水管理システムは機能していない!? 
 日本環境学会元会長の畑明郎氏が専門家会議の見解を一蹴
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/340096
   ——————


 

石原さんの年表

【石原慎太郎の年表】が追加されました。
 

この年表では、おもに、
「週刊文春」(2016年10月6日号)で明らかにされた
石原慎太郎と内田茂との関係に焦点を当てています。


 →【石原慎太郎の年表】


文春の記事によると、
築地の移転が決まったのは、
小渕政権の頃だったみたいですね。


橋本派 (旧田中派) といえば、
対外的にハト派の代表格で、
自民党の主流派です。


そして、石原さんは、
アンチ田中の急先鋒みたいな人で、
右のキャラ (タカ派) で人気があったんですが、
どうも都議会の権力を
掌握できなかったみたいですね。 
 

で、
文春の記事を読んだ
田中派の支持者の皆さんが、
「豊洲をやったのは 右翼の浜渦だ」と
書いているみたいなんですが、 


 「豊洲の主犯は浜渦」
 http://my.shadowcity.jp/2016/10/post-9994.html


そもそもの話これって
小渕政権の落とし子っていうか、
取引材料だったんじゃないでしょうか。

 
 -----------------------
 「困った石原氏は就任から数ヶ月後、
 当時の小渕恵三首相らに
 「議会が回らない」と相談します。

 結局、野中広務官房長官の仲介で、
 内田氏との手打ちの場が設けられました。

 場所は築地の料亭。

 石原氏、野中氏と内田氏ら都議三人が向き合い、
 石原氏は「よろしくお願いいたします」と頭を下げたのです。」
 (内田氏周辺)

 その直後、石原氏は、築地市場を視察する。同年九月のことだ。

 「週刊文春」(2016年10月6日号)
 -----------------------

 だから、最初に購入を持ち掛けられた芝浦工業大学は、
 とんでもないと断って、
 豊洲の別の場所に決めてしまった曰く付きの土地。

 そこで焦った東京都は青島幸男都政時代に、
 今の築地市場は、狭くて古くて汚いという理由で、
 豊洲移転計画を唐突に打ち出した。

 https://www.sotokoto.net/jp/talk/index.php?id=1&page=2
 -----------------------

 芝浦工業大学・豊洲キャンパスの施工業者

  [電力] 
東光電気工事六興電気JV

 http://www.twitlonger.com/show/n_1sp6i7b
 -----------------------

 評価書案を審査した審議会委員の守田優・芝浦工業大副学長は、
 取材に「地下空間の説明はなく、盛り土されていると思っていた。 

 土壌汚染対策のアセスの前提が変わってくることになる」と話す。 

 -----------------------
 芝浦工業大学附属中学高等学校 2016年8月9日

  2014年10月から行っていた新校舎の建設工事が
  この度完成を迎え、竣工式を8月8日に執り行いました。

  設備工事:東光電気工事(電気)、きんでん(空調・衛生)他 

 -----------------------
 名誉賛助員(敬称略)

  東光電気工事(株)

 -----------------------

 有明アリーナも、芝浦工大も、実績リストに記載なし↓

 http://www.tokodenko.co.jp/works/area/
 -----------------------

 六興電気㈱をご存知ですか? 
 米軍工事を受注する企業ですが、
 社外取締役に・・なんと「宋 文洲」氏!!。。
 これ。。いいんですか??

 https://twitter.com/musasi81/status/766839663940083713
 -----------------------
 六興電気

  2015年12月の株主総会で選任された社外取締役は下記の通り。

     宋文洲 (ソフトブレーン株式会社  マネージメント・アドバイザー)
     窪田泰彦(ほけんの窓口グループ株式会社 代表取締役会長兼社長)

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E8%88%88%E9%9B%BB%E6%B0%97
 -----------------------


赤旗の記事によると、青島さんの頃は、
豊洲とは決まっていなかったそうで、


 → 豊洲への移転が決まった時期 (しんぶん赤旗)

 → 2000年度決算に、「東京ガス及び芝浦工業大学との交渉経過」との記載
 → 2001年3月3日の議事録 ( 芝浦工業大学の進出について )


文春の記事によれば、
野中さんの仲介で、
石原さんと内田さんたちが築地の料亭で会って、
その直後に決まったみたいですね。


 国政も似たようなことだと思っていて、
以前にも、アベノミクスについて書いていたように、
小渕さんの頃の政策と、よく似ているんですよね。


結局のところ、
支持者が変わっていなくて、
選挙の時のフォーメーションが変わったというか、
そんなかんじなんですよね。


ちなみに、文春は、
野中さんと親密な媒体で、
京都方面と東京は同じ人たちなんですよ。


 → 文春記事にあった都の幹部からの証言


青島さんも、石原さんも、人気があって、
都政の改革を掲げて出馬して、
本命を下して当選した人
だったんですけどね。

 
青島さんの時は、
世界都市博覧会と、
臨海副都心の開発を止める
というのが公約だったんですね。


石原さんが、国政にいた頃から
築地移転に関与していたという話も
あるみたいですね。↓


 東京の都市計画と築地立ち退き関連年表
 http://ameblo.jp/garbanzo04/entry-10125747752.html


田中アンチで有名な石原さんですが、
竹下政権で建設大臣に選ばれているんですね。


まあ、竹下さんは、田中さんを裏切って、
「創政会」(経世会)を立ち上げた人ですから、
つじつまは合うんですけどね。


 [田中派] → 田中失脚 → [経世会] → 金丸失脚 → 小沢離党 ( 新進党→自自公連立 )
                       ↓ 連立 
                      → 橋本派 ( 野中さんと橋本・小渕政権 )

それから、浜渦さんが
一回だけケンカを売って、
辞任に追い込まれた時の報告書がこちら。↓


 https://www.gikai.metro.tokyo.jp/img/pdf/d5020023.pdf


前川さんの前任者が設立して、
前川さんが民間に委託した三セクを、
民主党と結託して都議会で追求させて、
内田さんたちをどうにかしょうと
画策していたところ、


逆に、都議会で追求されて、
辞任に追い込まれた
ということみたいなんですが、


三セクを追求させようとしていた浜渦さんが、
辞任後に三セクに
再就職してるんですよね。



ちなみに、このときの百条委員会の
委員長はこの人。↓


 -----------------------
 江東区長 山﨑孝明
 
 ・都議会財務主税委員会委員長
  /議会運営委員会委員長
  /百条委員会委員長
  /都議会東京オリンピック招致特別委員会委員長
  /都議会東京オリンピック招致議員連盟会長

 ・江東区長に就任(平成19年4月~)

 http://www.tokyo23city-kuchokai.jp/gaiyo/kucho/koto.html 
 -----------------------


文春の記事によれば、
内田さんの最側近と言われていて、
築地移転の旗振り役みたいですね。


それから、
けっきょく一番儲けたのは誰なのか、
という「週刊新潮」の記事に、
鹿島と石原さんの話が出ていますが、


鹿島といえば、
内田さんと仲のいい小沢さんとも
関係の深いゼネコンなんですよね。


 → 鹿島建設と小沢親子の関係


それから、三セクについては、
臨海部の再開発関連が
のきなみ破綻しているようです。↓


 → 臨海三セクの債務処理と再生


大阪万博の経済効果が6兆円とか
いわれているんですが、
大丈夫なんでしょうかね。

 

長谷川猛@豊洲の専門委員

日立プラントサービスと帝人エコ・サイエンス

















東京都港湾局2















豊洲の土壌汚染問題について
お伝えしていますが、


都がやっていた専門家による会議が、
対策工事の安全性を検証する前に
解散
してしまったんですが、↓



 安全を確認できないまま専門家会議を解散


 → 専門家会議の委員名簿


 --------------------------
 「長谷川猛さんは、
 いつの間にか「環境委員」になっていますが、
 本当は都庁の職員で建設局の職員であり、
 役職は一般職です。

 本来はこの任に該当する「専門職」
 ではない
のですよ。調べると。」

  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10164299110
 --------------------------

 長谷川猛「私、40年代後半、
 東京ガスの排水指導をやってました。
 工場にも何回か行ったことがございます。」

 https://youtu.be/vcQYMWRcTss?t=327
 --------------------------


まず、さいしょに、
ミヤネ屋」でおなじみの

長谷川猛さんについて、^^


ここ数日、
都議会の議事録を
読み漁っていたんですが、


環境局の幹部ということで、
在任中は、いろいろな公害についての
ご答弁をされていて、 


 
 → 日産自動車荻窪工場跡地
 
 → キリンビール東京工場跡地


「何をやっていたんですか!」
「遅いじゃないですか!」
という、ご批判の矢面に立たされていた
みたいですね。


豊洲については、市場の人たち
受け答えをされていたみたいなんですが、
のっけの検査方法からしておかしい
といわれていたようです。


中央卸売市場の人たちについては、
「日刊ゲンダイ」が書いてましたね。↓



 → 優雅に出世や天下り…都庁「盛り土無視」全責任者リスト


土壌対策汚染法」の現状についてはこちら。↓


 鷹取敦:土壌汚染対策法の諸問題(一問一答)(Youtube)


長谷川さんについては、
東京都環境科学研究所の所長を
8年間されていて、


ここは、公益財団法人) 東京都環境公社
運営している研究所なんですが、
ここの理事もされていたみたいですね。


 → 東京都環境公社の幹部とその年収

 
 → 江東区環境審議会

 → 大光監査法人 (日本プロファイル研究所)

 → 長谷川さんの上司についてはこちら


少し説明しておくと、
長谷川猛さんが
環境局の総務部長だった頃に、
赤星經昭さんという局長さんがいて、


東京メトロ常務取締役
されていたようですが、


監査役のところを見ると、
新銀行東京鹿島博之さん
(元取締役)
がいます。


(財)産業廃棄物処理事業振興財団
の評議員もされていたようで、
会長は、ソニーの大賀典雄さん
理事には、住友銀行の西川善文さんがいます。


で、赤星さんは、
一般財団法人) 東京都弘済会
相談役もなさっているんですが、


ここの理事長さんというのが、
元東京都議会局長の
西野和雄さんで、


「産業廃棄物行政に関する懇談会」
の委員名簿によると、
西野さんは、この当時、
東京都環境局の廃棄物対策部長をされていて、


この西野さんが総務部長だった頃の局長に、
小池正臣さんという人がいて、
かなりの有力者のようなんですが、


 --------------------------------
 1970年4月に東京都入都。
 94年8月港湾局港 湾整備部計画課長、
 96年7月港湾局参事、
 2000年8月港湾局港湾整備部長、
 01年7月港湾局技監、 
 02年7月環境局長、
 04年8月東京都道路公社理事長、
 07年6月東京ビックサイトの社長に就任、
 08年9月に東京港埠頭の社長に就任。
 --------------------------------

それはともかく、


長谷川さんの元上司の赤星さんは、
西野さんと仲が良かったのかして、


URが作成した資料によれば、
URの関連会社である東京熱供給(株)
西野さんが社長をされていた時に、
赤星さんが取締役を
されていたみたいですね。


この会社は、
光ヶ丘団地、品川八潮団地等における
温水、冷水、蒸気等の熱供給事業
をされているとのことです。


URといえば、
日産自動車の荻窪工場跡地に
オシャレなマンションを建てて、
分譲してるみたいですね。


ここはたしか、
杉並区が買い受けて、
公園にしていたはずなんですが、
残りをURが買ってたんですね。


長谷川さんに質問をしている
吉田委員というのは、
元衆議院議員の吉田公一で、
菅原一秀と同じ東京都第9区です。


 → 日産荻窪工場跡地の年表


 → 前川燿男 --- 三枝修一 --- 小池正臣


 → 前川耀男の年表


環境局といえばゴミ処理ですが、
その他にも排ガス規制だとか、
地球温暖化対策、自然保護区域の整備
なども行っていて、


港湾局は、臨海副都心などの
埋立地の整備事業を行っていますが、
皆さんもご存知の通りで、
あまり売れていないようです。


 猪瀬都知事が前田信弘を副都知事に任命

 (株) 東京臨海ホールディングス

 豊洲新市場の地下空間、前副知事「報告は去年ごろ」(JNN)


前田信弘 (前副都知事) は、
最初は水道局にいた人で、


議事録でよく出てくるのは、
産業労働局長時代のもので、


中小企業を支援するため
とか言って作った新銀行東京の
特別委員会
でご答弁されてますね。


 → 前田信弘の年表


あと、少し話を戻して、
西野さんが廃棄物対策部長の頃に
委員をされていた
「産業廃棄物行政に関する懇談会」の、
他の委員についても少し調べてみたんですが、
座長の小早川光郎さんについては、
住民訴訟制度の改正について、
住民の側に立っていない
とのご批判があったようで、


その他にも、
「個人情報保護部会」の会長当時に、
産経新聞社から
改正を求める要望が
寄せられていたようです。


それから、委員の大塚直さんは、
読売新聞の「知の共創とかいうコラムに
寄稿されていたみたいですね。


それと、理事の植田和弘さんは、
地球温暖化対策に熱心な先生で、


事故後は、原子力の有用性にもふれながら、
クリーンエネルギー促進税制を推進するみたいな
そんな方で、


孫正義が設立した
公益財団法人) 自然エネルギー財団
の理事をされているようです。


「徹底討論・地球温暖化対策」(2007)NHK-BS1
に出演された時の映像をみつけたんですが、
京都議定書の採択の時に、
アメリカが批准しなかった経緯が説明されていて、
植田さんは、中国を含む途上国が
対象外とされた理由について、フォローをされています。


番組の流れとしては、温暖化が深刻で、
近い将来に、不可逆的な損害をもたらす、
しかし、日本の地形は風力には向いておらず、
欧州のような分電ネットワークがない。
欧州では国民全体で負担させており、
日本でも決断しないといけない、
というようなことなんですが、
なぜが原子力には、触れていません。


後ろのひな壇で聞いていた人たちに
質問をしたりもしていますが、
氏名を検索してみたところ、
原発関連の企業の方のようでした。


ここでまた話を最初に戻して、
豊洲の専門家会議で、もうお一方、
環境の専門委員をされていたという
矢木修身さんについても
調べてみたんですが、


 → 矢木修身と茂木友三郎の接点

 → 野田産業科学研究所はキッコーマン系列

 → 御用委員会? に矢木修身


けっこういろんなところに
お出になられているみたいですね。


矢木さんと茂木さんは、
いうほどの関係でもなさそうですが、
いちおう書いておきました。


豊洲の汚染対策工事で疑惑浮上


 ------------------------
 【東京】豊洲市場の汚染対策 事実と異なる説明 移転計画に影響も
 ------------------------
 豊洲新市場「盛り土で安全」が・・・建物の地下は空間  (ANNニュース)
 https://www.youtube.com/watch?v=i5nGVDQYDTY
 ------------------------
 豊洲、主要施設の空洞に「地下水」漏出か 移転判断ずれ込みも
 http://www.sankei.com/politics/news/160911/plt1609110003-n1.html
 ------------------------
 (1) 地下水位の管理 (p.2)

 ⚪︎土壌汚染対策工事により、
  ガス工場操業地盤面 ( 概ね A.P. + 4.0m ) から
  A.P. +2.0m までの土壌は、
  汚染の有無に関わらず全て入れ替え、
  その上に2.5mの盛土
  操業に由来する汚染土壌を掘削除去し、
  地下水は環境基準以下に浄化した

 http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/pdf/toyosu/siryou/pdf/7shiryou.pdf

 ------------------------
 埋め戻し・盛土の土量(5街区)  p.24
 ( 備考欄には、「完了」と記載。)
 ------------------------
 汚染土壌を2メートル削り取って、2.5メートルの盛り土をした図。↓
 http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/dojou/taisaku/
 ------------------------
 土壌汚染についてのまとめ動画。↓
 mms://wmt-od.stream.ne.jp/vod09/tmgdc/shijou/dojyou.wmv
 ------------------------


とりあえず、補足説明
少し書いておきますね。


まず、契約金額はこちら。↓


 ------------------------

 【5街区】
  鹿島・大成・東亜・西松・東急・新日本 建設共同企業体
  契約額 119億 1,750万 0,000円
 
 【6街区】
  清水・大林・大成・鹿島・戸田・ 熊谷・東洋・鴻池・東急・銭高 建設共同企業体
  契約額 333億 4,275万 0,000円
 
 【7街区】
  大成・鹿島・熊谷・飛島・西武 建設共同企業体
  契約額 89億 1,450万 0,000円

 http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/pdf/pdf/gijutsu/siryo/15-3.pdf
 ------------------------
 〇坂巻管理部長 

  (中略)

   汚染土壌量、土壌汚染対策費
  及び仮設土壌処理プラント処理別土量につきまして、
  それぞれ見積もりと
  平成二十五年度末までの実績を記載してございます。

  (中略)

 〇若林基盤整備担当部長 

   五街区、七街区におきましては、
  ガス工場の操業に由来する汚染土壌、汚染地下水の対策、
  液状化対策及び盛り土など、全ての工事を
  平成二十五年度末までに完了しており、執行額はそれぞれ、
  五街区が約百二十八億円、
  七街区が約九十四億円となっております。

   六街区につきましては、
  敷地西側の汚染土壌の掘削
  及び汚染地下水の浄化を
  平成二十五年度末までに完了しており、
  執行額は約三百五十六億円となっております。

   このほか、調査設計を初めとした関連費用として、
  平成二十五年度末までに
  約二十三億円を執行しており、
  平成二十五年度末における執行額は
  合計で約六百一億円となっております。

 ------------------------
 〇中村委員 私たちは、二十三年度予算の議決当時、
  汚染原因者である東京ガスの負担などが
  明らかでないことなどを修正理由の一つにしていましたが、
  予算の議決後、三月二十五日に、
  東京都は東京ガスとの間で合意を交わしました。
 
  負担の内容は、東京ガス二億円、
  東京ガス豊洲開発株式会社七十六億円の
  計七十八億円
で、この七十八億円というのは、
  平成十七年五月に東京都と東京ガスとが締結した確認書にある、
  東京ガスが実施すべき対策内容と同様の対策を
  改めて実施すると想定した場合の金額を
  算定したものということです。

 http://www.gikai.metro.tokyo.jp/record/municipal-utility-account/fy2011-10.html
 ------------------------
 ■豊洲新市場の整備費

 2011年2月 3926億円
 2013年3月 4521億円
 2015年3月 5884億円

 https://youtu.be/b06903ysPcw?t=1006 
 ------------------------

 99.87%、異常に高い落札率
 豊洲新市場工事 談合疑い
 
 《豊洲新市場本体建設工事の入札結果》

  青果棟        
  鹿嶋・西松など7社 落札率 99.96% 

  水産仲卸売場棟    
  清水・大林など7社 落札率 99.88% 

  水産卸売場棟 
  大成・竹中など7社 落札率 99.87% 

 ------------------------
 当初予算の6割り増しで決着!
 関連設備は14日以降に順次公告!

 ------------------------
  豊洲関連の入札結果一覧 (入札ネット)
 http://www.kd-net.ne.jp/search_project
 ------------------------


それから、年表に書いておいたんですが、
事故が起きていたみたいですね。↓


 ------------------------
 ■豊洲新市場土壌汚染対策工事に係る軽油漏洩事故について 平成24年3月13日 中央卸売市場

  発生日時 3月13日(火曜日)午前8時40分ごろ
  発生場所 中央防波堤内側埋立地と中央防波堤外側埋立地の間

  事故原因を究明し、工事請負者
  (清水・大林・大成・鹿島・戸田・熊谷・東洋・鴻池・東急・銭高建設企業体)
  に再発防止を厳重に指導する。

  http://www.shijou.metro.tokyo.jp/press/2011/0313_1763.html 
 ------------------------
 安全を最優先し細心の注意を払いながら工事を進めて参りますので、
 何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 ------------------------

汚染のひどい6街区は、
水産仲卸売場のあるところです。


汚染マップ区割りについてはこちら。↓


 ------------------------
 噴砂の分布
 ------------------------
 東京ガス(株)が実施した土壌汚染対策

  図4-3 掘削除去範囲 (5街区)
  図4-4 掘削除去範囲 (6街区)
  図4-5 掘削除去範囲 (7街区)

 
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/pdf/pdf/senmonkakaigi/01/shiryou04.pdf
 ------------------------
 → 工場があった頃の航空写真
 ------------------------
 → 各区の建設工事中の写真
 ------------------------
 

そもそもの話、
最初の検査方法がおかしい
というのもあるんですが、


噴砂の分布と、
除去範囲とを
比べてみると、
全然足りないような
感じなんですね。


今回わかったことは、
2.5メートルの盛土があるはずの高さに、
例の、高さ5メートルの地下室があって、
そこに2センチの地下水がたまっていて、


そこに配管を通してしまったため、
あとで埋め立てることが
できなくなっているんだそうです。



それから、維持費の700万円なんですが、
よくよく聞いてみると、おかしいとのこと。↓


 ------------------------
 都に聞いてみた 豊洲の維持費1日700万円は高すぎないか?
 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/189095/2


 ・築地の維持費は、1日あたり548万円。


 ・ 都が説明した700万円の内訳は、
 
  ・警備費
  ・最低限の清掃
  ・樹木の管理
  ・地下水管理システム
  ・水道光熱費
 

 ・都の職員によれば、

  「警備は開場している時の警備体制に近い状態を想定」
  「清掃、水道光熱費も必要最小限を突き詰めた数字ではない」
  「地下水の水位管理も、実際に動かすかは未定」
 

 ・実際には、1/10くらいなのではないか。

 ------------------------
  豊洲移転なら維持費1日1700万円 “カネ食い虫”の製造責任
 ------------------------

 

山田君に贈る回

にしょうと思っていたんですが、


 → ネットゲリラの年表


つまらないので、
もう少しネタを盛ってみます。^^



 内田裕也、築地移転延期に「子どもの遊びじゃねえ」
 http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1703128.html


内田裕也 古川組 

古川組 東急 

五島浩 創価

とかで検索してはいけません。^^


アンチの皆さんが
この件について興味あるのは、
どちらについているのか、
どのくらい肩入れしているのか、
なんですよね。


一連の報道によれば、
抗争のきっかけは、
山健系と弘道会系との不和で、


引き金となったのが、
後藤さんのサボタージュに対する除籍で、
これが大きな反発を招いて、
直系の組長の皆さんが処分されて、
決別となったみたいなんですが、


昔の話でいうと、
関係は、双方にあって、
たとえば、後藤さんは有名ですよね。


それから、登久太郎さんも
例のインタビュー記事によれば、
古参の会員ですよね。



まあ、いま実権を握っているのは
6代目さんなんですが、
京都の人たちが反発していて、
ダブルで通報されてしまったんですよね。
 

それから、
「社会保障費が1400億円足りない!」
ということで、こんなのも作ってみました。^^ ↓


 → 西松建設と行く男女共同参画の年表


みんなにおにぎりが当たりますように。^^


 大体は地方の三セクですから、
国から出ているものは、
そういうのとか独法など、
各種団体への補助金でしょうね。 
 

「施設整備費」などと書いてある項目は
ほとんど見当たりません。
 

市役所の中にある場合もありますが、
新築の文化センター(三セクなど)の中に
併設されている場合が多いようです。 
 

それから、
表現規制にご興味のある方は、
例の予算が含まれていますので、
お見逃しなく。^^
 

モニタリング調査の業者が判明

 日水コン













日本工営









住鉱コンサルタント














日立プラントサービスと帝人エコ・サイエンス















 ------------------------------
 豊洲市場の用地では、昭和31年から昭和63年まで、
 都市ガスの製造・供給が行われていました。

 市場用地の土壌汚染は、
 石炭から都市ガスを製造する過程における副産物などによるもので、
 7つの物質(ベンゼン、シアン化合物、ヒ素、
 鉛、水銀、六価クロム、カドミウム)による、
 土壌及び地下水(六価クロムを除く)の汚染が確認されています。

 http://www.shijou.metro.tokyo.jp/measures/index.html
 ------------------------------


きょうは、豊洲の地下水を調査している業者を
特定してみました。^^



 ------------------------------
 地下水のモニタリング調査 ( 東京都中央卸売市場 )
 http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/siryou/monitoring/
 ------------------------------


計量証明書の、業者名の上に、特大のハンコを押して、
そこを黒塗りにして見えなくしているんですが、
微妙に見えている電話番号などをつなぎあわせると、↓


 ------------------------------
 ■1〜3回目
 
  環境計量者: 株式会社日立プラントサービス 分析技術センタ
  試料採水者: 株式会社日水コン ( 旧・株式会社日本水道コンサルタント )
 ------------------------------
 ■4〜7回目 
 
  環境計量者: ユーロフィン日本環境株式会社 ( 外資系。被災地の放射能測定など )
  計量証明者: IAS Japan 株式会社産業分析センター ( ※千住金属工業の子会社 ) 
 ------------------------------


ユーロフィンは、あまり聞かない名前ですが、
この分野では、世界有数の会社のようで、
日本法人は、別会社だったんでしょうかね。


 ------------------------------
 基本的には、問題がないことが大前提で測定を行っていますが、
 管理基準を超えるデータが出てしまったら、
 建設現場も焼却炉も作業が止まってしまいます。

 (中略)

 東日本大震災関連の仕事がきたことです。
 震災後は放射能測定などに大きな注目が集まっていましたし、
 仕事としてもたくさん来ていました。

 しかし、私が担当したのは災害廃棄物

 ------------------------------
 

それから、カウントダウン・イベント
やってたみたいですね。↓


 ------------------------------
 【TBSラジオ】豊洲移転 1年前イベント ( 2015年11月07日 )

   場所  赤坂サカス(港区赤坂5-3-1)

  ・清水国明(「TOKYO ICHIBA PROJECT」応援団長 )
  ・博多華丸・大吉( 吉本興業の漫才コンビ )

 【TOKIO】豊洲開場 100日前イベントに 城島さん、松岡さんが登場 ( 2016年07月30日 )

 http://dentsu-ho.com/articles/4337
 ------------------------------


TOKIOといえば、↓


 ------------------------------
 TOKIOのCM フードアクション ニッポン 「食べて応援しよう」
 https://www.youtube.com/watch?v=HUya-c-3m1c
 ------------------------------


次に、土壌についてなんですが、
2mほど掘り返して、土を入れ替えた
という説明がされていましたが、


公開されている資料を読むと、
用地全体の土を入れ替えたのではなく、
汚染が酷かったところだけみたいですね。↓


 ------------------------
 噴砂の分布
 ------------------------
 東京ガス(株)が実施した土壌汚染対策

  図4-3 掘削除去範囲 (5街区)
  図4-4 掘削除去範囲 (6街区)
  図4-5 掘削除去範囲 (7街区)

 
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/pdf/pdf/senmonkakaigi/01/shiryou04.pdf
 ------------------------
 → 工場があった頃の航空写真
 ------------------------

「噴砂」というのは、
液状化現象が発生した時に起きる現象で、


地中で、泥と砂が分離されて、
地下水の圧力で、砂が噴き出してくる
というもので、


このあたりの調査をしていたのが
日本工営株式会社で、
これは黒塗りでもないんですが、


 ------------------------
 汚染物質処理に関する室内実験委託(その2) 日本工営株式会社

 2 実験内容
  (1)処理対象物質
   ベンゼンを含む汚染土壌

  (2)実験箇所
   愛知県半田市日東町1番地7 株式会社サン・ビック半田工場内 テスト機

 ------------------------
 日本工営株式会社
 東京都千代田区九段北1丁目14番6号
 
 http://www.n-koei.co.jp/profile/company/
 ------------------------

計量証明書のところにある「帝人■■■...」は、
帝人エコ・サイエンス株式会社
東京事業所みたいですね。↓


 ------------------------
 会社名  帝人エコ・サイエンス株式会社

 東京都港区三田三丁目3番8号 サンフィールド11ビル
 TEL:03-5440-4301 FAX:03-5440-4307

 東京事業所
 
 東京都羽村市神明台4丁目8番43号
 TEL:042-530-4030 FAX:042-530-3595
 ・羽村技術所・土壌環境部

 ------------------------
 帝人 (鈴木商店系)
 http://www.ullet.com/3401.html#official
 ------------------------


それから、地質調査全般と、
対策工事のプランニングについては、
住鉱コンサルタント株式会社東京支店
請け負っていたみたいですね。↓
 

 ------------------------
 6 履行期限 自) 平成18年6月13日 至) 平成18年12月8日

 7 担当   住鉱コンサルタント株式会社 東京支店
        東京都台東区北上野2丁目18番4号 ヤジマ上野ビル

 http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/pdf/press/20/data/j_1.pdf
 ------------------------
 どのようにして都が、豊洲新市場の軟弱地盤を
 「有識者」にも伏せてきたかを示す記録

  地盤沈下や液状化に関する豊洲の固有の基礎資料としては
  唯一のものの扱いがこの程度だということに驚いています。

 http://www.asyura2.com/09/senkyo61/msg/637.html
 ------------------------
 続報: 豊洲新市場の地質調査捏造の証拠

  粒の大きさを単純に足して割り算する・・・
  性質を見る上で何の意味もないやり方です。

  http://www.asyura2.com/09/senkyo57/msg/538.html
 ------------------------
 一貫して住友家が経営し(閉山時は住友金属鉱山)、
 関連事業を興すことで発展を続け、
 住友が日本を代表する巨大財閥となる礎となった

 別子煙害問題は
 栃木県の足尾鉱毒問題とともに公害の原点とされ、

 http://business-society.jp/chronicle/4122
 ------------------------
 有価証券報告書 住友金属鉱山株式会社

  (3)国内子会社の状況 平成18年3月31日現在 (p.33)

 (株)日向精錬所 

  主な事業所    本社工場(宮崎県日向市) 
  設備の内容    フェロニッケル製造設備
  帳簿価格(百万円) 合計5,444 

   (以下省略)

 http://www.kabupro.jp/edp/20060629/0060DJG5.pdf
  ------------------------
 伊藤忠、住友商事、東京ガス

  東京ガスは一五日、今年三月期の決算で、
  アメリカでおこなっているシェールガス開発事業
  一〇六億円の減損損失を計上する見通しであることを発表した。
 
これも、社名は伏せられてはいないものの、
件名と、主任担当者担当技術者氏名
またしても黒塗りになっています。


それと、この会社は、
今は名前が変わっていて、
「株式会社地圏総合コンサルタント
になっています。


 ------------------------
 社名変更に関するご案内

 さて、 この度住鉱コンサルタント株式会社は、 
 平成22年10月1日に会社分割により
 建設コンサルタント事業を
 株式会社地圏総合コンサルタントに承継し、 

  ------------------------
 八王子市下水工事の談合について ( 住鉱開発工事(株) 関連 )

 http://www.twitlonger.com/show/n_1sp2l21
  ------------------------
 住鉱開発工事(株)が都市土木事業から撤退し、
 また、住鉱コンサルタント(株)が
 地質調査などの受注減少の影響を受けたことにより、
 当部門の売上は前期比321百万円(1.4%)減の、
 23,292百万円(175百万米ドル)となりました。(p.20)

 http://globaldocuments.morningstar.com/documentlibrary/document/63808e84e043c834.msdoc/original
 ------------------------ 
 東村山市のリサイクルセンター建設事業です。
  武蔵村山市議会議員 あまめいし要一郎の活動報告  (協和エクシオ関連 )

 http://blogs.yahoo.co.jp/amame1968/46928475.html
 ------------------------ 
   5社が参加するも、1社は辞退

   残り4社のうち、予定価格以下は(株)協和エクシオのみであり、
   あと3社は失格です。

   予定価格(事後公表)に対する落札率は99.909%。

   http://sato-masataka.net/wp/?p=928
 ------------------------ 
 株式会社地圏総合コンサルタント
 
 東京都荒川区西日暮里2丁目26番2号
 代表取締役社長 佐野節夫
 取引銀行    三菱東京UFJ銀行
 
 ------------------------ 
 関連リンク

  ◇胆沢ダム工事事務所

 https://web.archive.org/web/20090430110306/http://www.ctie.co.jp/link_info/link_top.html
 ------------------------ 
 ■ 土木学会会長プロフィール
 
  第95代会長 石井弓夫

  昭和34年4月 (財)建設技術研究所 入所
  昭和38年4月 組織改変により(株)建設技術研究所に転属
  昭和50年6月 同社 東京本社 技術第3部(河川)部長
  平成15年3月 同社 代表取締役 会長

 http://www.jsce.or.jp/president/president2007.shtml
 ------------------------
 平成13年度 表彰

  関東地方 道路設計業務13K・Ⅲ・9

  佐野 節夫 東京湾岸道路調査事務所

   ------------------------


主な顧客のページを見ると、
国土交通省や、独法などの仕事が
ほとんどのようですが、


この会社の親会社は、
株式会社建設技術研究所で、


 ------------------------ 
 株式会社建設技術研究所
 
 グループ企業 株式会社地圏総合コンサルタント

 http://www.ctie.co.jp/company/outline/
 ------------------------ 
 当社の100%子会社である
 「株式会社地圏総合コンサルタント」は、
 10月1日付けで住鉱コンサルタント株式会社から
 建設コンサルタント部門の事業を承継し、

 http://www.ctie.co.jp/whatsnew/wn_20101004.html
  ------------------------ 
 (株)建設技術研究所が「イクボス企業同盟」に加盟!

 http://www.twitlonger.com/show/n_1sp2l5t
  ------------------------ 


ここの役員リストがまた
おもしろいんですよね。↓


  ------------------------ 
 代表取締役副社長執行役員 技術本部長 棚橋通雄

 平成24年10月 財団法人ダム水源地環境整備センター常勤理事退任
 平成24年11月 当社入社、理事
 平成28年3月 当社代表取締役、副社長執行役員(現任)


 監査役 堀内国宏

 平成8年4月 最高検察庁検事
 平成12年3月 当社監査役(現任)


 監査役 田中康郎

 平成17年2月 東京高等裁判所部総括判事
 平成21年3月 札幌高等裁判所長官
 平成27年3月 当社監査役(現任)

  ------------------------ 
 【ダム水源地環境整備センター】
 
 http://www.wec.or.jp/flash.html

 ↑こちらのサイトで『ダム関連資料』を開いてみてください。

 それらのデータの整合性がまず問われると思います。

 先日この村井議員が提出させた「天下りリスト」によると、
 国交省OBを7名受け入れている公益法人です。

  以下、主だった役員(H21.7月)

  理事長:
       渡邉和足(元国土交通省河川局長)
  常勤理事:
       山口智(元国土交通省大臣官房付
          (財・民間都市開発推進機構都市研究センター研究理事))
       熊谷清(元国土交通省国土地理院参事官)
      棚橋通雄(元国土交通省土地・水資源局水資源部長)
  http://www.wec.or.jp/center/zaimu/pdf/02yakuin.pdf
  http://www.mlit.go.jp/koueki2/067.htm

 http://yambasaitama.blog38.fc2.com/?m&no=231
  ------------------------ 
 水源地環境センター

  2010年3月9日、「事業仕分け第2弾」において、
  仕分け対象枠の公益法人に選定された。

  ------------------------ 
 代表取締役の異動について  株式会社建設技術研究所

  1.異動の理由 

   コーポレート・ガバナンス強化のため。

  2.新任・退任代表取締役の氏名・役職

   新任 棚橋通雄 取締役 専務執行役員 代表取締役 副社長執行役員

  4.新任代表取締役の氏名および略歴

   氏 名: 棚橋通雄

   略 歴: 平成25年3月 当社取締役(現任)、常務執行役員
       平成25年4月 当社技術本部長(現任)
       平成26年3月 当社専務執行役員(現任) 

   所 有 株 式 数: 7,000株

 http://www.ctie.co.jp/ir/pdf/info_20160215_1.pdf
  ------------------------ 
 棚橋通雄 たなはし・みちお

 岐阜県出身

 昭和52年4月 建設省入省
 62年4月   九州地方建設局河川計画課長
 63年5月   河川局開発課長補佐
 平成4年4月  沖縄開発庁北部ダム事務所長
 4年4月    大臣官房技術調査室環境安全技術調整室
 7年4月    河川局防災・海岸課建設専門室
 8年4月    東北地方建設局岩手工事事務所長
 11年4月    現職

 http://www.jiti.co.jp/graph/int/06tanahasi/06tanahasi.htm
  ------------------------ 
 

環状2号線は西松建設

「週刊文春」の最新号に、
環状二号線の工事を
受注した業者の話が
載っているんですが、


なぜか載っていないのが、
最初に決まった西松建設と、
虎ノ門ヒルズ森ビルです。
 

 ----------------------------
 ■主要事業の進行状況報告書 (平成18年9月30日現在)


  ・骨格幹線道路の整備(渋滞解消重点事業市街地再開発:環状第二号線地区

    平成14 (2002) 年 5月

      事業協力者の決定(森ビル(株)西松建設グループ
 

 http://www.metro.tokyo.jp/POLICY/JOHO/JOHO/SHOUSAI/e9gav105.htm
 ----------------------------

 未来を創る現場力 西松建設

  実績 (東京都)

   ・環2地下トンネル(仮称)築造工事
    (23一-環2新大橋工区) 竣工 2015年

 http://www.nishimatsu.co.jp/ourworks/works.php?no=NjY0&area2=MTM=
 ----------------------------
 

都の職員が書いた地図によれば、
虎ノ門ヒルズから、新橋の方まで道路を作って、
( この区間はもうすでに完成しているんですが、)


 ----------------------------
 環状第2号線整備事業及び首都高八重洲線架替工事の概要

   なお、環状第2号線は、
  2020年オリンピック・パラリンピックにおける
  輸送インフラに位置付けられており、
  晴海地区に予定されている選手村と
  各競技会場等を結ぶルートとしても活用されます。

 ----------------------------
 環状第2号線 隅田川橋りょう(仮称)名称決定!! 『築地大橋』

  http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/09/20o9u200.htm
 ----------------------------
 環状第2号線隅田川橋りょう(仮称)下部工事における
  底質調査等の実施と今後の対応について

  http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/10/20lah200.htm
 ----------------------------
 平成27年11月27日 舛添知事が現場視察環状2号線・築地大橋、豊洲市場

  http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/ARC/20160621/ACTIVITY/151126_03.htm
 ----------------------------


そこからさらに、築地市場のところをかけて、
隅田川を越えて、勝どき橋 → 晴海 → 豊洲 → 有明と、
湾内の埋立地を、縦断する道路を作ってしまおう
という計画で、


大会中は、クリーンディーゼルのバスだとか、
レンタルサイクルを利用して、
各会場を行き来しやすくするそうで、


「コンパクトな五輪」といううたい文句は、
会場が密集していて、移動しやすい
という意味あいもあったようで、


新橋以降の区間を作る計画も、
2016年大会招致の段階で
あることはあったみたいですね。


ただ、最初の案だと、築地の跡地には
メディアセンターを作ることになっていた
みたいですね。


文春が書いていた業者については、
内田さんの年表に追加しておきましたので、
そちらを見ていただいて、


西松建設関連の収支報告書、なんですが、


西松事件では、トンネル団体を作って
迂回献金をするという手口を使っていて、


社名で検索をしても、
自民党の政治資金団体と、
二階俊博の団体くらいしか
ヒットしてくれないんですが、
トータルだと、結構な金額ですね。


 ----------------------------
 二階氏は00年4月、小沢氏とたもとをわかち、
 自由党を離れ、保守党の結党に加わりましたが、
 同党の政治資金団体「保守政治協会」は、
 00―02年に計336万円を
 西松建設から受け取っていました。

 二階氏側への、西松側からの資金提供は、
 95年から06年までに2284万円になりました。

 07年分を合わせると2584万円になります。

 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-1049.html?sp
 ----------------------------


あとは、徳洲会がむかしやっていた
自由連合とかにも献金してましたが、
金額は、20万円と少ないですね。


民主党にも献金。↓


 ----------------------------
 民主党
 
  報告年月日 17.3.28

  西松建設(株) 240,000 都・港区
  森ビル(株)     260,000 都・港区

 http://www.soumu.go.jp/main_content/000047152.pdf
 ----------------------------

 
あとまあ、陸山会
ドワンゴ角川川上量生
100万円ずつ献金してましたね。
 
 
住所をみると、東急の物件でした。^^
 

花輪さんも、東急不動産の元社員で、
椿さんのマンションも東急。^^
 

耐震偽装事件とか、
東急リバプル被害者の会とか、
ご存知ないんでしょうかね。


福田組の2件については
前に書きましたが。



ドワンゴといえば、役員リストもおもしろくて、
まず、ジブリの星野社長 (創価) がいますね。^^
 

 → ドワンゴ ( Ullet ) - 役員リスト


東京ガスといえば、豊洲の用地ですが、
役員リストはこちらですね。^^  ↓


 → 東京瓦斯 ( Ullet ) - 役員リスト


 ----------------------------
 監査役 大谷幸二郎
 
  昭和46年3月 横浜市入庁同企画局政策部長
 
  平成9年4月  同企画局オリンピック・パラリンピック
         招致担当部長兼務同交通局総務部長

 
 ----------------------------

 
主婦の友社は、
角川、創価、主婦の友、
で ググったりしてはいけません。^^


川上量生は、もう一人、
民主党吉良州司にも
150万円ずつ献金していて、
この人も、日商岩井の人ですね。^^
 

 ----------------------------
 吉良元副大臣に買春疑惑…東大法から順法精神は消えたのか
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/162432/1
 ----------------------------
 やはり! 小沢信者は「原発の早期再稼働を求める」
 吉良州司・長島昭久らを熱烈に応援していた!!

 http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20110714/1310653271
 ----------------------------
 吉良センセーがお勤めになっていたインフラプロジェクト部
 https://www.sojitz.com/jp/business/infra_env.php
 ----------------------------
 エネルギー本部では、石油・ガス、LNG、原子力などの
 第一次エネルギー産業に取り組んでおり、

  原子力燃料サイクルに関するサービス、原子力関連機器
 
文春が書いてた業者の中にも、
過去に、談合で摘発されたところもありましたが、
西松建設の話を入れておけば、
もっとわかりやすかったかもしれませんね。^^

 

 ----------------------------

 「『ゼネコンは政治家の力が影響する業界。

 政治家と仲良くしなければ仕事は取れない』
 というのが柴田さんの口癖で、
 自分自身も政治家と積極的に付き合っていた。

 “建設族のドン”といわれた金丸信・
 元自民党副総裁(故人)とは肝胆相照らす仲で、
 政治献金の額も多かった」(前出の元幹部)

 その金丸の脱税事件と
 一連のゼネコン汚職事件をきっかけに、
 95年1月から政治資金規正法が強化された。

 政治献金によって業績を拡大してきた
 ともいえる西松にとって、これは重大な問題だった。

 この法律の抜け道について、
 柴田に知恵を授けたのが
 盟友の渕野である。

 ダミーの政治団体を設立し、そこを経由して
 献金を続けるやり方だ。

 95年8月のことである。=敬称略

 http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-4674.html
 ----------------------------

書いてあるように、西松建設には、
トンネル工事に執念を燃やしている人がいて、
どうしても掘りたかったみたいなんですよね。


 → 東京湾横断道路 (Youtube)


あとまあ、虎ノ門ヒルズですが、
都の長期的な計画なるものによれば、
 

この辺り一帯だけを、
規制緩和の特区にしてしまって、
アジア地域の実業家を呼び込もう、
という計画があるようで、
 

その中核として位置づけられているのが、
この虎ノ門ヒルズらしいんですね。
 

東急も、渋谷駅前を再開発して、
メディアクリエイションの拠点をつくろう
とか言ってますよね。
 

東急と東映、創価の関係は、
少し前に書いた通りです。
 

環状線については、
鳩山由紀夫のお友達の人だとかが
ものすごく熱心に取り組まれてきたようで、
何年か前にも、著書
紹介させていただいたんですが、


内回りに、埋立地を含めようとしたのは、
勝どき橋だとか、あのあたりに建てまくっている
高層マンションが売れていないからなのかな
とか思ったりするんですけどね。^^


 ----------------------------
 3.11東日本大震災以降、
 この湾岸エリアのマンション価格相場は
 軒並み下がりました。

 その原因のひとつが「液状化」です。

 (中略)

 幸い、3.11東日本大震災では、湾岸エリアでは
 豊洲などの一部で液状化の現象は見られたものの、
 被害レベルではなかったようです。

 しかし、震源地や地震規模によっては
 液状化被害が出ていたかもしれません。

 http://tower-world.jpn.org/db/?p=269
 ----------------------------


都が作ったハザードマップも載っていますが、
豊洲はかなり危険な地域であると
いうことがわかると思います。

 
まあ、この辺り一帯が建て込んできて、
ドミノ倒しになる危険性は、少ないでしょうけど、
倒壊の危険性はありますよね。

 
 ----------------------------
 ちなみに勝どき、晴海、月島などの
 湾岸部を擁す東京都中央区によれば、
 高層住宅におけるライフラインの復旧見通し
 水道の断水率は約1ヶ月
 下水道支障率(トイレが流れない等)は約1ヶ月
 電気約1週間ガス約2ヶ月弱としています。

 http://mbp-tokyo.com/goto/column/19201/
 ----------------------------


内田さんの年表をみてもわかるように、
トラック、ビルメンテナンスと並んで、
不動産業界の団体が献金してますよね。


  → 湾岸エリアの住環境マップ( 現代ビジネス )


まあ、他の人たちからすると、
献金額は多いとは言えないんですが。^^


 → 平成26年分の収支報告書


料亭のお庭に落としてきたり
してるんでしょうかね。
 

 → 西松建設の年表

花輪元都議のうしろは創価?

花輪ともふみ













本日の主役は、この人。↓



 花輪智史
 https://www.facebook.com/tomofumi.hanawa


移転反対派のリーダーだった人なんですが、


この人が民主党の会派を離脱したせいで、
移転が決議されてしまったみたいですね。


 --------------------------
 ⑫都議会民主党で移転反対の急先鋒であった花輪都議
  突然「移転賛成」に回り「世田谷区長選出馬」を宣言、
  都議を辞職した。

  これによって都議会石原与党(自民党、公明党)が
  野党民主党他を一議席上回り「築地移予算」は可決された。

  http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/40ca5bd0fd3962958be66388b93868fb
 --------------------------

  結局、花輪都議は、3日に都議会民主会派を離脱した後、
 誰も連絡がつかない状態で、昨日の「築地市場の再整備
 に関する特別委員会」は委員長なのに欠席。

  そして、これまでの主張を転換し
 築地市場の豊洲移転に賛成を表明した
とか。

 それにより1票差で予算が通る可能性が出て来たとのこと。

 それって、区長選に出るにあたり、自公に区長選応援してもらう算段?

 http://blog.goo.ne.jp/setagayakugi-tanakayuko/e/6f4fd856f076831ddb74c5214d974369
 --------------------------

 維新の選挙資金は、全額自己負担。

 最低2000万円が用意できなければ公認されない
 失業中の花輪智史は、2000万円をどこで工面したのか。

 花輪ともふみ後援会の会長は、
 【昭和信用金庫】総代=月村 信勝

 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1197615321
 --------------------------
  東京都 世田谷区 北沢 - 住所でポン! ネットの電話帳 2000年版


  03-3468-3702. 月村信勝 東京都世田谷区北沢1-31-1

 --------------------------
 東京都 世田谷区 北沢 - 住所でポン! ネットの電話帳 2007年版


  03-3422-8011 昭和信用金庫カード紛失盗難窓口受付センター 東京都世田谷区北沢1-38-14
  03-3422-6181 昭和信用金庫本店              東京都世田谷区北沢1-38-14
  03-3468-1451 昭和信用金庫本店北沢出張所         東京都世田谷区北沢2-36-13
  03-3422-6182 昭和信用金庫本部              東京都世田谷区北沢1-38-14

  03-5430-7545 月村 乙次郎 東京都世田谷区北沢2-11-5  月村ビル SMBC日興証券が入居
  03-3468-3702 月村 信勝  東京都世田谷区北沢1-31-1
  03-3414-4429 月村 利晴  東京都世田谷区北沢2-19-2  月村光ビル  カギの110番、山内農場、こころやが入居
  03-5454-2929 月村 広   東京都世田谷区北沢3-20-6  JOY サウンドスタジオノア下北沢店が入居
  03-3467-2051 月村 敬   東京都世田谷区北沢1-32-3  鱒夫亭が入居
  03-3465-2065 月村 泰男  東京都世田谷区北沢1-39-8  ニッポンレンタカー下北沢営業所が入居
  03-3414-7547 月村 福一  東京都世田谷区北沢2-13-11  Fabulous下北沢 (マンション)
  03-3414-5732 月村燃料店  東京都世田谷区北沢2-13-11  上に同じ
  03-3467-6705 月村製作所  東京都世田谷区北沢1-46-13

 --------------------------


 東京都世田谷区北沢1-31-1 ( Google Map )


最新のストリートビューをみると、
ご自宅の正面と側面の外壁
公明党のポスターが貼ってあることが
確認できます。


ストリートビューは、2009年9月から記録されていて、
公明党のポスターが確認できるのは、
2013年6月からとなります。


自公ではなく、公明党だけ
という点がポイントです。


車庫には、紺色のクラウンが止まっていて、
住人はずっと同じ人みたいですね。


ちなみに、玄関先の
「やきとり」というのは、
数年前までとなりにあった
「やきとり熊八」が
関係してそうですね。


 --------------------------
 2009年9月  ポスターなし。
 2013年6月 「安定は希望です。」
 2015年5月 「いまこそ、軽減税率実現へ。」
 2016年3月    竹谷とし子、長沢広明、山口那津男のポスター。→ 画像
 --------------------------
 
 花輪ともふみ後援会

  その7  (7) 寄付の内訳

    月村 信勝 東京都世田谷区北沢1-31-1
    計 120,000円

 http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/uploads/shikin-ha-20141120-0_ha25.pdf
 --------------------------


あとまあ、
こんなのも見つけました。↓


 → 照井正彦の献金年表


まあ、このくらいで
辞任したりはしないと思いますが、
パソナとか移民とか嫌いな人には、
胸のすく話題かもしれませんね。
 

ちなみに、菅原一秀さんは、
新進党系の議員ではありませんが、
日商岩井 (現 双日) の元社員です。


双日は、例の冷凍パンの話だとか、
オリックスやオリンパスの図で登場しましたね。



菅原さんの政治団体は、
「新時代政経フォーラム」で、
練馬区北
豊玉にあって、


小池さんや内田さんの
報告書を調べていた時に、
よく見かけたんですが、


これ↓
豊玉だなーと、^^


 ———————————
 平成21年第二回練馬区議会定例会 提出議案一覧表 (練馬区)

           平成21年5月21日 総務部文書法務課


  No.13 議案番号66 
  練馬区立豊玉南小学校 校舎等改築電気設備工事 請負契約
 
  〔入札期間〕 平成21年4月20日から同年5月15日まで 
  〔開札期日〕 平成21年5月15日
  〔契約金額〕 221,228,280円
  〔相手方〕  東光・小松建設共同企業体

 ———————————




 

内田茂と創価

 (「週刊文春」2016年8月4日号 より抜粋 ↓ )

  ------------------------------

  ドンの権力を都庁中に知らしめたのは〇五年、
 石原慎太郎知事時代のことだった。

  知事の最側近・浜渦武生副知事が、
 答弁の偽証で辞任に追い込まれたのだ。 

 「都議会で三十五年ぶりの百条委員会が
 開かれたことがきっかけで浜渦氏は辞任した。

  そもそも出席議員の四分の三の賛成が必要な百条委は、
 自民党が反対すれば設置できなかった。 

  公明党民主党(当時)の都議と太いパイプを持つ内田氏は、
 都議会の威光をバックに、石原氏に
 『浜渦は辞任させるべきだ』と引導を渡したのです。 

  ------------------------------

 伝手(つて)を頼り、
 鳩山威一郎元外相の下足番になりました。

 秘書の名刺も持ち歩き、政財界に人脈を広げていった。

  ------------------------------

 「都議三年目の内田氏は磯村氏についた。

  負けはしましたが、自民党幹事長の
 小沢一郎氏との太いパイプを作り、
 都議会公明党の重鎮、藤井富雄氏とも
 密な関係を築いたのです
」(前出・都連幹部)

  当時の内田氏の人脈が垣間見える資料がある。

  九〇年代前半に赤坂プリンスホテルで開かれた
 内田氏の娘の結婚披露宴。

  席次表によれば、小沢氏や住友不動産社長、
 鹿島副社長、清水建設常務、
 旧平和相互銀行事件などに絡み、
 フィクサーと呼ばれた川崎定徳社長らが
 列席者に名を連ねる。

  「主賓は小沢氏でした。
 内田氏夫婦は小沢氏夫婦
 パリに旅行に行ったりするほど親しかった
」(出席者)

 ------------------------------

  九五年に青島幸男都知事が誕生して
 都政が混乱すると、内田氏は
 公明党と議会の主導権を握っていく。


  そして九八年、都議会の幹事長の椅子に座る。

  ------------------------------


 全文はこちら。↓
 http://9321.teacup.com/sinpo/bbs/2290


  ------------------------------

  「創価学会の裏仕事を握っており、
 山口組幹部とも親交がある
 との黒い噂が以前より存在していたが、
 元後藤組組長後藤忠政の回顧録により
 図らずも証明された形となった。
 
  https://ja.wikipedia.org/wiki/藤井富雄
  ------------------------------
 ■元公明党都議との密会ビデオ

 「憚(はばか)りながら」(宝島社) 後藤忠政・著 より、以下抜粋。↓

 http://www.twitlonger.com/show/n_1sov84k
  ------------------------------

 藤井氏は、党内でも別格扱い。
 池田大作・名誉会長の覚えもめでたく、
 公明党の"最高実力者"ともいわれている。

 http://www.forum21.jp/contents/contents6-1.html
  ------------------------------


川崎財閥つながりで、
東電の数土さんや、増田候補とも
つながってしまいますね。


初代の松方さんと2.26事件とか、
この辺りもおもしろいんですけどね。


それはそうと、
植松聖容疑者 (26) とその家族は、
現場付近や、隣接する八王子市
暮らしていました
。↓


 父は都内の小学校で図工の先生で、
  自治体活動にも積極的に参加 
  母は芸大出身で、以前は
コミック関係の仕事
 https://news.nifty.com/article/domestic/society/12136-335710/

 植松聖容疑者、生活保護を受給 知人「数百万円を借金、遊興費に」
 http://www.sankei.com/affairs/news/160802/afr1608020003-n1.html


旧後藤組の縄張り
で、
半グレ集団脱法ドラッグ
店舗を構えていたりする
危険地帯です。


ちなみに、暴力団がやっている「生活保護ビジネス」では、
知り合いの精神科医診断書を書かせたりしています。
 

また、多重債務者身代わり出頭させたり、
あるいは、直接行かせたりというのも
暴力団がよく使う手です。


Beautiful Japan」だと、
「美しい国」を提唱している安倍さんへの
打撃を狙っていたとも考えられますが、
新自由主義や福祉切り捨てという意味では、
小池候補にとっても大打撃となりえます。


もっとおもしろいのが、
お巡りさんと後藤さんの話で、


まあこれは保険にとっておきますが、
ロッキード事件や、2ちゃんとも関係してます。
 

簡単に言うと、後藤さんとか
小沢さんに関係する人たちです。
 

田中さんや児玉さんの頃は、
三代目さんと仲が良く、
竹下さんや小沢さんは
四代目さん、五代目さんの時代で、
むかし、高野さんが、竹下さんと大蔵省とか、
銀行と関東のヤクザの話を書いてましたけど、
今はどうなんでしょうかね。


この辺りの話を、
本気で追求するつもりなのであれば、
猪瀬さんも舛添さんも
わりとマトモだったということですね。
 

本心では皆さんこの結果を
望んでいたんでしょうね。
  

 --------------------------
 東光電気工事(株)
 
 監査役:内田茂
 監査役:井上幸彦
 
 http://www.tokodenko.co.jp/company/
 --------------------------
 ドンキホーテ ホールディングス [7532]

 平成6年9月 警視総監 就任
 平成15年9月 公益財団法人 日本盲導犬協会 理事長 就任 (現任)
 平成18年6月 東光電気工事株式会社 監査役 就任 (現任)
       株式会社 朝日工業社 取締役 就任 (現任)

 平成21年9月 当社 監査役 就任
 平成23年3月 公益財団法人 合気道養神会 理事長 就任 (現任)
 平成23年6月 株式会社 全日警 監査役 就任 (現任)
 平成24年6月 当社 常勤監査役 就任
 平成26年9月 当社 取締役 就任 (現任)

 --------------------------


ドワンゴ監査役と、
日本リスクコントロールの顧問が抜けてますね。^^
 

井上さんは、オウム事件のときの警視総監です。^^
 

退官後は、エイベックスの法律顧問に就任し、
エイベックスがドワンゴの筆頭株主だった当時に、
監査役を務めています。^^
 

 ---------------------

  東光電気工事は、五輪施設だけではなく、
 豊洲新市場の関連工事など、
 都発注の工事もたびたび受注。

  売上高は、内田氏が復活当選する2013年までは
 700億円前後だったが、2014年には
 約1000億円へと急成長している。( 週刊文春web )
 
  http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6414
 ---------------------
 ・豊洲新市場の工事で談合疑惑

  ・予定価格の6割増しで二回目の落札。
  ・予定価格に対する落札額の比率は99.7~99.9%。

 http://blogos.com/article/136861/
 ---------------------

 「日本リスクコントロール」社長の豪邸謄本に登場する“魑魅魍魎
 http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=4151


すこし気になるのが、
小池さんもまた
新進党に合流した一人
であるということです。


自民側の田中派は、いま石破派ですが、
この人も、岡田さんも、
小沢さんの作った新進党に行った人です。


日米構造協議で有名な
海部さんと小沢の党です。


若狭勝さんも石破派の人で、
笹川さんと仲のいい麻生さんも
この田中派の系統になります。


そして、公明党からも、かなりの人たちが
この新進党に合流しています。

 
何か似てませんかねということで、
不審に思われている方もいるようです。
 

文春の記事からすると、
石原さんは、この内田さんに
頭が上がらなかった
みたいなんですが、
伸晃さんが都議会自民党の代表ということで、
集中砲火を浴びているみたいですね。


石原さんも安倍さんも、
人気はありますが、
派閥とか金権政治とは
無縁の存在ですからね。
 

ちなみに、小沢さんのお父上は、
吉田茂の元秘書で、
鹿島の法律顧問をしていた人です。


 中曽根家 鹿島 清水建設
 
http://kingendaikeizu.net/seizi/nakasone.htm


 清水建設 豊田家
 
http://kingendaikeizu.net/sougyou/toyota.htm

 

中曽根さんは、娘さんを
鹿島の渥美さん家に嫁がせていて、
親戚筋だったりするんですが、
 

総裁選の時に、田中さんに譲ったとかで、
田中さんたちのあとに、総理・総裁になった人で、
宏池会だとか、この渡辺派というのは、
田中派の手下のような存在として
認知されているみたいですね。
 

あとは、大石寺への参詣を見込んで作られた
富士市の新富士駅のことだとか、
大昭和製紙の話もありますね。 
 

ちなみに、旧後藤組の本拠地である
富士宮市は、そのすぐ隣です。
 

ですから、ご年配の方々は
鳥越さんに入れたんじゃないでしょうか。
 

ちなみにちなみに、
石原さんは、鹿島の番組に
司会者みたいな形で出演されていますが、
黒シール事件を起こした元秘書が
鹿島から来ていた人だったんですよね。
  

それから、民進党は、
もうすぐ代表選がありますね。


 → メディアトゥエンティワンから献金?


篠原寿さんと、日本リスクコントロール、
この辺が、ポイントですね。


 
続きを読む

都知事選2016の備忘録 その2


“都議会のドン”が役員の会社 五輪施設を逆転受注 (「週刊文春」)
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6414


岩井奉信@日大教授といえば、
月刊「潮」の常連の方でよすね。↓



-----------------------------------------
月刊「潮」2006年10月号

特集自民党総裁選
総裁選における二つの対立軸。岩井奉信

http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=101
-----------------------------------------
月刊「第三文明」2009年9月号
 
【特別企画】政治とカネを問う 
 民主よ、お前もか! ~ 「政治とカネ」疑惑の数々 
 政治家はカネの流れについて徹底的に情報公開せよ  

 岩井奉信(日本大学法学部教授) 

http://www.daisanbunmei.co.jp/3rd/0909.html
-----------------------------------------
月刊「潮」2009年9月号 

政治資金制度の根幹を揺るがす鳩山代表の偽装献金
岩井奉信

http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=177
-----------------------------------------
月刊「潮」2010年3月号

【特集】
試練の鳩山政権
・「政治とカネ」どう説明責任を果たすのか 岩井奉信
 
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=190
-----------------------------------------
月刊「第三文明」2010年7月号

「政治とカネ」問題解決の近道は政党本位の政治 
 
岩井奉信

http://www.daisanbunmei.co.jp/3rd/1007.html
-----------------------------------------


ご存知のように、
JOCの副委員長は、日大の理事長さんで、
スタジアムを受注したのは大成建設です。


一般的な話というか、ヤクザが裏が動いている
みたいな記事は、文春だとか、左寄りの媒体で
書かれていたみたいですが、↓


 數土文夫
 ・東京電力HD 会長
 ・大成建設 取締役
 ・NHK前経営委員長
 ・兄はエスエス製薬名誉会長
 http://www.ullet.com/o69855.html

 東京医大と大成建設の450億円新病院建設工事疑惑
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39607

・豊洲新市場の工事で談合疑惑
 ・予定価格の6割増しで二回目の落札。
 ・予定価格に対する落札額の比率は99.7~99.9%。
 http://blogos.com/article/136861/


聖教新聞に出てくるゼネコン。^^


大成建設は、学会の会館も建てていますから、
当然と言えば当然なんですが。


日本のゼネコンと、田中派の政治家は、
血縁関係でつながっています。


小沢一郎の元嫁もそうです。


創価の会館とか、校舎は
だいたい竹中工務店みたいで、
東京五輪のメインアリーナも竹中なんですが、


新しいエンブレムをデザインした野老朝雄が
この竹中工務店と関係の深い人で、
父親の正昭さんは、1956年から1958年まで、
東京支店の設計部に勤務していたみたいですね。


金丸さん、竹下さん、小沢元嫁の実家、
西松建設、戸田建設、竹中工務店...。


竹下家 竹中工務店 
http://kingendaikeizu.net/seizi/takesita.htm

金丸家 竹下家 小沢家 福田組
http://kingendaikeizu.net/seizi/ozawaitirou.htm

鴻池祥肇 鴻池組 大林組
http://kingendaikeizu.net/seizi/kounoike.htm

木村義雄 鴻池組
http://kingendaikeizu.net/seizi/kimurayosio.htm


大成の本間さんとか、
戸田さんは、有名な学会員ですね。


鴻池家は、代々、日蓮宗。


金丸信の次男(信吾)の嫁は、
西松建設の杉本三吾元社長の娘です。↓


http://www.data-max.co.jp/2009/05/1_142.html


あと、こんなのも発見。↓


「子宮頸がん―経験したからこそ伝えたい」 仁科亜季子
( 潮出版社 )
http://www.usio.co.jp/html/books/shosai.php?book_cd=3193

「防災立国 命を守る国づくり」三橋貴明  ( 潮出版社 )
http://www.usio.co.jp/html/books/shosai.php?book_cd=3740


月刊「潮」2012年6月号
 三橋貴明 消費増税の前にまずデフレ脱却を。

月刊「潮」2012年10月号
【特集】 災害大国・日本の活路 
・ ≪短期集中連載≫「防災立国」のススメ① 三橋貴明
  今こそ求められる「ニューディール政策」。
http://www.usio.co.jp/html/usio/?mcd=257

月刊「潮」2012年11月号
【短期集中連載「防災立国」のススメ②】
「寿命」を迎えつつある日本のインフラ。 三橋貴明

月刊「潮」2012年12月号
【短期集中連載「防災立国」のススメ③】
長期にわたる「防災・減災」への取り組みが急務。  三橋貴明

月刊「潮」2013年1月号
【短期集中連載 「防災立国」のススメ④】
「防災・減災ニューディール」の真の経済効果とは何か。 三橋貴明

月刊「潮」2013年2月号
【短期集中連載 「防災立国」のススメ④】
国民が「豊かに、安全に暮らす」ために。 三橋貴明


こんなところにも。^^ ↓



 月刊「パンプキン」2013年4月号 
【BOOK】 古村比呂/三橋貴明
http://www.usio.co.jp/html/pumpkin/index.php?mcd=272


こんなのとか、↓


月刊「第三文明」2014年3月号
著者インタビュー 
『ゼロ ―なにもない自分に小さなイチを足していく』 堀江貴文 

【連載シリーズ対論】  若手論客に問う「日本のカタチ20」= 最終回
僕は「技術」で社会を変える。  堀江貴文 vs 田原総一朗 

こんなのも。^^ ↓


「愛知の未来をつくる」元厚生労働省参事官、48歳
「愛知から、明日をつくる即戦力。
「里見りゅうじ」が語る半生と、今後のビジョン!」
 
舛添要一氏(東京都知事) 、 大村秀章氏(愛知県知事)、
樋口恵子氏(東京家政大学名誉教授)、
駒崎弘樹氏(認定NPO法人「フローレンス」代表理事)
との、4本の豪華対談も掲載!
https://www.usio.co.jp/html/books/shosai.php?book_cd=3992


名古屋といえば、名古屋の旦那さんですね。^^
 

あとは、上杉さんとか、


月刊「第三文明」2012年6月号
◆著者インタビュー 上杉 隆 
『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』 

月刊「パンプキン」2007年11月号
安倍辞任は自民党の「終わりの始まり」か。上杉隆


パソナとか、↓



月刊「潮」2007年5月号 
新連載対談 文化と芸術の旅路。(饒 宗頤VS池田大作/司会孫 立川)
日本にいま必要なのは“エンカレッジ”の精神。(竹中平蔵VS南部靖之

月刊「潮」2003年11月号
[[特別企画] 
「日本再生」のシナリオ
雇用創出の場として「農業」に着目 南部靖之 

月刊「潮」2004年6月号 
インタビュー
「会社社会」から脱却を(南部靖之

月刊「パンプキン」2007年10月号 
「波瀾万丈のナポレオン」の魅力。(南部靖之VS 藤本ひとみ)
http://www.usio.co.jp/html/pumpkin/index.php?mcd=127

月刊「潮」2015年8月号 
【連載7】 トップの戦略
 農業が秘める可能性を開くために。   南部靖之 vs 大下英治



シメは増田さんで。^^ ↓



月刊「潮」2005年2月号 
連載対談 内館牧子の「今日もがぶり寄り!」38
公約を守る知事が挑む岩手の“あるものさがし”。 ゲスト(増田寛也) 


月刊「第三文明」2013年2月号
てい談 
福島の復興に政治が果たす役割 
増田寛也/室井照平/立谷秀清[司会]東村邦浩

月刊「潮」2015年4月号 
【特集】 地方再生の指標
・ ≪対談≫ 北川正恭 vs 増田寛也  「地方創生」の本筋を語る。


この人なら、八王子の予算を
取り戻してくれそうですね。^^


日本創成会議の座長だとかで、
あちこちで講演会を開いて、
「自治体の消滅を防ぐには、一刻も早く地方創生を!」
みたいなことをおっしゃっていたようで、
公明党の先生方も、ずいぶん前から
目をつけておられたようですね。^^


実績が売りの増田さんですが、
こんな情報もあるみたいですね。↓


都知事選出馬の増田寛也氏、
岩手県知事時代に「自殺率急増」データ
特に目立つのは現役世代の自殺

http://president.jp/articles/-/18572


あと、野村総合研究所の顧問をされていた件は、
読者の皆さんは説明不要ですね。^^
 

増田さんの嫁は、川崎製鉄元副社長の娘
http://kingendaikeizu.net/seizi/masudahiroya.htm


そして、大成建設の數土文夫さんは、
川崎製鉄の人で、相談役。
 
 

都知事選2016の備忘録


「週刊文春」が、鳥越さんのむかし話を書いていて、
まあ、これについては、ご存知な方も多いと思いますので、
割愛してしまうんですが、


逆に、鳥越さん推しの「日刊ゲンダイ」は、
小池さんについての話を書いていますね。↓


-------------------------
 (1) 小池百合子氏の政治資金 使い道はあの“号泣県議”ソックリ
 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/186204

 (2) 小池百合子氏「裏金疑惑」 都議補選に出馬“元秘書”の正体
 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/186324

 (3) 櫻井翔とは同級生 東京10区補選に中曽根“3代目”が急浮上
 https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-334871/

 (4) 小池百合子氏のコミケ応援宣言が波紋 本当に「漫画表現」は守られるのか
 http://www.j-cast.com/2016/07/18272776.html
 
 (5)【東京都知事選】小池百合子氏、創価学会婦人部と親交あり『学会票』に期待か
 https://news.nifty.com/article/magazine/12107-20160720-2016071900225/
-------------------------

まあ、鳥越さんと文春とは、
政治思想でいうと、似たような立ち位置というか、
それほど関係が悪いわけはないと思うんですが、^^


文春は、与党側ですから、
野党側の候補である鳥貴族さんを攻撃するのは、
自然なことなのかもしれませんけどね。


小池さんは、外国人参政権反対していたり、
アベノミクス 」を推進していますから、
与党寄りの人たちの中でも、
いわゆる「 ハト派 」の皆さんからは
あまりよく思われていないような感じは受けました。


有権者の関心事としては、
オリンピックのスタジアムだとか、デザインだとか、
都民のニーズをガン無視して推し進められている
いろいろな公共事業を見直してほしい、というのと、


都民税を安くしてほしい、
もっとくらしやすくしてほしい
というのだとかがあると思うんですが、


だいたんに変えるためには、
今までにない感じの都知事が必要だということで、
ちょっと頼りなさそうだけど、
鳥越さんにしてみょうかなーとか、


いやでも、
猪瀬さんが徳洲会からの借入金の問題で辞任してしまったことや、
舛添さんが媚韓派で、公明党と親密だったことなどから、
鳥越さんだとうまく言い含められて、同じようなことに
なってしまうからダメだとか、


今回はどの候補を推したものか、
決めかねている方が多いようです。


そんな中で、これもまた妨害工作なのか、
野党側寄りの「週刊朝日」から、
創価学会の婦人部が、小池さんに付くのではないか、
といううわさが、出てきているみたいですね。


どの候補にしても、関係性がないわけでは
ないと思うんですけどね。


相関図を書いてみた感じだと、
小沢一郎とか、創価学会と 
つながってしまうんですよね。


もちろん、高橋@電通スポーツが仕切っているという
オリンピックの話だとかもそうで、


今回も、この辺りの関係が
キーポイントになりそうです。


猪瀬さんについては、
徳洲会と創価学会とが奄美大島の選挙で
仲がいいらしいということと、
月刊「潮」の常連だった、というのがあります。↓


 http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/1066.jpg

 http://blog-imgs-59.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20130529081832415.jpg


月刊「潮」2004年1月号
インタビュー
いま語る!道路公団民営化の攻防1000日
猪瀬直樹 蟹瀬誠一)
https://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=23
 
月刊「潮」2005年7月号
[座談会]農業再生で日本は豊かになる。
猪瀬直樹VS南部靖之VS西山周VS林良博)
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=59

月刊「潮」2005年10月号 
特集「9・11総選挙」の争点を問う。
「改革」を失速させてはならない。(猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=65 

月刊「潮」2006年3月号 
[対談]日本改革へ、次の一手とは。(竹中平蔵VS猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=87

月刊「第三文明」2007年8月号
【 Interview 】年金記録漏れ問題の真犯人は誰か 猪瀬直樹 
http://www.daisanbunmei.co.jp/3rd/0708.html

月刊「潮」2007年12月号
特別企画食の安全
肥大する「食の欲望」への警鐘。(猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=131
 
月刊「潮」2008年4月号
特別企画「官僚たち」の迷宮
「官僚主権」の構図をどう変えるか。(猪瀬直樹VS佐藤優)
https://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=140

月刊「潮」2008年6月号 
●特集 混迷の日本政治
民主党の政策は「人気取り」でしかない。(猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=144

月刊「潮」2008年8月号
特集「洞爺湖サミット」
世界は「環境競争」の時代に入った。(猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=148

潮 2009年2月号
霞が関を解体し地方分権を進めよ。(猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=160

月刊「潮」2009年7月号 
特集 東京の発信力
「東京発」で日本を変える。(猪瀬直樹
都議会公明党は「福祉の東京」の推進力。(青山佾)
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=173

月刊「潮」2010年1月号 
「官から民へ」の改革を止めてはならない 猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=186
 
月刊「潮」2010年6月号
【特集】 絶体絶命の鳩山政権
・高速道路「無料化」が「値上げ」の愚策を糺す。  猪瀬直樹
https://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=197
 
月刊「潮」2010年7月号
 対談
・「人間」の視点で時代をとらえる〝迫力と斬新さ〟が真骨頂。    
田原 総一朗 vs 猪瀬 直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=199

猪瀬直樹の仕事力」( 2011年01月20日 潮出版社 )
http://www.usio.co.jp/html/books/shosai.php?book_cd=3004

月刊「潮」2011年3月号 
「言語力」こそグローバル時代を生きぬく力。 猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=217

月刊「パンプキン」2011年4月号 
【インタビュー】
猪瀬直樹(作家・東京都副知事
解決法は必ずある。そう決めて、道筋を探ってきた
http://www.usio.co.jp/html/pumpkin/index.php?mcd=220 

月刊「潮」2011年7月号 
【特別企画】「危機」のリーダーシップ
猪瀬直樹  リーダーシップとは「言葉の力」。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=225
 
月刊「潮」2011年11月号 
【特別企画】「政治」の責任
・〈対談〉猪瀬直樹 vs 山口那津男 今こそ決断と実行の政治を。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=234

月刊「潮」2012年5月号
【特集】「大震災」に備える
猪瀬直樹 「首都圏直下型地震」に東京都はこう立ち向かう。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=246

月刊「潮」2012年6月号
【特別企画】 時代のキーパーソン
・ ≪新連載対談≫ 日本を変える次世代の旗手たち❶
猪瀬直樹 vs 西條剛央  日本最大級のボランティア組織をつくる。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=248

月刊「潮」2012年7月号
【新連載対談】  日本を変える次世代の旗手たち❷
一万五〇〇〇人の〝交流の場〟をシブヤに創る。 猪瀬直樹 vs 左京泰明
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=251


月刊「潮」2012年8月号
【連載対談】日本を変える次世代の旗手たち❸
日本の「保育」改善への挑戦。  猪瀬直樹 vs 駒崎弘樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=253
 
月刊「潮」2012年9月号
【連載対談】 日本を変える次世代の旗手たち❹
自殺を減らすモデルケースをつくる。  猪瀬直樹 vs 清水康之
 http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=255

月刊「潮」2012年10月号
【連載対談】 日本を変える次世代の旗手たち❺
暮らしに密着した「振動力発電」の未来。 猪瀬直樹 vs 速水浩平
http://www.usio.co.jp/html/usio/?mcd=257
 
月刊「潮」2012年11月号
【連載対談 日本を変える次世代の旗手たち⑥】
若者の雇用を守るニート支援の最前線。 猪瀬直樹 vs 工藤 啓
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=259
 
月刊「潮」2012年12月号
≪連載対談 日本を変える次世代の旗手たち⑦≫ 猪瀬直樹 vs 加藤貞顕 
  『もしドラ』仕掛け人がウェブ市場に打つ「次の一手」。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=262

月刊「潮」2013年1月号
【連載対談 日本を変える次世代の旗手たち⑧】 猪瀬直樹 vs 佐渡島庸平
日本の小説やマンガを海外に輸出するエージェントへの挑戦。
 http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=264

月刊「潮」2013年2月号 
【特別寄稿】 猪瀬直樹 「東京」から日本を変える。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=266
 
月刊「潮」2013年3月号
 【連載】  日本を変える次世代の旗手たち⑨
貧困のない世界を創る「エシカル・ジュエリー」の挑戦。
猪瀬直樹 vs 白木夏子
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=268

月刊「潮」2013年5月号 
【連載 日本を変える次世代の旗手たち】 猪瀬直樹 vs 高島宏平
生産者と消費者をつなぐ商品の「ストーリー」。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=273

月刊「潮」2013年6月号 
【連載 日本を変える次世代の旗手たち12】 猪瀬直樹 vs 幅 允孝
本と人を結びつける「ブックディレクター」の仕事。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=276

月刊「潮」2013年7月号
【連載 日本を変える次世代の旗手たち13】 猪瀬直樹 vs 菊川 穣
音楽の力で被災地の子どもに希望を。
 http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=278

月刊「潮」2013年8月号 
【連載 日本を変える次世代の旗手たち14】 西辻一真 vs 猪瀬直樹
家庭菜園の全国展開で農業再生へ。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=281
 
月刊「潮」2013年9月号
【連載 日本を変える次世代の旗手たち15】 税所篤快 vs 猪瀬直樹
世界の貧困地帯に「予備校事業」を輸出する。
 http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=284

月刊「潮」2013年11月号
【特別寄稿】 猪瀬直樹
二〇二〇年東京五輪    勝利のカギはどこにあったか。
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=290

月刊「潮」2013年12月号
【連載対談】 日本を変える次世代の旗手たち
AR=拡張現実」が書き換える未来地図。 川田十夢 vs 猪瀬直樹
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=293

月刊「潮」2014年1月号  
【連載対談】  日本を変える次世代の旗手たち
日本の伝統「能」を世界に発信していきたい。  塩津圭介 vs 猪瀬直樹


 一水会でつながる徳洲会猪瀬直樹、そして創価学会。↓
 http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-536f.html


 以上をまとめたものがこちら↓
 http://www.twitlonger.com/show/n_1sousri



舛添さんはこちら。↓


 「日本復活のカギは「地域」の再生にあり」 舛添要一 (「潮」2010年4月号 )
 http://livedoor.blogimg.jp/the_radical_right/imgs/1/f/1f1850e7.jpg

 「障害者をもつ人を「納税者」に」 (「潮」2001年8月号 )
 http://www.prop.or.jp/news/clip/2001_12/200108ushio.html

 舛添雅美「(窪田) 知子さんと私たち夫婦は、
      長年家族ぐるみのおつきあいです。」
 http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/image-12160263985-13645752908.html


なんか、火消しに躍起みたいなんですが、
そもそも、舛添さんは、実質的に
公明党が推してきた候補だったみたいですね。


自民党は、さいしょは
下村博文さんを推していたようなんですが、
「右すぎる」と、難癖をつけられたため、
舛添さんに決まったらしいんですよね。

ちなみに、前回の選挙の時には、
「創価学会は、脱原発とか言ってるから、
 実は、細川候補を支援するつもりなのではないか。」
とかいう記事もありましたね。↓


 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/f5/7e1482a8f71563a537d030a58986f47c.jpg


原発事故からこっちの都知事選では、
脱原発」というのが、大きな争点となっていて、
「細川さんは、票を割るために出てきたんじゃないか。」とか、
そんな話もありましたね。


創価と関係の深い松下政経塾系の
細川チルドレンの皆さんも支援していたとか
そんな話もありましたが、


史上三番目の低投票率にも支えられて、
けっきょく、舛添さんが当選したんですよね。
 

猪瀬さんは、内田(茂)さんが原因みたいなことを
書いていたみたいなんですけど、


無駄遣いだとかについて言うと、
舛添さんないし、舛添さん夫婦の問題だと
思ってしまうんですけどね。
 

ちなみに、舛添さんは、実姉の生活保護の
扶養義務を放棄されています。


都政と創価学会についてはこちら。↓

「情と理 後藤田正晴 回顧録 [ 下 ]」

http://www.twitlonger.com/show/n_1souffq


その他にも小池陣営には、
いろんな人たちが応援に入っているようで、
石破派若狭勝さん、やはり田中派系で、
麻生さんと仲のいい笹川堯さん
それから、小泉さんも、
石原(伸晃)さんの締め付けには
やりすぎだみたいなことを
おっしゃっているみたいですね。 


 小池百合子氏に自民援軍 都連の締め付け崩壊状態
 http://www.nikkansports.com/general/news/1684156.html


 
まあ、そんなこともあって、
枝野さんが、この辺りの疑惑を
利用しょうとしているみたいですね。↓


 民進・枝野幸男幹事長「自民とケンカのふりして、
 無党派の票取ろうとしている!」 小池百合子氏を猛批判

 http://www.sankei.com/politics/news/160725/plt1607250049-n1.html


決め手には欠けるものの、
なんとなく出来すぎている感じも
しなくはないというか、
どうなんでしょうね。
 

オリンピックといえば、六代目さんの話が前からあって、
内山さんの後ろ盾だといわれている五代目さん系の人たちとは、
対立関係にあったと思うんですけどね。
  


-----------------------------------------

 ほか企業人ではこの時点で大成建設社長の本間嘉平
 戸田建設社長の戸田順之助、富士急行社長の堀内光雄の名前が挙がっている。

 富士急行は創価学会が大石寺へ参拝する際に使うバスの契約を結んでいた企業であり、
 後に自民党の衆院議員となる堀内に関しては純粋に信仰が目的の入信だったかどうかは不明である。
 
-----------------------------------------


 新国立競技場:菅官房長官の息子が大成建設
  
http://www.nikaidou.com/archives/71415

-----------------------------------------


堀内さんについてはこちら。↓
 

http://kingendaikeizu.net/seizi/horiutimituo.htm


 
それと、「潮」つながりで、こんなのも発見。↓
 

-----------------------------------------
 月刊「潮」2005年1月号 定価637円/毎月5日発売
 
  石川光久  ハリウッドに挑むアニメの革命児。
  井上雄彦  圧倒的な画力で一億冊を売る男。
-----------------------------------------
 <強盗容疑>週刊ヤングジャンプ編集長を逮捕 運転手に暴行 

  嶋容疑者は「週刊少年ジャンプ」編集者として  
  人気漫画「スラムダンク」などを担当したこともある。 
 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00000034-mai-soci 
-----------------------------------------
 京アニの創価CM 

 https://www.youtube.com/watch?v=Azky373SH5w
-----------------------------------------

井上さんといえば、トレス疑惑が発覚して、
そのあと、井上さんのコマを、
今度は、某人気漫画家がトレスして、
みたいなことがあったような。^^
 
 
-----------------------------------------

 西崎氏を語る上で、創価学会との関わりは避けては通れない。 
 
 西崎氏は虫プロ商事や自分の会社を経営するかたわら、学会の事業にも大きく貢献していた。 

 というか、当時の西崎氏の一番の稼ぎ先は、創価学会だったのかもしれない。 

 (中略) 

 1973年西崎氏39歳の年、彼はアニメ製作会社、瑞鷹エンタープライズの役員となった。 
 
 瑞鷹エンタープライズは、ヤマトが視聴率で惨敗した要因とされる裏番組、 
 「アルプスの少女ハイジ」を製作した会社(ズイヨー映像)である。 
 
-----------------------------------------
 
  瑞鷹エンタープライズには手塚治虫のマネージャーを務めた西崎義展が在籍し、
 『ワンサくん』『宇宙戦艦ヤマト』を企画した。

  『アルプスの少女ハイジ』の企画構想が進む
 (すでにTCJ制作時のパイロットフィルムが存在)。 

  1973年、アニメ制作部門としてズイヨー映像を設ける。 

  この時高畑勲・小田部羊一・宮崎駿らが加わる。 

  この時代のアニメ制作作品として『山ねずみロッキーチャック』(1973年1月-1973年12月) 
 『アルプスの少女ハイジ』(1974年1月 - 12月)がある。 
 
-----------------------------------------

 「宇宙戦艦ヤマト」とともに生きた 西崎義展さんの波乱万丈人生 

 「ヤマトがあったから僕はアニメを見続けることができた。」by 庵野秀明 
 
-----------------------------------------
 「愛国戦隊 大日本 」

 https://www.youtube.com/watch?v=1ZvGJY3mvl4
----------------------------------------- 


ちなみに、東映を作った五島慶太は、
学会員みたいですね。



東映動画は、日本のアニメ産業の源流で、
テレ朝とも、むかしから親密で、
現在は子会社だったはず。


バーニング幻冬舎早河洋会長の話は、
何年か前に書いた通りです。



それはとかく、田舎には仕事がないので、
市議会くらいなら、引っ越し作戦などを使えば、
カンタンに制圧できる状態にあります。
 



そして、議会は、行政機関の予算権を持っています 



しかし、地方財政は、みなさんご存知の通りで、
  

地方への税源移譲だとか、自治体の権限の拡大は、 

是が非でも実現したいんじゃないでしょうかね。



あとまあ、鳥越さんの話ですが、
弘中弁護士は、小沢一郎の顧問弁護士で、
武富士の弁護をした人なんですよね。


-----------------------------

  武富士は、株式店頭公開の準備で、元大蔵省銀行局長を監査役に迎えました。 

 警察からも、元警視総監が顧問に入っています。 


 公開すれば高値をつけると見られていた同社の未公開株が、 

 元銀行局長、元警視総監のほか、小川新一郎元公明党衆院議員、 

 元大蔵省関税局長、日本テレビ専務、経済評論家らに渡りました。 


  武富士は、監督官庁の旧大蔵省や証券会社幹部を何人も役員に迎えました。 


 現在の副会長は元大蔵省印刷局長、社長は 

 主幹事証券の野村證券元専務です。 

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-12-04/03_01.html

-----------------------------

 2005年4月19日の毎日新聞によると、
 大森氏は 週刊朝日の編集長だった同年、
 連載記事への編集協力費として
 武富士から5000万円を受け取った件で、
 停職2ヶ月と降格の処分を受けた。

 http://ftp.tanteifile.com/newswatch/2008/05/15_01/index.html

-----------------------------


津田さんによると、↓


 
-----------------------------

 小沢氏と同年代を生きた代表的なテレビ局社員でいえば、 

 元フジテレビプロデューサーの澤雄二氏(公明党元参議院議員)がいます。 


 フジテレビ入社後、報道局政治部などに在籍し、 

 プロデューサーとして「スーパータイム」「報道2001」などを立ち上げます。 


 「報道2001」では小沢氏を頻繁に出演させました。 


 93年には報道センター編集長に就任します。 


 しかし、00年代に入ると、国際局次長を務めたあとに、 

 03年には公明党からの出馬要請を受け、フジテレビを退職するのです。 


 04年7月の参議院議員選挙に東京選挙区から公明党公認で立候補しますが、 

 「議員任期中に66歳を超えない」という理由で10年に引退しています。 


 このように、同時代のメディア関係者が第一線から退きつつあるために
 バッシングが強まったのでしょう。 


 http://tsuda.ru/tsudamag/2013/04/2442/ 

-----------------------------


舛添さんを一躍有名人にしたあの番組も、↓


-----------------------------

 「転がる石はダイヤモンド」 田原 敦子 (著)  出版社:  第三文明社 (2004/01) 
 

 https://www.amazon.co.jp/転がる石はダイヤモンド-田原-敦子/dp/4476032605

-----------------------------

 1998年 1月 (株)三和銀行(現㈱三菱東京UFJ銀行)と 

 EBシステム「SANLINE Xtra(現U-LINE Xtra)」を共同開発 
 

 http://www.obc.co.jp/corporate/outline/history/ 

-----------------------------

 広告は創価学会系の出版社などの広告が多いのは当然だが、 

 他の一般紙に広告を出しているような企業・団体の広告も多い。 


 また毎月1日付の題字下は一般全国紙と同様三菱UFJフィナンシャル・グループの広告が 

 三和銀行時代からの流れで掲載されている。
 

-----------------------------

 「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。 

 今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから 

 反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか」 

  https://ja.wikipedia.org/wiki/椿事件

-----------------------------
 これからの税務行政は租税正義をめざせ 


 飯塚 

 たしかに、TKCのメンバーの60パーセントは元国税職員ですよ。 

 中には税務署長をしていた人だっておる。 

 しかし、国税庁OBというのは実によく勉強しているから……。 


 矢澤先日あるOBに会ったら、 

 TKCのソフトと研修活動をとくに高く評価しておりましたね。 

  http://dr.takeshi-iizuka.jp/message/v198301-03.html

-----------------------------


それから、田母神さんの事件でも、
小沢一郎関連の人が登場してましたね。↓


-----------------------------

 流れを見ればお分かり頂けるかと思いますが、決してあちこちを渡り歩いたのではなく、
 

 ずっと一貫して旧田中派・竹下派の流れの「小沢派」だったという事です。 


 この「一貫して小沢派であった」こともポイントです。 


 そしてこの田村参議が、世間の話題となったのがあの「山田洋行」事件ですね。 
 

 http://twitter777.blog.so-net.ne.jp/2016-04-14-2 

-----------------------------

三井環が、ヤクザ絡みで逮捕されたときは、
「鳥越さんに裏金の話をリークしょうとしたから逮捕された」
みたいな話で、


村木厚子が、「凛の会」の事件で逮捕された時も、
検察による証拠改ざん事件が発覚して検察批判が高まり、
小沢無罪」の皆さんが歓喜したり、


小沢一郎は、検察によって何度も不起訴になるんですが、
検察の調べあまりにずさんだったために、
第五検察審査会から強制起訴されるも、
けっきょく証拠不十分で無罪になってしまいました。


-----------------------------
村木厚子 


 20137月から20159月まで厚生労働事務次官を務めた。 
 

 2016年から伊藤忠商事取締役及び大阪大学男女協働推進センター招へい教授。 


 逮捕時に舛添要一厚生労働大臣(当時)は 

 「大変有能な局長で省内の期待を集めていた。 

  同じように働く女性にとっても希望の星だった」と、 

 容疑者となった村木に、賛辞ともとれる異例のコメントを発表した
----------------------------- 

 公共事業を食い物に 小沢氏疑惑の核心

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-01-30/2010013007_01_0.html

----------------------------- 

森さんに関して言うと、森さんが総理総裁に選ばれる直前に、
話し合いが持たれたという話が、党の関係者の話として、
『噂の真相』( 2000年 7月号 ) で書かれていたみたいですね。
 

あとまあ、娘婿のIT会社の資本関係とかもありますね。


小沢一郎や、矢野絢也さんと仲のいい山口敏夫候補も、
「内田が黒幕」みたいな話をされていますが、


 電通スポーツの高橋 - EIEの高橋 - ギルマークHD

 オメガプロジェクトHD - シャボテン公園の三色旗

あたりでググれば、わかりそうな話です。


それと、山口さんが逮捕された時、一社だけ
独占密着取材を許された放送局がありました。


田中派の御用新聞とやゆされ、
聖教新聞の「貸し刷り」で有名な
毎日新聞の系列局、TBSです。↓


https://www.youtube.com/watch?v=yCY0LGgtHhU


創価学会が、どうしてこんなに力を入れているのか、というと、
それは、学会の本部東京都内にあるからなんです。
 

文化庁については、そのうち書きます。
 

調査中のメモ
最新記事
記事検索