前足を駆使して書くブログ

創価学会員ではない人が、地道にソースを調べて書くとこうなる、みたいなブログです。(*´∀`*)

外国人技能実習生

移民政策研究所


「外国人技能実習生」の相関図


移民政策研究所の役員リスト












 



















中溝譲がいいねした政治家











中溝譲がいいねした政治団体










→ ソース記事はこちら


小林会-日本青年社-在特会


蓮舫さんだとか、中川さんで
だいたいつながりそうですね。


住吉会だとか関東系のヤクザは
反共・親米(親韓)の色彩が強いですね。

日本語教育の現状と課題

2016年11月8日

移民情報機構 石原進

重国籍者には、柔軟な国籍対応を認めるよう、日本政府に求めます。(p.7)


多文化情報誌イミグランツ vol.2

移民情報機構 (著, 編集)

著者について

新たな価値の創造を目指します。

この人も慶応の人みたいなんですが、
慶応といえば、三田会には、
池田博正田岡満小沢一郎石破茂と、
アジア主義の有名人がいますよね。


後藤忠政もアジア主義者として有名?で、(著書参照)
登場人物は、一つ前の世代の人たちですね。


石破さんは、「国際人材議員連盟」の顧問で、
坂中さんによると、「地方創生」の一環として
やりたがってるみたいなんですね。


こういう「外国人材の活用」というのは、
オイルショックだとか、円高不況の頃に
一部の地域ではじまっていて、


もう少し前の、最初の頃は、
日米繊維交渉の影響で凋落した
繊維関係の工場だとかに
中国の最貧地域 (黒竜江省など) から
出稼ぎに来てもらうようなことを
していたみたいですね。


 →【移民政策の年表】 


まあ出稼ぎは戦前からあったそうで、
朝鮮半島から京阪神の工業地帯に
来ていた人たちが有名ですね。


公明党の一人区で有名な
尼崎だとかですね。


その頃、国は転向政策に力を入れ始めていた。

思想犯保護施設を整備し、
知識水準が高い左翼活動家たちの思想善導を推し進め、
戦時体制に組み込んでいくわけだ。

そこで利害が一致したのが牧口ら創価教育学会だった。

http://bunshun.jp/articles/-/7059?page=3
   → 創価学会の年表 (黎明編)


ロシア革命のときに、
共産党が最初に声をかけたのが、
無産市民とか少数民族で、
社会に反感を持っていたんですね。


まあ、国からすれば、
どの宗教でもいいはずなんですが、
この人たちは違うみたいですね。


この人は、どうなんでしょうね。↓


池田家の人びとの遺骨は、
日蓮が「亡国」と言った真言宗の寺
葬られているのである。


 → 最近の情勢?を図にしたもの
 → 少し前のもの


それから、ベトナムの人たちは、
保証金がなくなった関係で
激減してるみたいですね。


ブローカー自身が紹介した実習生希望者が
送り出し機関で日本企業の採用面接に合格した際
500USD(米ドル)~2,000USDを本人から徴収します。

また、実際に出国した際に、
送り出し機関から500~1,000USDを受け取ります。

実習生希望者が送り出し機関にたどり着くまでに
このブローカーを何人も介している場合があり、
そうなると×(かける)人数分ということになります。


繊維といえば、
UIゼンセン同盟というのがあって、
民社協会なんですけどね。


職場がなくなると困るので、
容認してるんでしょうね。


 → 【電機連合】中村委員長が製造業の派遣禁止に反対の意向を表明


愛媛県今治市だとかは、
地場産業が造船とタオルですから、
構造改革特区の時にも
要望を出してましたね。


中川さんは広島の人で、
初当選したころは、
新自由クラブ」という
新党にいたんですよ。


代表は、河野さんのお父さんと、
本宮ひろ志と仲のいい田川さんで、
ひらたくいうと、親中派の集まりです。


本宮ひろ志といえば、創価学会員で、
大本組創業者の漫画も書いてましたね。


 → 加計学園と大本組、福田組
 → 大建設計とSID創建


大本組は、岡山の中堅ゼネコンで、
最近だと、今治キャンパスが有名ですね。


小池さんも、日本新党から出た人で、
党首の細川さんを引っ張り出したのが、
田中角栄だったんですね。


民主党にいた人たちは、
経世会宏池会にいた人が
多いんですね。


まあだから、
内と外からハッパをかけてるんですね。

「完全失業率」の算出方法

 

まずこの「労働力調査」というのは、
全数調査ではありません。↓


現在,この調査は,
全国で無作為に抽出された約40,000世帯の世帯員のうち
15歳以上の者約10万人を対象とし
その就業・不就業の状態を調査しています。

この調査から得られる就業者や完全失業者の数完全失業率等は,
雇用情勢の動向を表す重要な指標となっています。

さらにその定義についても、
ただし書きが必要となります。↓


【 完全失業者 】は,
 (1)就業しておらず,
 (2)1週間以内に求職活動を行っていて,
 (3)すぐに就業できる者です。


この定義に従って,家業を手伝っている人は,
給与を受け取っていなくても,【 就業者 】になります。

ILOで定めている家族従業者の定義は,以下のとおりです。

従業中の無給の家族従業者は,調査対象期間の労働時間にかかわらず,
自営業とみなすべきである。


つまり、この「完全失業率」をよく見せるには、
おそらくこんな世論操作が有効だと思います。↓


 ・自信を喪失させるようなことを言いふらして、
  就職をあきらめさせる。
  (就職活動をしていない者は「完全失業者」ではない。)

 ・「無職」であることを徹底的に非難して、
  「家事手伝い」と書かせる、または低い条件で働かせる。
   (家事手伝いは「就業者」に含まれる)


いわゆる「カラ求人」や「不可能求人」については、
「日刊ゲンダイ」も書いてましたが、
これもかなり効果的なんでしょうねぇ。↓


 →「カラ求人」「不可能求人」の記事まとめ


「2ちゃんねる」だとか、
その「まとめブログ」を見ていると、
こういう話題や論調が、ほんとに多いですよ。↓


 → まとめブログのリスト

いじめの他には、
怪我や病気になった
という人が多いみたいですね。↓


15~39歳で働いていない人の数は、2012年以降減少していたが、
2016年に増加に転じ、約77万人に上った。

働く意欲があるのに、仕事を探していない理由としては、
「病気・けが」と答えた人が最も多かった。

「働いたら負け」とかいうのは
ホントなんですね。^^



それから、産経の記事には書いてませんでしたが、
内閣府の資料によると、↓


○我が国における直近5年間
 雇用者数の増加の2割外国人労働者の増加。 

 その増加の過半は、留学生のアルバイト等の資格外活動や技能実習生の増加。

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/0220/shiryo_04.pdf

あまり知られていないみたいですが、
外国籍の労働者の人たちも、
もちろん労働者としてカウントされていて、


というのも、労働法には、
国籍条項のようなものがないんですね。


公的年金や、健保にもないそうで、
必ず加入することになっていて、納税もしていて、
同じか、それ以上の条件で働かせることになっています。↓


問題は、この人たちは、
日本の法律を知らないもんですから、
ほとんどの人たちが
違法な条件で働かされている
ということなんです。↓


厚生労働省は20日、外国人技能実習生が昨年働いた事業所で、
労働基準監督署などが監督指導をした5966カ所のうち、
70・8%に当たる4226事業所で違法残業などの法令違反があったと発表した。
https://www.sankei.com/economy/news/180620/ecn1806200035-n1.html

外国人実習生 受け入れ事業者の9割違反 長時間労働など/北海道 https://mainichi.jp/articles/20180109/ddl/k01/040/091000c

それで、きょう、
「働き方改革」の関連法が
成立しましたよね。


なかでも、話題を集めたのが
働かせホーダイ」とかいわれている
「高プロ」という新制度で、


 → またインチキ発覚!「高プロ」の必要性の根拠はでっち上げだった! (リテラ)
 → 高プロが「現代の奴隷制」である理由 (BLOGOS)
 → 高プロの法案を全文チェックしてみた (佐々木亮)


何年か前にあった、
高橋まつりさん(電通)の過労死自殺のことだとか、
その御遺族の方が、泣いて抗議をする姿が
テレビだとかで大きく報じられていましたが、↓


 →「これが、あなたを追い詰めた日本」 過労死遺族の無念 (朝日新聞)
 →「高橋まつりさん報道、事実と思わぬ」電通役員が発言か (朝日新聞)


その一方で、話題になっている移民の政策に、
どのような影響を与えているのかというと、


「日本は、いま人手不足なんだ!」
「移民をもっと入れないといけない!」

ということを言っていた人たちが
出てくるはずなんですね。


「高プロ」の適用範囲が拡大されたり、
過労死が増えることも気になりますが、


外国人の労働者が増えて、
何が困るのかというと、


違法就労が増えて、
その結果、労働条件が極端に
厳しくなるということなんですよ。


 → その他の事例はこちら


私が見た人たちも
給与明細の額は、
だいたい半分くらいでしたね。


物価や負担は増えるのに、
収入や仕事は減るんですよ。


 → 所得税収法人税収の推移


労働力を海外から調達できるということは、
使い捨てになる人たちが増える
ということなんです。


就労人口は安定しますが、
収入が減りますから、子供は増えません。


「国際貢献だ」とか、
「日本のためだ」とか言っていますが、
おそらくかなりの数の方が、
このあたりのことから
命を落とされることになると思います。


 → 自殺、15~34歳で死因の1位 政府白書「状況深刻」(朝日新聞)


書いてあるように、主要7ヵ国の中では、
自殺が1位なのは日本だけなんですね。


この他にも、失踪者は、毎年 約8万人いて、
うち約3,000人が戻ってこない人たちです。


 → 行方不明者は8万5千人弱 17年警察庁集計、前年同数 (教育新聞)


それで他殺者が多い国よりはいい」みたいな
まとめ記事
がこないだから話題になる中で、
一連のわざとらしい事件が
起きているというわけなんですね。


弾数も少ないのに、
遠距離から門に向かって
拳銃を撃つとかですね。


それで、何かあると日本国民を見捨てて
海外に移転するような人たちを、
税金でここまでサポートする必要があるんでしょうかね。


さいきんは、税金だけじゃなくて、
日本銀行やGPIF が
日本企業に投資をしていて、↓


 → 日銀、企業の4割で大株主 イオンなど5社で「筆頭」(日本経済新聞)


それで、日銀の保有率が高い
おもな銘柄がこちらなんですが、↓


 アドバンテスト、ファーストリテイリング(CUNIULO)、太陽誘電、TDK、
 ユニー・ファミリーマート(北朝鮮に出店)、東邦亜鉛、トレンドマイクロ、
 コムシスHD、日産化学工業、コナミHD、東京エレクトロン、日東電工、
 オークマ、三菱倉庫、京セラ(稲盛)

こういう企業は、
実質国有化されたとしても、
海外への移転や、
租税回避地を利用した節税は、
続けると思うんですね。


ミルトン・フリードマンやピノチェトは
社会主義政権と戦っていた
みたいなんですけどね。


まあ、「高プロ」については不評で、
これは企業への規制緩和になるんですが、


逆に規制が強化された点があって、
”同一労働・同一賃金”と、残業時間の制限
この「働き方改革」関連法には含まれていて、
期待する声もあったりするんですね。


 → <働き方改革法成立>「高プロ」不安、裁量ない…労働者の声 (毎日新聞)
 → 2018年は時代の変換期 - 法改正で雇い止め開始へ (関西テレビ)

  →【派遣法の年表】はこちら


まあ、今のところは、ホワイトカラー層の
高給取りの人たちの残業代がなくなる
だけみたいなんですが、↓


年収1075万円以上の
アナリストやコンサルタントなどの一部専門職
について、
労働時間の規制の対象から外すものです。 
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3408329.html

国税庁の調査によると、年収1000万円以上の給与所得者は5.9%。

高プロ予備軍の年収800万円以上まで広げると、
高プロを意識したい給与所得者は12.1%に拡大します(※)。

将来的には、その他の層にも
拡大されることが懸念されていて、


経団連は年収400万円からを提案しているそうですから、
規制緩和を旗印にしている人たちは
これからかなり不利になりそうですね。


しかし、日本の債券や株式を
買い支えている海外の人たちからすると、
増税だとか、規制緩和をしないと、
難しくなると思うんですね。

事件の舞台となった天神ビッグバン


福岡で起きた
ブロガー殺害事件なんですが、
「スコラ」でおなじみのNHKニュースによると、↓


 【福岡ネット殺人】逮捕された男、
出頭直前にネット上で「お前らへの返答だ。
『こんなことになるとは思わなかった』なんてほざくなよ」


実家は、天草一揆で有名な
熊本県天草市で、↓


九州大学の文学部に在学していた頃に、
イスラム文明について学んでいたそうです。


熊本県天草市に住む松本英光容疑者の父(68)

8年間在籍した大学ではイスラム文学や中国文学を学んだ。
在学中の2000年から福岡県内のラーメンの製麺工場でアルバイトを続け、
08年には正社員に。

本人の供述によると、
犯行の動機は、個人的な恨み、みたいなんですが、


 → 容疑者について書かれた記事


犯行声明ではないかと見られている
以下の文章を読んだ上で、↓
ネット言論全体への影響を考えたときに、
やっぱりこれは、
報道の萎縮を狙った
見せしめのようにも思えてくるんですよね。


おいネット弁慶卒業してきたぞ
(中略)
これが、どれだけ叩かれてもネットリンチをやめることがなく、
(中略)
ただほぼ引きこもりの42歳はここで体力が尽きてしもうた
(中略)
はてなというか増田が
俺をネット弁慶のままで食い止めていた面もあるしなあ
(中略)
逆に言うと散々ガス抜きさせてもらった恩がある
(中略)
自首して俺自身の責任をとってくる
(中略)

こういう犯罪をする人は、
自尊心が高い人だと思うんですが、


この人は、自分のことを
「引きこもり」だとか
「ネット弁慶」だとか言っていますね。^^


なんかもう、にほん自虐ばなしさんに
認定しないといけませんねこれは。^^


この「ネット弁慶」の論法で、対局にあるのは
路上でケンカを始める人になると思うんですが、


現実世界に影響がないのなら、
放っとけばいいと思うんですけどね。^^


麻生太郎副総理「一番新聞を読まない世代だ
30代前半までの有権者層で自民党の得票率が高いことについて

たしかにスマホを持っている若者は多いみたいなんですが、
世帯でみると、パソコンのある家も多いみたいですね。↓
全体では7割超え、20代世帯でも8割を超える
パソコンの世帯単位での普及状況をグラフ化してみる(最新) 

内弁慶」というか、
日本では上に逆らえる人は
まあ滅多にいないですからね。




さいきんでも、
事務所とのトラブルだとか、
業界団体の内紛だとか
ありましたけどね。


公益通報制度がザルなのも
あると思うんですが、
ネットの言論にでも期待するしか
無いと思うんですけどね。^^


そういえば、
創価学会のみなさんも、
『イジメ事件の二次被害』もとい、
ネットいじめ」への対策や
名誉毀損法の罰則強化に
躍起になってましたね。↓


 → 「第三文明」で常連の有名人 (2006~2017)
 → 司法制度改革がもたらした高額訴訟の波、人権派の看板で「訴訟ビジネス」も
 → 自民党が部落差別の法規制を検討 (公明・漆原良夫→二階俊博)


で、殺された岡本顕一郎さんは、
勤務先の役員らの経歴などからみて、
いわゆる「リベラル派」「人権派」の一味
だったようなんですが、


それにしては口調が荒いというか、
岡本さんのブログを見ても、
侮蔑的なことを書いている印象なんですね。


朝日新聞の記事では、松本容疑者が
中傷をしていたと書いてあるんですが、


松本容疑者のブログには、
批判的な記事は見当たらず、


むしろ岡本さんの方が
批判的な記事をずっと書いていて、
止めようとしていたみたいなんですよね。


日大については「FACTA」が書いていて、
セシルマクビーだとかの話も、「Newsweek」が書いていて、
主張でみると民主党系のようなんですけどね。


外国人技能実習生」を
時給400円で酷使していたセシルマクビーの記事。↓

まあ、民主党の支持母体は労働組合ですから、
いくらヒスパニック票が増えるからといって、
労働条件について書かないわけには
行かないんでしょうけどね。


セシルマクビーの運営会社はこちら。↓

(株)ジャパン イマジネーションでは、
(中略)
共に新たな価値を創造していただける

価値創造についてはこちら。↓
http://56285.blog.jp/archives/50537138.html


それで、殺害現場なんですが、
小学校の跡地を改装した商業施設で、
天神ビックバン」という再開発の一環です。↓


 → 天神ビックバンのPR映像 (Youtube)
 → 天神ビッグバンで容積率800%の敷地2ha誕生へ


じつはここも「国家戦略特区」で、
「高さ制限の撤廃」といえば、
こんなことがありましたね。↓




東京オリンピックの会場でも似たような話があって、↓


 → 日本のユネスコ人脈 ( 佐藤禎一による高さ制限撤廃 )
 → 東京五輪'16-20 の会場デザイン 選考委員長は安藤さん


以前に、「今治新都市計画」の記事でも書きましたが、
この辺りが最初だったみたいなんですね。↓


 → 中曽根内閣の「アーバンルネッサンス計画」と金丸信


この「経済特区」と「新自由主義」とは深く関係していて、
サッチャーさんの頃からあったんですね。


でこれは、加計学園の方で、


森友学園については、麻生さんの話題も
出てはいるんですね。↓


 → 森友学園問題と酷似 「麻生グループ」への土地無償貸与問題


まあ、小学館からすると、
どちらの辞任でもいいみたいな
ことなんでしょうけどね。


ゲスト参加してる側の支援団体が
共通しているのがポイントなんでしょうね。


 → JTBに続いてジョイフルでも組織支援が発覚


あとそれから、
出水市のイジメ自殺事件のときに
県の教育委員長をされていたのが島津家の方で、


 → 家系図


お父様が創価学会に入信されていたそうで、
それもあったんじゃないかと言われてますね。


調査中のメモ
最新記事
記事検索