人工功徳を解明するブログ

創価学会員ではない人が、地道にソースを調べて書くとこうなる、みたいなブログです。(*´∀`*)

山田慶一

メールを送った地方創生推進室


 内閣府・地方創生推進室長と山田慶一との関係













2015年4月2日に、
加計学園と愛媛県、今治市の人たちが
内閣府に出向いて、面会したとか、しなかったとか
言い合っているみたいなんですが、


内閣府の職員が、
面会が終わったあとに、
文部科学省にメールをしていたそうで、


 → 公開されたメールの写し


このメールを送った職員は、
地方創生推進室の事務官らしいんですが、


送信者として記載がある当時の事務官が
送信を認める証言をしている


当時の幹部名簿によると、
室長は内田要さんという人で、


例によって検索してみたところ、
山田慶一とも関係があったみたいなんですね。↓


この内田だが、後に国交省の土地・水資源局長を経て、
都市再生機構(UR)の副理事長として転出するが、
当時は総括審議官として施策調整に当たっていた。

 樽床は新日鐵の陳情を、審議官の内田に振ったわけだ。


それでこの内田さんなんですが、
同じ年の7月31日に退職されて、
11月の16日に
「不動産協会」という団体の
副理事長に就任されています。↓


内田要 (61)

離職時の官職: 内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)
        併任 内閣府本府地方創生推進室長

離職日:   H27.7.31
再就職日:  H27.11.16

再就職先の名称:    一般社団法人不動産協会
再就職先における地位: 副理事長 専務理事


こちらがそのwebサイト。↓


不動産協会の理念
新たな価値創造による経済・社会への貢献›
http://www.fdk.or.jp/f_outline/rinen.html

役員名簿
副理事長 専務理事 内田要
※国家公務員出身者 最終官職:内閣府地方創生推進室長
http://www.fdk.or.jp/f_outline/disk_list.html


ちなみに、
室長代理はこの人。↓


SBJ銀行

代表取締役社長 富屋誠一郎


樽床さんについては、こちら。↓


株式会社やまねメディカルは、
「『価値創造経営』の実践により、
豊かな高齢社会の創造に貢献します」
という企業理念のもと、


創価学会「常勝関西」の礎築いた西口良三氏の葬儀、
多くの政界関係者駆けつける

葬儀には自民党の二階俊博総務会長のほか、
古賀誠・元同党幹事長、
樽床伸二元総務相らが参列。

17日の通夜には
民主党の前原誠司元外相らの姿もあった。





山王経済研究所


山王経済研究所
 













リクルート事件のNTTルート














リクルート事件の文部省ルート












リクルート事件の労働省ルート














リクルート事件の政界ルート















まあどうでもいいんですが、
SBBについてはこらち。↓


 → 民主議員の団体名借用、高額本押し売り 都内の出版社 (朝日新聞)
 → SBBと国際労働運動研究協会との関係
 → ハミングヘッズの役員リスト
 → 山下八洲夫もいる


政界ルートの提供先は、↓



リクルートコスモス株のおもな提供先












 → 引用元はこちら
 → 詳しくはこちら


三井不動産の江戸英雄さんについてはこちら。↓


池田名誉会長の世界との語らい 12月23日
第28回 実業界の人々 三井 江戸英雄氏 東急 五島昇氏
https://bit.ly/2NsKdYt

ハマコーさんのご本によると、
リクルートという会社は、
バブル期の少し前から
不動産開発をしていて、


手口が荒っぽいということで、
建設省から目をつけられていて、
そのあたりの見返りらしいんですね。


山王経済研究所は、
会員になると
中曽根さんと会食ができるとかで、
若手起業家のような人たちの集まり
だったみたいですね。


 → 同研究所について報じた当時の記事
 → 筑比地康夫と山田慶一、石川雅己(千代田区長)の記事 (イエロージャーナル)
 → リクルート事件のあらまし (当時の議事録より抜粋)
 → 西戸山開発、飯重地区の地上げ&土地転がし (議事録)

また中曾根首相の友人で民活推進の中心メンバー、
野島吉郎・東京興産 社長
横山修二・大京観光社長らの業者でつくっている
「住宅産業政治連盟」も 1110 万円を国民政治協会、
天野光晴建設大臣などに配っている。
そして「土地規制の緩和を要望、思い切った政治力を期待」していま す。
(朝日新聞 1986 年 10 月 27、28 日)
https://www.komazawa-u.ac.jp/~kobamasa/lecture/japaneco/landprice/Hayakawa1987_jiageya.pdf

国有地の払い下げで一財産築いた小針は、
その資金で労使紛争に揺れるワンマン社長・
織田大蔵が経営する福島交通の株を取得し、1972年社長に就任。

河野派を引き継いだ運輸大臣の中曽根康弘と
中曽根派の天野光晴が小針の社長就任を工作した。

http://www.data-max.co.jp/2008/04/post_1009.html

福島第一の誘致も
この人らしいんですが。

その頃、東電は原発の建設用地を探していた。
30年には本店社長室に原子力発電課を設置した。
天野は周囲に話した。
「東電はとてつもなくでかい会社だ。
持ってくれば、みんなの生きる糧になる」
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2011/11/post_2549.html

 → 名電工の巨額脱税事件はこちら

調整区域」というのは、
法的に建物が建てられない地域で、
いい値段がつかないんですが、
公益施設だとかなら、例外的に
建てることができるんですよ。


団地だとか、道だとか。


重要なのは、プラザ合意だとかよりも
ずっと前
からこういう人たちが
土地で儲けていたということです。


福一つながりでいうと、
福一の用地の転売で儲けた
西武の堤さんだとかも
不動産でのし上がった人です。


そして、中曽根さんの答弁にもあるように、
この人たちが民活のやり方を提案していた
ということなんですよ。


○国務大臣(中曽根康弘君)
彼らは中小関係のデベロッパーでありまして、
民活についてどういうふうなやり方で推進したらいいかということを
私に助言をしてくれた人たちであります。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/102/1380/10203201380011c.html


世界平和研究所のほうは、
リクルート事件の後に、中曽根さんが理事長を辞めて、
代わって、財界人や官僚が入ってくるんですが、
これは竹下さんの取り巻きだったみたいですね。


川崎テクノピアについては、
明治製糖の跡地で、
国鉄の土地だったのは、
ミューザ川崎の方ですね。↓


川崎テクノピア





















http://www.nichidaigeog.jp/GANU/backnumber/pdf/0049_01_02.pdf

川崎テックセンター






→ 当時のリクルートビル

→ ソリッドスクウェア (Wikipedia)
→ 第一ビルディングによる解説


広瀬さんのご本によると、
江副さんが株券を配っていたのは、
就職情報誌の規制を緩和してもらうため
だったみたいなんですけどね。


国鉄については、
後藤田さんの回顧録によると、
民営化は、田中角栄の発案で、


まあこれは、三木内閣の時のゼネストだとか、
国労つぶしを狙ったものみたいなんですが、


こないだ紹介したプラザ合意のNスペによれば、
アメリカと約束したという3兆円の補正予算の
財源を捻出するためにすることになった
ということみたいなんですね。


ハマコーさんは稲川会の人ですから、
田中さんを裏切る形で出ていった竹下さんのことは
あんまり好きじゃないんでしょうね。


川崎テクノピアは、
URと興和不動産が事業主体で、


ミューザ川崎は、
URが開発して本社を置いていて、


今治新都市も
やっぱりURが事業主体なんですね。


そして、川崎や今治で
再開発が構想された時期も、
「アーバンルネッサンス計画」の直後なんですね。


高層化をするということは、
鉄筋の売上が伸びますから、
鉱山を押さえている三井物産からすると、
非常に喜ばしいことなんですね。


中曽根内閣は、
金丸さんや後藤田さん竹下さんを
取り込んで選挙を乗り切ったそうで、


この人たちへの配慮というか、
両方の色彩が入り混じったことで、
国民からすると、二重の苦になったというか、
最悪の結果になったみたいですね。


まあ、得をしたのは
竹下さんたちの方でしょうね。


東京都でいうと、
小沢一郎と仲のいい
内田さんだとかですね。


新銀行東京だとかも
折衷案なんでしょうね。


あとそれから、駅前にあるのは、
平和寺じゃなくて、これですね。↓

4777 ガーラ
大株主の状況
宗教法人 宗三寺 神奈川県川崎市川崎区砂子1-4-3
http://bit.ly/2zQI4Tt

ビリングシステムも、
監査役がトーマツの人ですね。


住友不動産といえば、
東京都の時にも
よく出てきていたんですが、


 → 都民が国民とは限らない
 → 麹町五丁目計画1
 → 麹町五丁目計画2
 → ブルーエコノミーHD


アムスつながりでこんな接点も。↓


 → 加計学園の相関図 (経世会ライン)


総理のご学友の高橋精一郎
住友銀行出身ですね。


金融庁の参与に
選ばれたらしいんですが。



広瀬さんのご本によると、
住友銀行と住友不動産は、
車の両輪らしいんですよ。↓


住友銀行と住友不動産

















ちなみに、塚本素山ビルには、
日本・カタルーニャ友好親善協会
という団体が入居しています。


そういえば楽天は、
FCバルセロナとタイアップしていました。


それから、
安藤太郎は、橋本龍太郎と
縁戚関係らしいですね。↓


安藤太郎と橋本龍太郎の縁戚関係













 → 橋本龍太郎 (Wikipedia)
 → 橋本家 (岡山)
 → 佐々廉平 ー東大内科の閨閥ー
 → 平山金蔵 ー漱石かかりつけの医師ー


bubblejusen



























安藤さんちが襲われたから
総量規制をかけたんでしょうかねぇ。


襲撃事件は1987年のことで、
総量規制は1990年3月なんですけどね。


まあですが、規制が出るのを予見して
逃げ切れたわけでもないみたいですね。↓


11期にわたり、増収増益を達成してきた住友不動産
高収益企業として知られるが、
同時に20年近くもバブルの処理に苦しんできた。
http://diamond.jp/articles/-/9561

まあ、通達を出したのは
土田さんなんですけどね。


ちなみに、登記簿によれば、
土田さんのご自宅は
創価タウンとして有名な石神井にあります。


あとまあ、住友銀行といえば、
同行の「秘史」を出版した
国重元取締役 (事件後に昇進) なんですが、↓


 → 楽天副会長、突然の辞任 同時に不倫&女性暴行報道、本人は猥褻写真の存在を認める
 → 三木谷氏の「右腕」ダブル不倫で辞任? 専業主婦との交際「週刊新潮」報じる
 → 『住友銀行秘史』には書かれなかった著者の金銭&愛人訴訟
 → ドロドロの不倫劇のはてに「ストーカー行為」で訴えられる


MOF担といえば、
大蔵官僚の接待役で、
「ノーパンしゃぶしゃぶ桜蘭」だとか
そういうお店に詳しいんでしょうね。


土田さんにあてた密告の手紙も
この人が書いてたみたいですね。


バブルの年表


















































 → 景気動向指数(CI)の推移はこちら


海部内閣ということは、
小沢幹事長のときですね。


住専の救済は、橋本さんの時ですね。^^;


金融機関が潰れまくった時も
橋本さんの時なんですね。


東急不動産の人のお話によると、
1994年くらいから
目に見えて悪くなった
みたいですね。


小沢一郎が下野するまでは
粉飾で乗り切ったということ
でしょうかね。


あとそれから、イトマン事件は、
現在まとめ記事を準備中ですが、
とりあえずこちらを見ながらお待ち下さい。↓


 →【イトマン事件の年表】


それはそうと皆さん。
許永中って、どっちかわかります?


麹町五丁目計画2


とりあえず、前回の補足とか。


木村議員の質問内容_紀尾井町TBRビル














年表はこちらです。↓


 →【石川雅己の年表】


略年表はこちら。↓


麹町五丁目計画の略年表





麹町五丁目計画の範囲









 

























向かって左下が上智大学です。


範囲内の、ゴソッとくぼんだところは
いま駐車場になっていますが、
ここが「紀尾井町TBRビル」の跡地です。

 
北側に隣接する弘済会館も老朽化していて、
建て替えの話が 持ち上がっていて、


ここを一緒に再開発をすると、
建物の容積率が上がり、
また、大通り(新宿通り) に面していることから、
高層ビルを建てることができるみたいですね。


 → 「麹町五丁目計画」の概要


元JRの関千秋さんという方がいて、
木村正明区議 (日本共産党) の質問によれば、
どうも山田さんの知り合いの人
みたいですね。 
 

それはともかく、
この「紀尾井町TBRビル」というのは、
元々は秀和のビルだったんですが、
スルガコーポレーションという不動産会社が
地上げをしてもらって買ったところ、
地上げをした業者が摘発された影響だとか、
色々あって潰れてしまいました。


それを買い受けたのがアーバンコーポレイション
が作ったダミー会社だったんですが、
どういうわけか買った値段と同じ値段で
住友不動産に売っています。


この売買の仲介をしたのが山田慶一で、
着手金は1.5億円、
さらに成功報酬は売値の3%ですから、
10億円くらいもらえたことになります。


でまあ、木村区議の質問によると、
住友不動産は、
最初からこの物件を狙っていて、
アーバンコーポレイションは
仲介をしただけなんじゃないのか 
というんですね。
 

ふつう、転売して儲けたいのなら、
もっとふっかけるというんですね。


スルガコーポレーションの取締役に 
高城竜彦さんという人がいて、
この人のお父さんが
住友不動産の元会長らしいんですよ。
 

木村さんが質問をしたのは
2016年の10月と12月で、
石川さんと自公が対立?したのが
2013年のことですから、
改めて関係を質したみたいな
そんな感じなんですね。


石川陣営と思われる人たちが、
「石川&山田 vs 内田」
 のようなことを書いてるんですが、
にわかには信じがたいというのが
率直なところだと思いますね。
 

内山 (知子) さんと香西さんについては
二弁のいわゆる人権派弁護士です。
  

行政監察員の選任でいうと、
自公が立てた候補を下した直後に
入れ替えていますから、
山田さんとの関係にも
隙間風というふうにも
見て取れるんですけどね。 
 

 ----------------------------

 「広報千代田」No. 1420 28.3.20(4)

 

  区制69周年記念日に表彰された方

 

   街づくり

 

   千代田区都市計画審議会委員 関千秋

 

 http://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kuse/koho/koho/koho2016/documents/no1420.pdf

 ----------------------------


 あとまあ、これは決別前のことですが、
 平成24 (2012) 年 4月13日に、こんな陳情書が
 区議会の議長あてに送られていたようです。↓
 

 ----------------------------

 区役所が東神田町会に対して行った事業の補助金
 過去3年にわたって、町会役員に着服され ていた

 (中略)

 このことは区政功労者表彰において、
 町会役員が多くを占めていることからも明らかだと思います。 

 ----------------------------


で、前の年は、
どなたが受賞されたのかというと、 ↓


 ----------------------------

 区制68周年記念日に表彰された方

 

  街づくり

 

  千代田区建築審査会委員 木島千嘉

  元千代田区景観まちづくり審議会委員 中嶋利隆

  元千代田区景観まちづくり審議会委員 藤本麻紀子

 

 http://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kuse/koho/koho/koho2015/documents/no1396.pdf

 ----------------------------


木島さんは、日建設計の人で、
仲良し3人組で独立されたようで、
ちなみに、日建設計は
住友不動産系ということで、
住友の物件でよく出てきます。

 
中嶋さんは、三菱地所の人で、
丸の内の再開発だとかを
担当されています。


ちなみにちなみに、
内山(知子)さんは、
イレッサ訴訟の
被害者側代理人を
されているそうです。


アストラゼネカといえば、
創価大学から就職された方が
おられるようですね。↓


 -------------------------
  創価大学文学部 おもな就職先 ( 2005年 )

  https://web-beta.archive.org/web/20050123152530/http://admission.soka.ac.jp:80/Support/Syusyoku/syusyoku_data_bun.html

 -------------------------

ナカノフドー建設は常連みたいなんですが、
法学部には能美防災もいますね。↓


 -------------------------
 創価大学法学部 おもな就職先 ( 2005年 )

  https://web-beta.archive.org/web/20050123153227/http://admission.soka.ac.jp:80/Support/Syusyoku/syusyoku_data_hou.html

 -------------------------


まあ、小嶋進の代理人?も
二弁の人でしたけどね。


あと、経済学部の進路は
載ってなかったんですが、


 -------------------------
 アダム・スミスやマルクス、ケインズのような、
 その時代の人類を救っていく真の学者が、必要になっているのです。

 -------------------------
 スミス、ミル、マルクス、ケインズなどの経済学者は、
 みな哲学的な思索をしています。

 -------------------------
 企業は円相場の変動を正確に企業の経営戦略に組み込まなければならない。
 資産運用という投資活動を無視してきた経営姿勢はもはや通用しない。

 -------------------------




調査中のメモ
最新記事
記事検索